So-net無料ブログ作成

佐賀大学で11月28日に「ファスレーン365」報告会 [反核・平和]

佐賀大学でのファスレーン365報告会のご案内です.(サイドバーからもリンク)

日本人12名でいかに英国の核基地を封鎖したか
 -- 核兵器をなくすきっかけがイギリスに! --

 日本科学者会議佐賀支部例会(一般の方の来聴歓迎・無料)
 日時:11月28日(水)18時〜20時
 場所:佐賀大学大学会館2F 多目的ホール (正門からまっすぐ突きあたり.食堂の二階)
 話題提供者:豊島耕一(佐賀大学理工学部教授)

イギリスから核を廃絶するための世界市民の共同行動「ファスレーン365」が,昨年10月から1年間,スコットランドの核兵器基地で取り組まれました.これに参加するため,長崎の被爆者を含む日本の市民12名が現地に赴き,7月25日に平和的な基地封鎖を実施しました.基地前の原爆パネル展,折り鶴や竹筒を使った封鎖など,多くのドラマがありました.現地のメディアも好意的に大きく取り上げました.
 現地で撮影したビデオ映像や写真を使いながら,核廃絶の一歩手前まで迫っているスコットランドの情勢と,反核運動の熱気をお伝えします.
 またこの行動が日本の私たちにとって持つ意味について,さらには「非暴力直接行動」または「市民的抵抗」と憲法九条との関連性についても触れたいと思います.

 主催:日本科学者会議佐賀支部. 支部長 白武義治(佐賀大学農学部)
 e-mail: xxxxアットマークcc.saga-u.ac.jp,Tel/Fax: xxxx-xx-xxxx

応援のクリック歓迎 (1日1回まで)

(追加説明)核兵器国の一角であるイギリスが非核化される可能性が高くなって来ています.核が配備されているスコットランドで去る5月に選挙があり,核廃絶を掲げるスコットランド国民党が自治政府の政権を取りました.

このほど自治政府の首相アレックス・サモンド氏は各国に書簡を送り,イギリスの核兵器保有(更新)に反対する同政府への支持を要請しました.

このような自治政府の政権交代と,非核政策の後押しをしたのが「ファスレーン365」という世界市民の共同行動です.
saga-np071201.gif2015.7.18追記:この催しを報道する2007年12月1日の佐賀新聞.
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 2

yamamoto

佐賀新聞が予告記事を書いてくれました.今日27日の15面の下の方です.
by yamamoto (2007-11-27 14:23) 

yamamoto

同じく佐賀新聞が3日後の12月1日に記事にしてくれました.29ページの下の方の小さな記事ですが,写真入りです.この文字数ではこれ以上はないというほど,見事に要領よくまとめられています.
なお,岩波の月刊誌「世界」の新年号(12月8日発売)に,7~8ページで拙文が載ります.よかったら読んで下さい.
by yamamoto (2007-12-05 08:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4