So-net無料ブログ作成
検索選択

Measurement of 134,137Cs Concentrations in the Air of Fukushima-City [仕事とその周辺]

11月6日の記事「福島市の大気中の放射性セシウム」をペーパーにしました.問題の性格が国際的なので英語にしています.論文ではゲルマニウム検出器による測定結果(久留米大学・土居亮介氏のご厚意による)と,福島大学副学長・渡邊明氏から提供いただいた福島大学の測定結果についても述べています.

Our paper on measurement of atmospheric concentrations of radioactive Cs isotopes has been published on the journal "Reports of Science and Engineering", Vol. 40, No.2(2011) from Saga University. Full paper will soon be available on the following site.
now ready for downloading: http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/119295
Also downloadable from 'pegasus' site or its mirror.

-------------
Measurement of 134,137Cs Concentrations in the Air of Fukushima-City

By Kouichi TOYOSHIMA, Takasi ENDO and Yutaka HIRAYOSHI

Abstract: Concentrations of radioactive Cs isotopes in Fukushima-City were measured by collecting the air dust on the air filter for automobile on Oct. 21 and 22, 2011. Gamma-rays from the filter paper were counted by a NaI scintillation counter and a Ge detector. Dividing the activities by the volume of air passed through the filter, the concentrations of 134Cs and 137Cs were estimated to be 6.13×10-4 Bq/m3 and 8.29×10-4 Bq/m3 respectively, both with 31% statistical error.
応援のクリック歓迎
1401577.gif2012.1.26 追記
論文最後に提案をしています.その部分の日本語です.
呼吸による内部被ばくは,3.11直後には福島県下の全域で大きかったと思われる.この時期の空気中のチリは,その時道路上を走っていた多数の自動車のエアフィルターに捕捉されている.それらの中には,この濃い放射性のプリュームが存在した時期に使用を開始または停止したものも多数あるだろう.これらの,異なった時期に使用を開始(または停止)したフィルターどうしでそれらの放射能の差を求めることが出来れば,放射能濃度の時間変化が分かるかも知れない.この地域の自動車のエアフィルターの収集と,その使用時間の記録が保全されることが望ましい.

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0