So-net無料ブログ作成

戦場に引っ張られるのは自衛隊員だけではない [社会]

ある日突然.jpg戦争法案が国会を通ってしまえば,自衛隊員が海外での戦争に本格的に参加することになるが,それだけではなく,民間人も動員されることを忘れてはならない.2004年に国会を通過した「有事法制」によって,国民総動員態勢はすでに出来上がっている.このことが忘れられている.それが何を意味するかを,平和委員会のマンガが分かりやすく示している.(平和委員会のpdfを一部切り取り.)
応援のクリック歓迎

根拠は自衛隊法103条の2にある.これは今回の改正の対象になっておらず,そのままである(新旧対照表参照.閣法一覧).「防衛出動」の範囲が「集団的自衛権」とやらで拡大されたため,このように外国の戦場にまで民間人が動員されることになるのだ.

自衛隊法103条の2をそのまま読んでも,長ったらしくしかも込み入って分かりにくい.そこで,ちょうどプログラミングの時の記法のように,適当に字下げをしてみる.(クリックでpdfへ)
sdf103-2.jpg

簡略化すると,
自衛隊の防衛出動時に,
都道府県知事は・・防衛大臣が告示して定めた地域・・の医療、土木建築工事又は輸送を業とする者に対して・・同種の業務・・に従事することを命ずることができる,
ということだ.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1