So-net無料ブログ作成

南京事件80年 [社会]

今朝NHK衛星のニュースで奇妙なものがあった.ネットにも出ている.
河野外相 ユネスコに「世界の記憶」制度改善求める
河野外務大臣がパリのユネスコ本部で、事務局長のオードレ・アズレ氏と会談したことを報じている.問題は次の部分:
会談で、河野大臣は、世界各地に伝わる古文書などを保護する、ユネスコの「世界の記憶」事業について、おととし中国が申請した「南京事件」についての資料が登録されたことなどを念頭に、「加盟国間の友好と相互理解の促進というユネスコ設立の趣旨と目的に反する状況が生じることは避けるべきだ」と述べ、制度の改善を求めました。
これに対し、アズレ事務局長は、制度改善の必要があることに同意するとしたうえで、加盟国などと協議しながら改善を進めていく考えを示しました。
河野大臣は,「制度の改善」と言いながら,実は南京事件の資料の登録という具体的な事象に文句を付けているのは明らかだ.これに対して,ユネスコ事務局長が「制度改善の必要があることに同意」と,意味不明なことがらでの同意の表現で,あたかも南京事件の資料の登録に問題があるということに「同意」したかのような印象を与える.要するに,事務局長は具体的に何に同意したのか,全く分からないにもかかわらず,である.

南京事件に関する「歴史修正主義」は憂慮する状況にあるようだ.今日の「しんぶん赤旗」が,この事件の研究の第一人者である笠原十九司氏の文章を掲載している.ネットには出ていないようなので,末尾に転載する.(クリックで拡大)応援のクリック歓迎
中程から引用:
2006年に首相に就任した安倍晋三氏は,その年の日中首脳会談で歴史研究者による歴史共同研究を提案しました.政府が任命した研究者による報告書は日中双方とも南京事件の事実を詳述しています.安倍首相は自らが提案したこの共同研究の結果を無視しているのです.
・・・
学会は右翼による脅迫・妨害を恐れて南京事件をテーマにした大会を開くこともできません.
・・・
南京事件の記憶を継承しようと努力する教員や市民運動への攻撃は,政権に利用されている一部の右翼によるものですが,これが効力をもち,事なかれ主義的に南京事件に触れようとしなくなる状況が広がっていて本当に恐ろしい.
以下,紙面の画像を転載します.是非全文をお読み下さい.nanking-jiken-171214akahata2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント