So-net無料ブログ作成

韓国の反核活動家のスピーチ [反核・平和]

続けて,韓国の反核活動家,ノ・テミンさ­ん(反核プサン市民対策委員会)のスピーチです.youtubeのブレ修正機能のおかでで,なんとか見られる画面になっていると思います.応援のクリック歓迎

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 2

バッジ@ネオ・トロツキスト

>安倍氏本人も含めて,このドラマをどのような気持ちで見ているのでしょうか.

安倍のような確信犯的極右はともかくも、戦友会や遺族会に集うようなB、C級戦犯的水準の無反省種族たちにとっては「許容範囲」だと思いますよ。
だって、あのドラマにも戦争加害責任についての総括意識が希薄なことは、元社会主義活動家だったハズのおとやんの兄やんに対する態度などにも現れていますからね。おとやんは、憲兵だったことに苦悩し始めた兄やんに向かって「人生でムダだったことなどない」などと慰撫と免罪の言葉を吐いていますから、原作者や脚本家に侵略戦争への加害責任についての明確な認識と反省が欠けていることは明らかでしょう。

戦後日本社会は、やはりドイツなどのヨーロッパ圏諸国に比べると戦後総括がいい加減だったんですね。いい加減のまんま60年以上も過ごしてきてしまった。だから、近年の事態もある。
無反省どころか、開き直りや美化まで生まれることになる。
多喜二などの「非国民」を虐待した特高や憲兵などの遺族にとっても、戦友会の酒席などで下劣なバカ自慢話し大会に興じ続けてきた元下級兵士たちにとっても、侵略戦争の反省や総括は他人事なんです。
そういう戦後ありて、現在あり、ということです。

日本民族は、戦後をやり直さなければならないのです!
by バッジ@ネオ・トロツキスト (2014-09-23 09:49) 

yamamoto

次の記事へのコメントですね.そちらに書き込みます.
by yamamoto (2014-09-23 13:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1