So-net無料ブログ作成

福島県産の桃からキロ当たり24.6ベクレル [仕事とその周辺]

手持ちのヨウ化ナトリウム・ガンマ線検出器で,スーパーで売っていた果物と野菜の放射能を調べてみました.福島産の桃と群馬産のキャベツです.結果は,桃からは,セシウム134と137の合計で24.6ベクレル/kg(誤差約33%),キャベツからは検出しませんでした.詳細は次のとおりです.
応援のクリック歓迎

試料:福島県産の表示がある桃,240g.
結果:セシウム134 14.3ベクレル/kg,統計誤差20.8%
   セシウム137 10.3ベクレル/kg,統計誤差41.9%
   合計     24.6ベクレル/kg,統計誤差21.3%
誤差は,統計誤差に加え,検出効率の幾何学的な誤差を10%強と見込んで,33%としました.つまり,
セシウム全体で, 24.6 ± 8.1 ベクレル/kg.

結果は,日本の「暫定基準値」500Bq/kgはもちろん,厳しいとされるウクライナの果物の基準70Bq/kgも下回る小さな値ですが,やはり出ることは出る,ということです.試料スペースに詰まりきらなかった一切れを食べましたが,とても美味しい桃でした.でも子どもには食べさせたくないですね.
インスタントに作った遮蔽体の中に試料とNaI検出器があります.テーブル下の大きな黒い箱は,天板のすぐ下の鉛ブロック2個を支えるための単なる台です.
shield.jpgDSC_2016w540blurr.jpg

解析は“FitzPeaks"というソフトを使用しました.
DSC_2018st.jpg

計測時間は一晩です.使用した機材は次のとおりです.
NaIシンチレータ(2"φx2")+光電子増倍管 Bicron社 2M2/2PR
エネルギー分解能 8.3% FWHM ( 632 662keVにて)

1401577.gif同業者向けのテクニカル・メモを作りました.更新するかも知れません.
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0