So-net無料ブログ作成
検索選択
前の6件 | -

もんじゅ廃炉の意味とその隠蔽 [仕事とその周辺]

1401577.gif翌21日の同番組は,またいい加減な説明.末尾に追記.
--------
fuelcylce03.gif政府は今日(9/20)夕方,高速増殖炉「もんじゅ」の今後の取り扱いについて関係閣僚会議を開くとのことである.昨日のテレビ報道,そして今日の新聞でも「廃炉」の言葉が出ている.応援のクリック歓迎

これは事実上「高速増殖炉」計画をあきらめる,つまりプルトニウム量産をあきらめるということで,ウランの資源量の評価を大きく変える問題である.つまり,今後原発を続けるとしても天然ウランの0.7%を占めるに過ぎないウラン235しか使用できず,残りの99%以上のウラン238はあきらめる,つまり資源量が100分の1になるということである.(→関連記事原発容認派に届く言葉参照.右の図は原子力百科事典から.末尾参照)

ところが,昨夜の報道ステーションの後藤コメントは,このような本質を意図的に隠すものだった.

さわりの部分
後藤:そしてこのもんじゅなんですが,これまで政府判断の最大のポイントと言うのは,核燃料サイクル政策というものがありますけれども,これにとって,もんじゅが不可欠なものかどうか,そこが判断の基準になっているんですね.

富川:核燃料サイクルというのは,使用済み核燃料を再処理することによってまた使えるようにするというサイクルのことですね.

後藤:はい.つまり,もんじゅを欠いても,今後もその政策を維持できるということがあったんで,今度は廃炉の方向で決めましょうということなんですね.政府が目指しているのは,政府の原子力政策全体の安全性をどう国民に訴えるかと言うことなんですが,このもんじゅというのは,その意味では,ある面で,政府の原子力政策の,その不信の原点みたいなものがあるわけですね.これを廃炉にすることによって,より原子炉の安全性を訴えようということなんですが,・・・
このように,資源問題には全く触れず,「不信を取り除く」問題にすり替えている.
あらためて録画からの書き起こし全文は以下のとおり.

続きを読む


夏の欧州旅行メモ - その3 [趣味]

「『サモトラケのニケ』の超3D写真」「アヴィニョン」の2つのタイトルで,夏の欧州旅行のことを書きましたが,その3回目,ランダムなメモです.
応援のクリック歓迎

ユーロスターとユーレイルパス
 (写真はロイヤルオペラハウスのトロバトーレについてのガーディアンの評から.記事は末尾に追記)
5344.jpgユーレイルパスはヨーロッパを鉄道で周遊するにはとても便利で安い方法です.普通列車だけでなくたいていの急行も予約なしで,もちろん切符をいちいち買わないで即,乗れます.予約(+追加料金)が必要なのはTGVや都市間特急ICEなど.ただし,ロンドンと大陸(パリ,ブリュッセル)を結ぶとても便利なユーロスターは要注意.これらの国をカバーするパスを持っていても,かなり前に(多分1週間ほど前)予約しないとパスが使えません.しかもパス使用前提ではネット予約もできないのは致命的で,これでは事実上パスは使えないに等しい.

それと知らず旅行の日程の終わり頃,パリからロンドンに日帰りしようと思ってパリ北駅に行き,切符売り場の窓口でユーレイルパスを見せましたが,結局フル運賃を支払うはめになってしまいました.
大陸とイギリスを行き来するユーロスターは国境を越える飛行機と同じで,30分以上前に保安ゲートを通り,パスポートチェックを受けなければなりません.イギリスEU離脱が騒がれましたが,国境管理ではもともと離脱同然ということのようです.

続きを読む


DPRK(北朝鮮)の核実験への反応 [反核・平和]

DPRK(北朝鮮)の新しい核実験のニュースは,特に隣国として新しいレベルの脅威を感じざるを得ない.当然これに強く抗議する.応援のクリック歓迎

しかし同時に,野党も含めて,これへの反応はひどく公平さを欠くことも指摘しなければならない.この春,米韓合同軍事演習が過去最大規模で約2ヶ月間にもわたって行われている.これは戦争挑発以外の何ものだろうか.また,これまでもそうだったように,DPRKの核開発にさらにモチベーションを与えるものだろう.

webw160721-uk-thumb-720xauto.jpgまた,核兵器に関しては,イギリス下院は7月18日,核兵器システム「トライデント」の更新を決定した.この時の議会のやり取りでは,大量殺戮の覚悟があるかとあからさまに問われたメイ首相は,以下のようにはっきり「イエス」と答えた.(写真はニューズウイーク日本版7/21)

