So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

「ニュース発生」事象のプロセス検証の重要性 [メディア・出版・アート]

テレビ,新聞など主要メディアの,おそらく意図的に流されたであろう「ニュース」によって,飽和(サチュレーション)させられてしまうという現象は頻繁に起きていると思う.「スピン」とも言われる.加計学園獣医学部に関する国会質疑の日にかぶせられた,角界の暴力事件の「ニュース」はまさにそれだろう.後者が全国ニュースとして取り上げられる価値に疑義を挟むものではないが,この数日来のメディア枠の「独占」ぶりは誰も異常と思うだろう.

そこで,この「ニュース」の発生源はどこか,各社の第一報を調べてみた.応援のクリック歓迎

朝日の第一報
http://www.asahi.com/articles/ASKCG30ZSKCGTIPE008.html
日馬富士、酒に酔って貴ノ岩に暴行 「迷惑かけた」謝罪
2017年11月14日13時23分
「・・・暴行を加えていたことが14日、分かった。」

毎日
https://mainichi.jp/articles/20171115/k00/00m/050/126000c
日馬富士暴行 鳥取県警が捜査進める 傷害容疑など視野に
毎日新聞2017年11月14日 21時51分(最終更新 11月14日 23時31分)
「・・・鳥取県警が捜査を進めていることが関係者への取材で分かった。」

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222561000.html?utm_int=detail_contents_news-related_003
日馬富士が貴ノ岩に暴行か 日本相撲協会が調査へ
NHK 11月14日 10時31分
「・・・けがの原因が横綱・日馬富士による暴行の疑いがあることがわかり、・・・」

読売
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20171114-OYS1T50050.html
日馬富士が暴行、貴ノ岩頭蓋底骨折…休場届け出
読売 2017年11月14日
「・・・暴行を加えていたことが14日、明らかになった。」

このように,各社とも,上で赤色文字でマークしたように,単に「分かった」とか「明らかになった」という表現で横並びしており,ニュースソースも,またどのようなきっかけ,経緯で「分かった」かも明らかにしていない.もちろん特定の社の「スクープ」でないことも明らかだ.

情報提供者を守るためにニュースソースを秘匿することはありうるが,かりにそうであればそのことを明記すべきだろう.今回は横並び一線であることから,情報源は警察またはそれにつながる権力機関の「リーク」である可能性が大きい.そのような場合,情報源秘匿にどのような正当性があるのか,メディアは明らかにすべきだろう.

実際のところは,権力・マスコミが一体となった,国会審議隠しのための文字通りの「スピン」なのだろう.これが最も蓋然性のある推測と思う.

メディアの報道のプロセスそのものを検証する「メタメディア」が必要だ.
nice!(0)  コメント(3) 

毎日,国会審議の記事をフラグメンテーション [メディア・出版・アート]

今日(11/16)の毎日の,加計学園獣医学部問題の記事も,扱いが小さいだけでなく不自然に「フラグメンテーション」させるなど,異常だった.与党の質問と野党の質問とを別のページに配置して,目立ちにくくしている.NHKニュースがこれをほぼ完全隠蔽する中,言葉としての情報量の多い新聞ではさすがにそこまでは出来ない.しかし野党の追及を極力目立たないよう最大限に努力している.
まず1面.トップは受動喫煙問題.
mainichi1116top80mk.jpg

次に出て来るのは,ページをめくって,まず与党.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

異常な紙面構成 [メディア・出版・アート]

メディアの報道の仕方も重要な「ニュース」です.今日の毎日1面,どう考えても加計獣医学部が上でしょう.
mainichi171115pc40.jpg
(10日ほど前にも同紙に異常な記事
こちらはしんぶん赤旗.沖縄の,辺野古への海からの石材搬入も大きく報じています.

akahata171115pc70.jpg
応援のクリック歓迎
コメント(0) 

伊藤詩織さんの告発を社会新報が詳細に [社会]

