So-net無料ブログ作成
検索選択

マイケル・ムーアの「シッコ」 [メディア・出版・アート]

アメリカの医療がカネ次第とはうすうす感じていたし,大量の無保険の人がいることも知っていたが,その有様は聞きしに勝る.「運良く」保険に入れても安心できない.保険会社は何かと因縁をつけて保険金を払わない.保険会社が認めないから医者が治療を断る.最近,日本の保険会社の不払い問題がニュースになったが,これで合点が行った.何のことはない,アメリカのやり方を見習っていたというだけの話だ.

キューバのような社会主義国の医療が無料というのは「常識」だが,イギリスやフランスもそうだとは知らなかった.イギリスを取材するムーアが,ある病院でやっと「会計」とかいてある窓口を見つける.ところが,そこは患者からカネを取るのではなく,逆に,所得の低い人に対して,病院までの交通費を払い戻しするための窓口だった.

アメリカの保険業界とはいったい何者だろうかと思う.そのやり方をまねること,いやその連中自身の日本上陸を促進すること,これが「改革」なのだということがよく分かる.

アメリカの銃社会をターゲットにした前作の「ボウリング・フォー・コロンバイン」ではカナダとの対比が主だったが,今回はこれにイギリスやフランスが加わった.キューバは別格としても,これら「資本主義国」との対比から,アメリカがいかに特殊な国であるかがよく分かる.ムーア監督が暴いて見せるこの国の特殊さに対しては,未開性,野蛮性という言葉しか当てはまらない.

それにしても,最後の方で出てくる「病院の新しいやり方」,これ,犯罪そのものでは?

難点は,チケットを買う時に映画の題名を言うのが大変なこと.「あちらです」と言われそうな・・・.

応援のクリック歓迎 (1日1回まで) →


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2