So-net無料ブログ作成

アメリカの「暴発」を防ぐには [反核・平和]

米韓軍事演習が今日(4日)からまた始まり,朝鮮半島の緊張が非常に高まっている.参議院は今日,「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」を上げたが,これまた非常に一方的なもので,3月の当ブログ記事「翼賛国会への一里塚」に書いたことがそのまま当てはまる.どの国であれ,核・非核を問わずミサイル実験は許し難い.しかし,アメリカ軍がすぐそばまで来て「演習」と称して軍事力を展開していることを棚に上げ,朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の側だけを一方的に非難するのはだれがどう考えても公平さを欠く.米韓の行動に触れないということは,暗黙の支持を意味してしまう.つまり,わが国の参議院までがアメリカの軍事挑発に間接的に加担していることになる.

minuteman_test_aug2017.jpg核ミサイル実験と言えば,4ヶ月前,今年8月2日にアメリカもやっている.米軍ホームページの記事 “F.E. Warren AFB tests Minuteman III missile with launch from Vandenberg” を見ればよい(右の写真をクリック).これに対して,なぜ国会は非難決議を上げなかったのか?

全部の野党までこの決議に賛成したと言うことが,戦争がどのように始まっていくのかを物語っている.暗黙に,このような案件で「歩調を乱す」ことで「ヒコクミン」と指差されることを恐れているのだ.そのようにして,自国の「防衛政策」に対するあらゆる批判が「自粛」され,言葉が封じられていく.

いまこそ平和運動の出番だ.「戦争法廃止運動」が,戦争そのものを防止する運動をしなくてどうするのか?応援のクリック歓迎
−−−−−−
関連記事:核兵器禁止条約という前進の一方で左翼・リベラルまで国家主義に取り込まれる恐れ(2017/8/10)
nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

バッジ@ネオ・トロツキスト

近年の日本共産党が、習近平のインチキ共産党でさえ批判している米韓(日)合同軍事訓練に中止要求を「遠慮」し続けていることは重大ですね。
問題は、「公平性」のような道徳的観点ではなく、「危ない!」ということです。合同軍事演習は、長距離核ミサイル発射能力を持つに至った「北」に向けては、特段に「危なくなっている」のです。
双方の誤認や誤操作が「引き金」になる可能性だって否定出来ませんから、挑発行為は双方とも止めるべきです。
この辺への鈍感・変節にも、近年の共産党の「自衛隊活用論」の悪影響を感じますね。
by バッジ@ネオ・トロツキスト (2017-12-05 10:29) 

yamamoto

共産党の内部からの批判が皆無に近いのも、深刻な問題です。
by yamamoto (2017-12-05 11:39) 

バッジ@ネオ・トロツキスト

オレは、自分の目でものを見れない、自分のアタマで事を考えられない、そんな政党員を共産主義者だと思えないし、そんな党員を増やしてきた党中央を指導部だとは考えません。

現実社会を直視せず、古典や理論の学習もせず、ただ唯諾々と乞食スープのような中央委員会決定や赤旗記事をおうむ返ししているだけの党員ばかり増やしてきたので、今日の党勢の衰退がある。
「信じられないぐらい(低)水準の共産党員」ばかりだから、現実の社会変革運動に無力、非力なのです!

20世紀の共産主義運動は、世界各国でも失敗でした。
by バッジ@ネオ・トロツキスト (2017-12-05 13:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント