So-net無料ブログ作成

核弾頭輸送車隊(Nuclear Convoy)の映像 [反核・平和]

昨年11月にイギリスで撮影された核弾頭輸送車列の映像です.(ピースボート,安原はづきさん提供)

少し音が割れていますが,抗議する人たちの声も聞こえます."illegal weapon"とか言っているのは聞き取れますが,他にも何か聞き取れたら教えて下さい.

核弾頭の起爆装置には放射性物質*が使われており,このため定期的にこの部分を交換しなければなりません.核弾頭の製造・整備工場はロンドンの近く,オルダーマストンというところにあり,配備されているのはスコットランドのファスレーン基地です.このため,年に数回,核弾頭を積んだ車の列(コンボイ)がイギリスを南北に往復しています.

7年前にカトリックの司祭らがこの核弾頭輸送車を破壊しました.
カトリック教徒,輸送車隊を改宗させる

これもトライデント・プラウシェアズの「非武器化」の活動ですが,確かに時間がたつと起爆装置が死んでしまうため,核弾頭は核兵器ではなくなります(プルトニウムをばらまくだけの「汚い爆弾」にはなる).そうするとこの輸送阻止が意外と「核廃絶」の手っ取り早い方法かも知れません.

直接行動でなくても,スコットランド政府がこの動きに乗り出そうとしています.5月の選挙で多数を占めたスコットランド国民党の党首サモンド氏は,スコットランドの首相(First Minister)に就きました.最近の報道によると,サモンド氏は,核弾頭輸送車両のスコットランド通過を阻止するために,EUの環境法などもふくめ,あらゆる手段を考えると述べています(スコッツマン,9月10日).

* 起爆装置の放射性物質が,原爆開発の初期から使われているポロニウム210であれば,その半減期はわずか5ヶ月,トリチウムであれば12年とやや気の長い話になります.どちらかはもっか研究中です.

関連記事
スーザンとマーチンの声明から
ピーターボロウ刑事裁判所に聖なる年プラウシェアズ出廷す
抗議者 スターリング近郊で核弾頭輸送を阻止
2006年までの記事一覧もどうぞ.

応援のクリック歓迎 (1日1回まで) →



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ゴンベイ

>年に数回,核弾頭を積んだ車の列(コンボイ)がイギリスを南北に往復しています.
こんなに多頻度ならば、ポロニウム210ではないでしょうか。
トリチウムを純粋な状態で金属様に固体化したままにするというのはかなり難しいくないですか?

<参考>
★Federation of American Scientists
Nuclear Weapon Design
http://www.fas.org/nuke/intro/nuke/design.htm
Nuclear weapon design, fabrication, and utilization.
http://www.fas.org/irp/doddir/doe/sakwd.htm#I9

★Weapons School
核兵器:
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/nuclear.htm
中性子発生装置(イニシエーター):
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/initiator.htm
by ゴンベイ (2007-09-17 15:29) 

yamamoto

次のサイトの,2.1.4.2 Initiating Fissionの部分が詳しいようです.
http://nuclearweaponarchive.org/Nwfaq/Nfaq2.html#nfaq2.1.4
このサイトは,"About This Site"だけでも読むのが大変なので,まだどうゆうスジかよくチョックしていませんが・・・.
by yamamoto (2007-09-17 18:43) 

ゴンベイ

英のプルトニウム100トン超す 対策急務と王立協会
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007092101000205.html
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070921/sng070921004.htm
by ゴンベイ (2007-09-21 16:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0