So-net無料ブログ作成
検索選択

政党演説会で4分の原発問題スピーチをしました [仕事とその周辺]

末尾 に演説会のあり方についてコメント.1401577.gif注2 で揚水発電所を含む全発電所データにリンク.
-----
昨日,佐賀で共産党の演説会があり,東京から穀田国対委員長が,国政選挙,地方選挙の候補者らが演説をしました.私は依頼されて原発問題のスピーチをしました.注文は3〜5分ということでしたが,4分30秒に収まりました.再生可能エネルギーの量と電力貯蔵能力,ウランの資源量など,すこし違った角度からの,あまり言われていない内容と思うので,アップロードすることにしました.こちらは自席に置いたレコーダーでの「自録り」です.
http://ad9.org/blog/mytalks/y2017/higashiyokabunkah170521.mp3

以下はその書き起こしです.応援のクリック歓迎
---------------
みなさんこんにちは.さよなら原発佐賀連絡会の豊島と申します.私共はどちらかというと小さな市民グループなんですけど,他の8団体と一緒に「脱原発佐賀ネットワーク」というものを作って活動しています.

私たちは主には,金曜夕方の県庁横でのアピール,これを2012年7月からやっておりまして,もうすでに250回になります.これをやっていて感じるのは,通りがかりの中学生,高校生,そして車の方,そういう方々が応援してくれるんですね.ですから,いかに皆さんの脱原発の意識が強いかということを肌で実感することが出来ます.

山口知事は,再稼働は「住民の理解が得られた場合」と言っていましたけれども,完全にそれを裏切って,住民の理解のないまま4月24日に「同意」を表明しております.

shield-saga4.jpg私は実は福岡県民で,久留米に住んでいますので,佐賀で勝手に決めるなら,原発事故が起こっても1ベクレルも[注1]福岡に漏らしてもらっては困る,ということで県境に壁を作ってもらいたい,上空には天井を作ってもらいたいと思うわけなんですけれども.もちろんその費用は佐賀県の負担で(笑い).[イラストと記事]

もちろん壁を作るわけにはいきませんので,県境を越えて市民が連帯して再稼働を止めなければならないと思っています.

事故が起きた場合にいかに重大な被害が出るかということは,福島原発事故でもう皆さん実感しているわけですけれども,また,使用済み燃料がどうにもならないということも広く知られるようになりました.今,その問題を外れまして,必要性,あるいは不必要性の問題に絞って申し上げたいと思います.

知事は,再稼働容認の記者会見で,「再生可能エネルギーについては,現状において,気象条件に大きく左右されることや,そのバックアップ電源として火力発電が必要なことなど様々な課題がある」ということで,(原発の)必要性を言っているわけですけれども,状況は今もう全然変わっているんですね.これ(知事の発言内容)はもう10年,20年前の話しです.

5月11日の朝日新聞:九電によると,昨年5月4日午後1時,需要747万キロワットのうち再エネで582 万キロワット,つまり78%をまかなっています.火力も発電していますから当然電気が余ってしまう.余った電気は蓄電,蓄電と言ってもバッテリーではなくて,揚水発電用,ダムに水をくみ上げるということで, 200万キロワットをそれに使っています.

そういうふうにして,すでに私たちは巨大な「バッテリー」をすでに持っています.日本全国でこの揚水発電所は2千7百万kW分もあります[注2].ということは原発20基分のバッテリーが日本全国にあるということですね.ですから,もう完全に(「完全」は言い過ぎでした),変動を吸収できる.気候とか,昼夜の変動とか,そういうものを吸収できるという条件が,もうほとんど整っているわけです.さらにNEDOは圧縮空気によって電気を蓄える研究もしています.そういうわけで,気象条件に大きく左右されるということは今ではもう言えない.

non-renewable.jpgそれから,ウランというと何か無尽蔵のような印象を受けられるかも知れませんが,ウランの資源量というのは,皆さん,どのくらいだと思われますか?実は少ないんですね.(発熱量で比較すると)天然ガスの半分以下です.それだけしかないものですから,大してCO2削減にも役に立ちません.要するに,「原発は不要」ということです.危険な上に,要らない,ということです.[化石燃料との比較]

それから,規制基準がいかにいい加減か,そして避難が出来ないか — 先ほど穀田さんも言われましたけれども — 問題点はもう限りなくあります.こういうことを分かりやすく県民・市民にアピールしながら,何としても再稼働を止めていきたい,そのために闘う決意でおりますので,皆さんもご協力よろしくお願いします.
------------
演説会の様子は,山下由美さんという方がフェイスブックに写真を投稿しておられます.
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1447888271942290&set=a.438809916183469.105047.100001633937749&type=3&theater
[注1]「1ベクレルも」というのはもちろん言葉のあやで,「放射性原子1個たりとも」と言いたいところです.セシウム137だと1ベクレルは原子数に直すと約14億個にもなります.(原子数の計算式は,半減期(秒)×放射能(ベクレル)÷0.693 です.)
[注2] 資源エネルギー庁によるデータが見つかりましたので,こちらに置いておきます.“ 1-H28.xlsx ”というファイルです.
http://ad9.org/blog/nuclear/y2017/
------------
追記:穀田氏は次の熊本での集会のため,話し終わるとすぐに退席しました.しかし聴衆からの質問だけでなく他の発言者の話も全く聞かない(彼より前に登壇した熊本の候補者の話は聞かれたでしょうが)というのでは,遊説の折角の機会がもったいないと思います.また,全体を通じてフロアからの質疑応答もありませんでした.あまりにも一方通行的過ぎるという印象(4年前の久留米市での市田氏の演説会でも同様).アンケート用紙は配られていましたが,質問や意見はその場で参加者で共有されることで別の質を獲得します.
コメント(1)  トラックバック(1) 

コメント 1

yamamoto

コメントは,記事内容と関係ないもの,長すぎるものは採用していません.
by yamamoto (2017-05-29 07:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: