So-net無料ブログ作成

小学校の入学式に出席 [社会]

nyugakushiki.jpg抵抗の甲斐もなく,地域の自治会の会長になってしまったため,校区の小学校の入学式に「来賓」として出席することになりました.「少子化」の例にもれず新1年生の人数は2クラスになるには程遠く,むしろ来賓の数がそれに並ぶほどでした.

大人の人たちの挨拶は,残念ながら型通り,決まり文句のような話ばかりでしたが,迎える6年生の「学校紹介」の集団パフォーマンスはとても微笑ましいものでした.新入生がいろいろ困った状況で上級生がガイドする,サポートするという寸劇.そして最後はこの小学校の「目玉」であるけん玉の集団演技.百発百中とはいかないまでも,難しい技をわりとよく決めていました.

お決まりの「日の丸・君が代」斉唱もプログラムのはじめの方にあります.この国家主義的,天皇主義的な歌は気に入らないし,公的パワハラによる事実上の強制ということでもあるので,「起立・斉唱」に加わることは出来ません.来賓席2列目で目立たないと思っていましたが,偶然まん前の席が空席だったため,対面の教師席はじめ,(望むところながら)かなりの範囲で見えたでしょう.この,入学式,卒業式の「日の丸・君が代」強制問題については,このブログでも繰り返し取り上げましたが(下記参照),まさか自分に「不起立」実行の機会があろうとは想像しませんでした.

最後の「校歌斉唱」では,来賓には起立は求められませんでしたが,自分の母校でもあり,座ったままで歌いました.

「日の丸・君が代」強制問題に関する記事へのリンク集:
「卒業式・入学式シーズンを迎えて」
その中の「起立」する人の責任 — 臆病の先物買いと勇気の先物買い —
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント