So-net無料ブログ作成

開票プロセスの透明性 [社会]

4/24に投開票が行われた衆議院北海道5区補欠選挙,地区ごとの集計を見るとかなり票差に偏りがある.大多数を占める市区部を見ると,4つの市区で池田が僅差ながら上回っているのに,恵庭と千歳では大差で負けている.
h5hosen.jpg
→グラフを含むエクセル http://ad9.org/blog/misc/SSH_TOHABETU.xlsx

ふつう,この2つの市で組織票が多かったなどという解釈をするのだろうが,出口調査や開票所「バードウオッチ」と矛盾はないのだろうか?
応援のクリック歓迎
開票プロセスは完全な透明性を持たなければならないが,電子集計やバーコードシールなどが使われるとブラックボックスが入り込む余地がある.次は有名な「ムサシ」の電子式集計器.
musashi.jpg

次は「行政システム株式会社」のバーコード使用の例.クリックしたらスクロールしてずっと下の方です.

行政システム株式会社-バーコード.jpg

今回の開票で,特にこれら両市の開票所でどのような集計プロセスが取られたか,週明け(たぶん連休明け)にも直接電話で尋ねてみようと思う.

「不正などあるはずがない」という「反陰謀論バイアス」(正常性バイアスの一種)を排除して,あらゆる可能性をチェックすべきだろう.少なくとも,開票プロセスの完全な透明性の確認は絶対に必要である.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0