So-net無料ブログ作成

鉄は熱いうちに打て — 古賀茂明氏の勇気ある告発 [社会]

古賀氏の,官邸によるメディア介入に対するTV生番組での告発から明日で1週間になる.ネット上には,当番組(3月27日の報道ステーション)での古賀氏と古館氏とのやり取りの書き起こしや,コメントが多数ある.また番組直後に田中龍作氏は,番組を終わって局を出て来た古賀氏にインタビューしている.

ブロガーは,記録映画監督・土井敏邦氏の意見に深く共感する.この土井氏のコラムには,田中龍作氏による古賀インタビューも紹介されている.
http://doi-toshikuni.net/j/column/20150401.html
応援のクリック歓迎
少し抜き書きすると,
テレビ局の番組スタッフたちの勇気と、キャスターの古館伊知郎氏の闘う姿勢と覇気に、私はジャーナリストの1人として畏敬の念さえを抱いてきた。
しかしその「報道ステーション」と古館氏への私のイメージが今、大きく揺らいでいる。それは3月27日の番組中でのコメンテーター、古賀茂明氏の発言に対する古館氏の対応を目の当たりにしたからだ。
また,官邸への全面屈服ともとれる30日の番組内での謝罪については,
・・・その菅官房長官のコメントのVTRで、番組のこのコーナーは終わった。その菅氏のコメントに古館氏は全く発言しなかった。視聴者には、「これは古賀氏の発言に対する政府の見解であると同時に、テレビ朝日、また『報道ステーション』という番組、そして古館氏自身の見解なのだ」というメッセージとして伝わったはずだ。
 私はその終わり方に、衝撃を受けたのだ。「古館伊知郎氏は、『報道ステーション』という人気番組を守るため、またそのメインキャスターとしての自分の地位を守るために、結局、政権の軍門に下ったのか」という失望だった。
しかし,古館全面否定ではなく,次のようにも土井氏は書いている*.
「古館伊知郎の本性を見たり!」と非難することは優しい。では、今の日本のマスメディア、テレビ報道番組のキャスターの中で、「報道特集」キャスターの金平茂紀氏など一部の例外を除いて、古館氏以上に政権とその強権政治に向かって堂々と批判できる報道人がいるのだろうか。
そして今回の騒動の「意味」を次のようにとらえている.
「報道ステーション」での古賀氏の発言をめぐる今回の騒動で最も重要な点は、安倍政権の強権政治によって日本のジャーナリズムがどれほど危機的な状況に追い込まれているかを改めて明らかにし、日本社会に知らせたことだと私は思う。
全く同感で,これまで政府によるメディアへのこの種の圧力はあったはずだが,このように,高視聴率のTV番組上ではっきりと証言・告発がなされたのはひょっとすると初めてかもしれない.少なくとも非常に貴重な,勇気ある告発だ.

ボールは,ジャーナリストはもちろん,われわれ一般国民に,そして当然野党と野党政治家に投げ返されている.これを材料に内閣打倒の展望が見えるかもしれない,それほどのものだろう.逆に,もしこれがうやむやにされてしまえば,言論抑圧,メディア抑圧の既成事実が,より重大な形で積み重なることになる.

奇妙なのは,一般紙が全く取り上げないだけでなく[1401577.gif末尾で訂正],共産党の「しんぶん赤旗」が今日(4/2)までこの問題に一行も触れていないことだ.不思議に思って赤旗の「テレビ部」に問い合わせたところ(代表03 3403 6111),現在「精査中」とのことだ.しかし「疑惑」の段階で疑惑として報道することは常になされていることだし,速報性は重要ではないか,と指摘した.古賀氏に直接取材してはどうかと聞くと,アタック中とのことである.対応が遅すぎるが,なんとか期待したい.

もし,共産党がこの問題を取り上げない理由が,古賀氏が旗揚げした「フォーラム4」のためだとすれば,木を見て森を見ず,という誤りを冒すことになろう.

これだけの暴政を繰り出す安倍政権は一刻も早く倒さなければならない.さもなければ,「安保法制化」という,つまり,本格的な戦争国家への道が開かれようとする,恐るべき夏を迎えることになる.どんな材料でも機を逸せず最大限に活用すべきだ.先だっての違法献金疑惑は,いつの間にか制度問題に,つまり政治資金規正法改正の問題にほとんどすり替わってしまったように思える.「知らなければ違法ではない」というのは本当のことだったのか?

1401577.gif訂正:「一般紙が全く取り上げない」と書いたが,引用した土井氏のブログ末尾に,朝日の記事のコピーがある.これもほぼ4/30の報道ステーションの屈服と同じラインだ.
* 「優しい」は「易しい」の誤変換と思われる.
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

寂静の矢

ブログ主さんの気持ちも分からなくはないので、投稿しようかどうしようか迷ったのですが、投稿させていただきます。私の意見が絶対に正しいという事ではなく、こういった意見もあるんだ、といったようなご参考にして下さい。

以前の投稿でも述べたのですが、戦略的に物事を考える上で重要なのはメリットとデメリットを計算する事です。

今回の古賀茂明氏の一件で古賀氏を持ち上げる事の政治的なメリットは何か?…殆どないと思います。政府からの圧力が原因で古賀氏が番組を降ろされた客観的な証拠がないので、安倍政権にとっては痛くもかゆくもないと思います。むしろデメリットとして、安倍政権を批判している人々は被害妄想が強く、陰謀論的な人々だと世間から思われ、安倍政権にとってはプラスになると思います。ネガティブキャンペーンは、やり方を誤ると、敵を利する事になります。

また、左派が新自由主義者の古賀氏を持ち上げる事によって、低所得層や下層中産階級の左派に対する信用が失墜し、極右勢力を喜ばす事になると思います。実際ネットでも、リベラルや左派が新自由主義者の古賀氏を持ち上げているのを見て、やはりサヨク(リベラルや左派)は信用できないといった感じの意見も見かけます。

また、古賀氏を英雄視すれば当然、古賀氏の新自由主義的な経済思想も多くの人々に受容されていきます。反安倍政権的な政治勢力の中で、安倍政権打倒のためならば新自由主義的な経済政策も容認すべしといったような意見も多くなっていくと思います。東京都知事選挙の時、まさにそうなりました。

古賀茂明氏の一件で古賀氏を持ち上げる事の政治的メリットよりも、政治的デメリットや政治的リスクの方がかなり大きいと思います。

下記はhttp://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158477/2から引用

<「私も民放キー局から、だいぶ干されています」と打ち明けるのは、経済アナリストの森永卓郎氏だ。森永氏はアベノミクスに否定的な立場を明確にしている。「古賀さんのように官邸にニラまれなくとも、今の民放キー局には政権批判の自粛ムードが蔓延しています。広告収入は激減、制作費は大幅カット、少数スタッフで番組作りを強いられる現場は『始末書』を書く余裕すらない。裁判やBPOに訴えられたら面倒だ、とハナから厄介事を避ける風潮が強い。だから、コメンテーターには政治に波風を立てて欲しくない。いわゆる“左派”に限らず、コラムニストの勝谷誠彦さんや独立総合研究所の青山繁晴さんなど過激な“右派”も干されてしまうのです。元NHK記者の池上彰さんや、予備校講師の林修さんが重宝されるのは、政治的意見を極力抑えて、誰からも批判されないように時事ネタを解説するのが上手だから。今の民放キー局に“意見”は不要なのです」>

今回の古賀氏の一件は政府からの圧力があったからというよりは、古賀氏では視聴率が稼げない。古賀氏の発言に関して視聴者から苦情の電話が殺到する。古賀氏に対するスポンサーからの評価が低い。といったような商業的な理由が大きいと思います。戦前、日本のメディアが戦争を煽っていたのは、政府からの圧力があったからというよりは、戦争を煽った方が新聞がたくさん売れたからですが、今回の古賀氏の一件も、基本的には政治的な現象というよりは商業主義的な現象だと思います。また、支持率・人気の高い政権は批判を自粛して、支持率・人気の低い政権はぼろ糞に叩くというのが、日本の大手メディアの黄金パターンですが、今回の古賀氏の一件も基本的にはそういった黄金パターンに則ったものだと思います。

古賀氏は市場原理主義の新自由主義者ですが、市場の論理を絶対視といいますか重視する限り、日本のジャーナリズムの商業主義的な公共的欠点は改善されないと思います。古賀氏は飼い犬(=彼の大好きな市場の力学)に手を噛まれたと言えるのかもしれません。また、平和主義と新自由主義は基本的に相容れないものだと思います。かつて、自由主義経済や自由貿易と帝国主義はセットでしたが、経済的暴力はその暴力によって生み出された社会的歪や矛盾を解決するために、必ず軍事的暴力と結び付くと思います。

◆ネット上で見つけた一庶民の声を紹介しておきます。この方の主張が正しいという意味では全くなく、こういった意見もありますよという事です。

「反安倍古賀茂明も安倍晋三も新自由主義者であり安倍が倒れようとリベラル(?)政党が政権取ろうと新自由主義は変わらないわけだ。新自由主義をしっかり批判できないどころか大推進のリベラル政党!あんたら、リベラルじゃねえよ。反安倍と言ったらリベラル?チャンチャラおかしいよ。」

https://twitter.com/narihira1125/status/584139421680701441

「自分たちをリベラル政党だなんて言いたいのなら、新自由主義を徹底的に批判し、それを実践せよ!反自民がリベラル?反安倍がリベラル?それ自体ではリベラルでも何でもないよ。」

https://twitter.com/narihira1125/status/584140310973812736

「反自民、反安倍だけでは、リベラルでもなんでもにゃあ~。それは反自民、反安倍、ではあっても、必ずしも、リベラルではない。その自称リベラルが、どんな思考の持ち主がよく見てみてくれよな!!」

https://twitter.com/narihira1125/status/584181608493625345

◆新自由主義的な政策によって格差と貧困がもっと拡大していけば、社会の右傾化は今よりもっと酷くなり、結果、安倍政権よりももっと極右的な政権が誕生すると思います。

by 寂静の矢 (2015-04-05 21:51) 

yamamoto

単に「古賀氏を持ち上げ」ているわけではありません.
by yamamoto (2015-04-06 00:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0