伊藤詩織さんの外国特派員協会での記者会見(10月24日)と,彼女の新刊「Black Box」のことを社民党の機関紙「社会新報」11月15日付けが詳細に伝えています.画像で紹介します(クリックで拡大).
応援のクリック歓迎
shakaishipo171111.jpg
コメント(1) 

退職金裁判高裁判決(敗訴) [仕事とその周辺]

先週金曜(11月10日)に,福岡高裁で退職金裁判の判決がありました.控訴棄却,つまり原告(控訴人)敗訴の結果でした.判決は,まず結論ありきというような内容で,全39ページのうち,裁判所の考えを述べた部分は5ページにも満たず,それも単に被告(被控訴人=大学)の言い分を単になぞるような,お粗末なものでした.
次に原本のままのイメージpdfと,html化したものを公開します.
http://ad9.org/pegasus/UniversityIssues/taishokukinsaiban/appeal/kousaihanketsu-msk.pdf
http://ad9.org/pegasus/UniversityIssues/taishokukinsaiban/appeal/fhcj.htm

不当な判決なので,当然上告したいところですが,他の考慮要素もあり,検討中です.

関連記事:退職金裁判1審判決1審判決について控訴理由書控訴審書面控訴審書面 その2

以下は判決文の目次です.

 (マル囲み数字は文字化けを起こすため,「マル1」,「マル2」等と標記)
目次(カッコ内は原文の頁)
主文 (1)
事実及び理由 (1)
第1 控訴の趣旨 (1)
第2 事案の概要 (2)
 1 前提事実 (2)
 2 関係法令の定め等 (6)
 3 争点及び争点に関する当事者の主張 (9)
 (1) 争点マル1(本件退職手当規程の改正が就業規則の不利益変更として合理性を有するか。)について (9)
  (被控訴人の主張) (9)
  (控訴人らの主張) (16)
 (2)争点マル2(被控訴人が本件退職手当規程の改正を労働者に周知させたか。)について (22)
  (被控訴人の主張) (22)
  (控訴人らの主張) (23)
第3 当裁判所の判断 (23)
 1 認定事実 (23)
 2 争点マル1(本件退職手当規程の改正が従業規則の不利益変更として合理性を有するか。)について (34)
 3 争点マル2(被控訴人が本件退職手当規程の改正を労働者に周知させたか。)について (38)
 4 その他 (38)
第4 結論 (39)
nice!(0)  コメント(0) 

大学設置分科会委員の個人責任 [仕事とその周辺]

文科省のサイトに今月10日付けて,加計学園獣医学部を認可した答申を含む記事が掲示されている.
平成30年度開設予定の大学の学部の設置等に係る答申について

これを実質審議した「大学設置分科会」の会議がいつ開かれたのかを電話で直接問い合わせたが,まだ公表していない,とのことだった(なぜ公表できないのか異様).

これだけ問題の多い学部の設置がなぜ可とされたのか,どのような議論がされたのか,いずれ議事録の公表が待たれるが,それを待たず,委員個人はそれぞれの責任を明確にすべきだろう(末尾文科省サイトにある名簿を転載.1401577.gif13時21分追記:NHK報道によると「実質的に審査したのは文部科学省の大学設置審議会の専門委員会」とある.そこでこの委員会の名簿を文科省に尋ねたところ「準備中.近く公表」とのこと.しかしその「親委員会」はやはり上記の「大学設置分科会」とのことなので,このメンバーも責任がある.)
つまり,この案件について賛否何れの態度を取ったか明らかにすべきだ(説明責任).秘密にすべき理由などないはずだ.応援のクリック歓迎

メンバーには当然大学関係者も多く含まれるが,これまでの筆者の教授会での経験などから,きちんと採決を取らず,あいまいな「全会一致」で決めたのではないかと想像する.反対意見の者は「どうせ反対しても少数で,意味がなかった」と,投票を要求しなかった言い訳にするかも知れない.しかしそれは個人責任を曖昧にする,文字通り言い訳に過ぎない.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の6件 | -