So-net無料ブログ作成
検索選択

手作り3Dビューワー [趣味]

1401577.gif末尾にプチ改良について追記.
--------
「スーパー3D写真」に限らず,ステレオ写真の裸眼での立体視は慣れない人には難しいようなので,簡単なビューワーを作ってみました.レンズは,安い小さい虫眼鏡を探したのですが見つからず,「双眼めがねルーペ」というのを買いました.コンテック社製,LP-22Pという型名です.それでも1,000円以下.
だれでもすぐ作れるように,展開図もそのうちアップロードします(1401577.gifしました).小学生のみなさん,夏休み自由研究にいかがですか?もう間に合わない??
応援のクリック歓迎
DSC_9015t.jpg
展開図です.

img565h.gif
寸法が一カ所2カ所抜けていましたので追加.穴の位置も修正.
説明はほとんど要らないかと思いますが,破線は折り曲げ,OとFのスリットとを噛み合わせます.tは段ボールなど使う板材の厚みですが,薄ければ気にしなくてOK.また,板材の曲がり方にもよります.矢印の斜線部分はプリントの下部のガイドです.
対象とする画像は,はがきを横位置に,一対の画像を横に並べてプリントしたものを想定しています.なお,GHのライン(下の図)はもう少し下に下げた方がいいようです.反対側の画像(例えば右目にとっての左の像)が少し見えてしまうため,立体視に失敗する人もいるようです.ただ,画像のすぐ前は,左右の像の明るさを均一にするために少し開けておいた方がいいと思います(この例では45mm).

運搬時向けの畳んだ(?)状態.
DSC_9020t.jpg
1401577.gifプチ改良.コの字型の部分と「梁」とを両面テープで接着していましたが,これをハトメとネジでつなぎました.これで「畳んだ」状態のサイズがずっと小さくなります.
DSC_9021h.jpg DSC_9023h.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0