So-net無料ブログ作成
検索選択

「予算」のことが議論されないまま予算案が採決される [社会]

衆院予算委員会はあす(27日)終わりそうだ.いつもそうだが,この委員会で,その名が示す予算の議論(の報道)を見たことがない.もちろん国有地払い下げ問題のような総合的議論も重要だが,「何にいくら使うか」「この費目は要らない」「この金額は多すぎる」「少なすぎる」という議論が聞かれない(報道されない)のは異常だ.
応援のクリック歓迎
こんな状況であす採決などあり得ないはずなのに,野党は事実上容認しそうに見える.

アベノゲート(森友学園疑惑)に関しては,汚染土壌そのものが問題にされないのはおかしいと,元ゼネコンの土木技術者の人が指摘している.
http://www.mag2.com/p/money/34692/4?l=xvf085721a
一部引用:
・・・ゴミの山の上に建てられる「瑞穂の國記念小學院」でどのような教育がなされるかが大きな話題になっているが、ヒ素と鉛がきちんと除去されているか確認されていない土地の上に小学校が建設されていることに対して、ほとんど批判が出てきていないということこそが、今回の問題の最も異常な部分だといえる。
確かに,豊洲市場で問題になっていることが,なぜこの件で問題にされないか不思議ではある.さらに言えば,東京を含む広大な地域の土壌汚染,つまりセシウム137など放射性物質による土壌汚染が問題にされない,ほとんど誰も気にしないというのも大きな謎である.
フェイスブック記事と同じ内容です.)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: