So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「Vフォー・ヴェンデッタ」はすばらしいポリティカル・ファンタジー [メディア・出版・アート]

映画を見たくなって何かいいのをやってないかと探してみた.Vフォー・ヴェンデッタというのが,ジョージ・オーウェルの『1984年』的な世界を描いているようで興味をそそられたので見に行ったが,実に面白かった.

第三次世界大戦後の近未来の英国はファシズム国家になっている.アメリカはどこかの国の植民地という設定はヨーロッパ映画(英独共同製作)ならではか.映画は外出禁止令を無視してロンドンの町に出たイヴィー(ナタリー・ポートマン)が自警団の3人の男に襲われるところから始まる.そこに謎の仮面の男“V”が登場する.

「テロ」対策を口実に張り巡らされる国民監視網,テレビによる民衆支配という今日的な政治のあり方と,それへの民衆の反乱がテーマだ.“V”がこれに対する革命を企てる.“V”は独裁者よりも何よりも民衆の臆病さを憎んでいるようだ.映画の始めの方でTV局を乗っ取り,全国民にアジ演説をするが,そこで「罪ある者を探すなら,鏡を見よ」と,国民の怯懦こそが犯罪だと突き放す(こあたりは映画パンフの解題からのパクリ).そして次の決定的なセリフ;

民衆は政府を恐れてはならない.政府こそ民衆を恐れるべきなのだ.
PEOPLE SHOULD NOT BE AFRAID OF THEIR GOVERNMENTS. GOVERNMENTS SHOULD BE AFRAID OF THEIR PEOPLE.

映画の中には,9−11事件を連想させるシーンもあり,またシェイクスピアの戯曲のセリフも引用される.シェイクスピアに疎い私は,読んでおけばもっと楽しめたのに,とちょっと口惜しい.

原作は,80年代のサッチャー政権への反発に動機づけられた当時の劇画ということだが,いかにも劇画由来の奇想天外さと,そして政治性とを持っている.とてもすばらしいポリティカル・ファンタジーだ.日本映画にもこのような娯楽性あふれる政治映画が欲しいものだ.わが国にもたくさんの「ガイ・フォークス」がいるのだから.

明治大学の越智道雄という人の意味深な「解題」*が載っている映画のパンフレットもオススメ.“V”の仮面は映画グッズとして売られているようだが,これを買って帰った観衆が革命を起こすかも知れない!???

───────────────────
5月1日追記:再出発日記さんの.「共謀罪に反対しよう『 Vフォー・ヴェンデッタ』」という記事にあるように,この映画はそのまま共謀罪反対運動に役立ちます.多いに宣伝して広めましょう.

応援のクリック歓迎 (1日1回まで) →


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(38) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 8

はなゆー

これもあります

   ↓

GWに見るなら「赤狩り」を描いたこの映画(日刊ゲンダイ)

http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/story.html?q=28gendainet07019777&cat=30

http://www.asyura2.com/0510/hihyo2/msg/966.html

1950年代のアメリカ。マッカーシー上院議員による「赤狩り」の嵐が吹き荒れる。報復を恐れるマスコミが批判を控える中、マッカーシーの暴挙に敢然と立ち向かうニュースキャスターがいた――。

★「グッドナイト&グッドラック」ホームページ→

http://www.goodnight-movie.jp/
by はなゆー (2006-04-30 14:12) 

yamamoto

いや,実はこの映画をやってないかと探したのですが,東京だけで,地方は5月13日からですね.もちろん見るつもりです.地元の新聞の広告にはすでに出ていました.
by yamamoto (2006-04-30 14:28) 

たましょく

 TBありがとうございますm(_ _)m

 重いテーマとVの「ヒーロー像」で見事に物語を
引っ張っていたな~と。イヴィーは、少しインパクト
に欠けていた気もしますが、坊主頭に免じてOK
かなw
by たましょく (2006-04-30 19:08) 

Under the Sun-HOME

Yamamotoさん、こんばんは。UTSにご賛同頂きありがとうございました。共謀罪強行採決延期で少し安堵しましたが、また何度も押し寄せて来そうですね。これからも宜しくお願い致します。(T.N.君の日記)
by Under the Sun-HOME (2006-05-01 22:34) 

KUMA0504

Yamamotoさん、ご紹介いただきありがとうございます。この映画のTBを送って気がついたことですが、私の記事をみなくても、共謀罪について言及している映画ブロガーが約5人、なんとなく現在のきな臭さに言及している記事が非常に多数ありました。まさに時期を得た映画です。
by KUMA0504 (2006-05-01 23:13) 

デジアナおじさん

はじめまして。TBありがとうございます。「Vフォー・ヴェンデッタ」見たいのですが、体調の関係で中々外出ができずに苦労をしております。この後は、「グッドナイト&グッドラック」で、ブログでも取り上げたようにマスコミ人にはぜひ観ていただき発奮してもらいたいものです。
石原ノブテル君にはメールを送りましたが、良識ある政治家がどこまでいることやら。とりあえず、小さな力でもブレーキになればと思っております。
by デジアナおじさん (2006-05-03 21:36) 

朱色会

始めまして、私もこの映画は楽しめました。シリアスな話と、エンターテイメントが見事に融合した良品とおもいました。さすがマトリックス兄弟!

http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2006-04-29
by 朱色会 (2006-05-08 11:04) 

584

今の日本に必要なのは「V」ですね。
by 584 (2006-06-09 12:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 38