スコットランド民族党のケレヴァン議員の「あなたは,10万人もの罪のない男女,そして子どもを殺すことになる核攻撃の許可を与える覚悟が,個人的にも出来ているのですか?」という質問に,躊躇なく「イエス」と答えている.
https://hansard.parliament.uk/commons/2016-07-18/debates/16071818000001/UKSNuclearDeterrent
以下議事録からその部分を引用:
George Kerevan (East Lothian) (SNP)
I congratulate the Prime Minister on her new role, but let us cut to the chase: is she personally prepared to authorise a nuclear strike that could kill 100,000 innocent men, women and children?





The Prime Minister
Yes. The whole point of a deterrent is that our enemies need to know that we would be prepared to use it, unlike the suggestion that we could have a nuclear deterrent but not actually be willing to use it, which seemed to come from the Labour Front Bench.
DPRKの金正恩国務委員長の挑発的な言辞が報道されるが,大量殺戮の許可にあからさまに「イエス」と答えた「民主国家」の首相のこの言葉も並べて比較されるべきだろう.

イギリスのニュースはブレクジット(EU離脱)ばかりが報道され,このNPT違反の英議会の決定はほとんど注目されていない.ネット上では日経が一番詳しく,なんと赤旗はネット上には出してさえいない.
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H15_Z10C16A7EAF000/
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12468151.html?rm=150
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/eu-35.php
赤旗の国際ニュース一覧
http://www.jcp.or.jp/akahata/web_keyword/key089/?tptb=089

このイギリス議会の決定については,英・アクロニム・インスティテュートのレベッカ・ジョンソン氏が鋭い批判を展開している.
http://acronym.org.uk/publications/articles/
「英議会の議員たちはヒロシマを忘れたのか?」
https://www.opendemocracy.net/5050/rebecca-johnson/do-british-member-of-parliament-remember-hiroshima

文章の一端を紹介すると;
「(英議会は)21世紀の新しいチャレンジに応えるのではなく,80年代の政治的トラウマと神話とを追体験している.」
「MP Caroline Lucas をunilateral と非難するが,実際にはunilateral,bilateral, multilateral なプロセスが起こっている.」
さかんに使われる“independent deterrent” に対する批判,痛烈な皮肉.
ミサイル原潜がいずれ時代遅れになる理由に,海洋が「透明化」されることがあるとして,その手段の一つにニュートリノ検出があるという.これには少々驚いた.たしかに原潜の原子炉から大量のニュートリノが,原子炉停止時も大量に放出され,これは,仕掛けはかなり大掛かりになるが検出可能だ.

天皇のリタイア問題 [憲法・教育基本法]

天皇のリタイア問題について,政府は「特別法」で対応するようですが,これは明らかに違法(違憲)でしょう.憲法第2条には「皇位は、世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」とあり,明確に皇室典範と指定しているのですから,これの改正以外にはありません.応援のクリック歓迎

もっとも,私自身の意見は,このさい天皇制を有名無実化して(つまり改憲なしに空位),いずれは無形文化財にするのがいいとは思います.現天皇の人柄や考えとは関わりなく,この制度がナショナリズムに利用される危険は依然として大きいからです.

今回の天皇のビデオメッセージについて,いろいろ議論がされています.中にはこのメッセージ放映自体が違憲だと言う見方さえあります(末尾に該当箇所を引用).
http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/e/75871eb095a395dcfd617c6ceffeefb7

たしかに憲法4条には,「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」とあります.「・・のみを行ひ」とは言っても,日常生活ではほかにいろいろの「行為」をするわけです.その「日常行為」には「意見表明」というのはないのでしょうか?天皇も人間なので基本的人権はあるはずです.その中には「意見表明権」も含まれるでしょうし,選挙では投票権もないとおかしいでしょう.「ビデオ・メッセージ」自体を違憲とする考えはこの基本権を否定するものではないでしょうか.もちろん,NHKテレビを使うという方法については議論の余地はあります.

「国政に関する権能」とは,意見表明権とはレベルの違う,直接的に国家権力に関与する権限のことと理解すべきでしょう.それ以外の拡大解釈を許すメンタリティーは,教員や一般公務員に対する「政治的行為」を禁止するとして,“政治的”発言まで押さえ込む考えと軌を一にするものではないでしょうか.

「メッセージ」の実質的な中味である,年を取ったのでリタイアしたいという要求は当然のことで,このような意見表明さえ許されないと考えるのは,人権無視というより非人道的とさえ言えるかも知れません.
----------
ブログ「アリの一言」から引用:
「ビデオ・メッセージ」は、天皇明仁が憲法の「象徴天皇」の意味を自分で勝手に解釈し、憲法にない「公的行為」なるものを勝手に拡大し、さらに憲法・皇室典範にない(したがって法改正に直結するきわめて政治的問題である)「生前退位」についての自分の意向を、「ビデオ・メッセージ」というこれまた天皇に認められていない手段(宮内庁はこれも「公的行為」と釈明)で一方的に国民に流したものです。その実態は何重にもわたる違憲行為です。
------------
当ブログの天皇関連記事

続きを読む


アヴィニョン [趣味]

1401577.gif9/5:末尾 に毎日の投書に関連した追記.
------
SANY0299h.jpg「『サモトラケのニケ』の超3D写真」の記事の続きです.
南仏アヴィニョンに滞在したのは7月20日前後でしたが,7月のほぼ1ヶ月は世界演劇祭(Festival d'Avignon)のお祭り騒ぎでした.出発前はこのことを全く知らなくて,何となく南仏にも行ってみようということで選んだのですが,なぜかホテルが取りにくい.あとで理由が分かりました.やっと取れたホテルも,ホテルというよりは民宿.ふつうのアパルトマンで看板もなし.逆に町の住人になった気分で悪くはありません.Booking Comで取ったのですが,それによると「朝食付き」とありましたが,何のことはない,その日数分の食パンと,果物類,ミルクが冷蔵庫に入っているという話.(右の写真は「ホテル」のベランダに括り付けられた「演劇」のポスター)応援のクリック歓迎

続きを読む


「原発プロパガンダ」その2.「脱原発プロパガンダ」への応用 [メディア・出版・アート]

9/5追記:テレビについて,「絶大な影響力をもつメディアがなぜ『無料』なのか,視聴者はきちんと考えなければならない」とあります(195ページ).かつて私はテレビは「街角のフリーペーパーと同じ」と書きましたが,まさにそのことが指摘されています.
------
前の記事の最後に,「85ページからは『原子力PAの考え方』という,広告推進側の戦略・戦術の詳細が転載されている.実はこれには宣伝戦の基本的なことも相当含まれてい」る,と書きました.つまり,「脱原発プロパガンダ」にも応用できる点が多々あるということです.そこで,その部分を紹介します.応援のクリック歓迎
アンダーラインの部分,たとえば「短くともよいから頻度を多くして,繰り返し連続した広報を行う」などは重要.たとえば,憲法記念日に,1ページ全部を使って,寄付者のアリのような字で面積の多くを使う護憲広告はこれとは正反対ですね.面積を3分の1にして,間隔を置いて出す方がよっぽど効果的でしょう.最初の広告で寄付者を募ればもっと拡大できるはず.

(青色は著者の「地の文」.アンダーラインは引用者)
---------
『原子力PA方策の考え方』(日本原子力文化振興財団原子力PA方策委員会報告書)
I 全体論
一 広報の具体的手法
1 対象
(1)対象を明確に定めて,対象毎に効果的な手法をとる.
①父親層がオピニオンリーダーとなった時,効果は大きい.父親層を重要ターゲットと位置付ける.(略)真正面から原子力の必要性,安全性を訴える.
②女性(主婦)層には,訴求点を絞り,信頼ある学者や文化人等が連呼方式で訴える方式をとる.「原子力はいらないが,停電は困る」という虫のいい人たちに,正面から原子力の安全性を説いて聞いてもらうのは難しい.ややオブラートに包んだ話し方なら聞きやすいのではないか.
③不安感の薄い子供向けには,マンガを使うなどして必要性に重点を置いた広報がよい.タレントの顔は人々の注意を引きつける能力はあるが,人気タレントが「原子力は必要だ」,「私は安心しています」といえば,人々が納得すると思うのは甘い.やはり専門家の発言の方が信頼性がある.(略)
(2)対象は父親,主婦,子供(教育も含む),
訴える内容は原子力発電所の必要性と安全性,食品の安全性,原子力を中心とした科学的知識の普及などだろう.(略)

ターゲットを父親・主婦・子供という,当時の伝統的な核家族に置いているところがやや時代を感じさせるが,世代や性別に異なる方策を当てるといのは正しい.特に子供まで含んでいるという点には洞察力を感じる.また,タレントと専門家を並用する必要性を説き,その後の対談スタイル広告の制作に道を聞いている.さらに,マンガの有効活用にも触れている.

続きを読む


前の6件 | -