So-net無料ブログ作成
検索選択

再処理工場からの放射能放出 [社会]

  末尾に重要な追記あり(1日25時20分)
グリーンピースの資料*
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/documents/criradrepo1.pdf
のうち,放出放射能の表をグラフ化しました.

詳しくは次をご覧下さい.
再処理工場からの放射能放出

海外の二大再処理工場,小規模な東海処理工場,それに原発の放出量を比較しています.

さらに,チェルノブイリ原発事故との比較を付け加えて見ました.大変ショッキングです.

希ガスに関する限り,チェルノブイリ原発事故の放出量の18%を毎年出すことになるのです.(他の放射能はもちろん桁違いに小さい.)
チェルノブイリ原発事故の放出量は次のサイトによります.
今中哲二,「チェルノブイリ原発事故による放射能放出量 」
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/JHT/JH9604A.html

エクセルファイルにもしていますので,どうぞご利用下さい.

応援のクリック歓迎 (1日1回まで)

________________________
1日25時20分追記
チェルノブイリ事故での希ガスの大部分は短寿命(約5日)のキセノン133のため,クリプトン85だけで比較するのが妥当です.そうすると六ヶ所事業所の年間放出量は実にチェルノブイリの10倍です.実はこれはグリーンピースの元の資料の12ページにすでにグラフになっていました.

_____________________
*G o o g l eによるHTML化バージョン:
http://www.google.com/search?q=cache:t7cH6z5ykKAJ:www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/documents/criradrepo1.pdf%E6%94%BE%E5%87%BA%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E9%87%8F%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83++%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8&inlang=ja


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(5) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 5

yamamoto

日付は4月1日ですが,この記事は決してエイプリルフールではありません.
by yamamoto (2006-04-02 10:27) 

スパイラルドラゴン

 こんにちは。
 六ヶ所村の再処理工場の煙突から排出される「クリプトンガス」を問題視するのならば、クリプトンガスの性質に付いての記述を付け加えてみてはいかがでしょうか。
 ①クリプトンガスはヘリウムガスと同じように、何物とも反応しない性質を持っている為に、一旦大気中に放出されると、人の手による化学反応によって取り去ることが不可能であること。
 ②クリプトンガスの比重は空気の約3倍もあるので、再処理工場から放出される大量の放射性クリプトンガスは、「周辺の土地に毎日おりて来て、土や水の中に混じる」ということ。
 ③このクリプトン85のガスは、β線を放出する半減期が約10.8年の放射性物質であり、人や動物の体内に入り込むと肺ガンや白血病を引き起こす原因物質である事。
 そして、工場内はもとより、周辺で働く人々は、このクリプトンガスから身を守る術は、酸素ボンベを背負いながら生活する以外に方法が無いことを。
 そして、乳幼児や老人ほど、その影響が表れるまでの期間が短いことを。
 
by スパイラルドラゴン (2006-04-02 20:43) 

yamamoto

スパイラルドラゴンさん,注釈どうもありがとうございます.項目2の,「土や水の中に混じる」かどうかはよく知りませんが,他の点はそのとおりだと思います.主なリスクは,呼吸で取り込んで肺がんを引き起こすことです.文献情報がそろったらまた書くことにします.
引用しているグリーンピースの文書の13ページには,青森市内でも現在のレベルの50倍になるとあります.
NHKのニュースで,「微量の放射能を出す」などと言っていましたが,全くの偽報道ですね.
by yamamoto (2006-04-03 13:26) 

スパイラルドラゴン

「土や水の中に混じる」との表現が解りづらかったかも知れませんので、補足説明をします。
 放射性同位元素の希ガス類もミクロ単位で観れば、液体の状態であり、その液体が土や水の中に混入すると、例えばクリプトンガスと土が接触すると、あたかも土に吸収されたように見えますが、一切の化学反応を示さないので「混じる」との表現を用いたのです。
by スパイラルドラゴン (2006-04-05 16:10) 

yamamoto

「文献情報がそろったらまた書く」の件は,次の次の記事です.
「再処理で放出されるクリプトン85について」
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2006-04-07
by yamamoto (2010-07-26 13:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5