So-net無料ブログ作成
検索選択

映画会でのトーク [仕事とその周辺]

qbeq170730.jpg昨日(7/30),放射能市民測定室・九州(Qべク)主催の『内部被ばくを生き抜く』上映会があり,上映後のトークイベントに参加,鎌中ひとみ監督と対談しました.そのとき話題にした3つについて,説明資料などにリンクします.応援のクリック歓迎


nrn.jpg「集団線量」という概念の隠蔽について

「国民放射能近隣度」
  メモ(理系向き) 図は右の画像を
 クリック,2〜3ページ目です.

カリウム40とセシウム137の違い

日本チームによる英国核基地封鎖10周年 [反核・平和]

7月25日は,日本チームによる英核基地封鎖10周年にあたります.当時の記事などにリンク,紹介します.
応援のクリック歓迎

ファスレーン365,日本チーム出発に際してのプレスリリース
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2007-07-21
バンブー・ブロックは大成功(7/30)
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2007-07-30
「獄中記」
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2007-08-04
留置室の張り紙
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2007-08-09

続きを読む


映画「この世界の片隅に」 [メディア・出版・アート]

DSC_0796c.jpg1401577.gif8/19追記:久留米市エールピアで8/25に3回上映.+末尾にコメント追記 1401577.gifセリフ「改ざん」の件について追記 (8/26).
--------------
アニメ映画「この世界の片隅に」を見た.第二種電気工事士試験を小倉で受験*し,そのあと駅から近い「小倉昭和館」で鑑賞.古い,席数の多いホールだが,かなりの入りで,50人ぐらいは入っていたように思う.

昭和10年ころからの広島と呉を舞台に,一人の女性をその家族・友人の暮らしとともに描く.戦中の空襲,原爆そして戦後数年まで.原作はコミック.とても素晴らしい作品で超おすすめ.応援のクリック歓迎

最近のアニメでは「君の名は」も見たが,あまりピンと来なかった.それと違って,分かりやすく,“メッセージ”もはっきりしている.(“メッセージ”と言っても全部言葉に置き換えられるわけではないし,もしそうなら映画にする必要もない.)

以下,その感想など.ネタバレも含まれるので,これから鑑賞する予定の人は読まないで下さい.

続きを読む


地球の東と西,戦争と大量殺戮を予防する市民たち [反核・平和]

地球の東と西,戦争と大量殺戮を予防する市民たち
応援のクリック歓迎
辺野古/Henoko, Okinawa. Blocking new US base.
henoko.jpg
英・スコットランド,核弾頭貯蔵庫の封鎖/Coulport, Scotland. blockading nuke warhead store.
tp.jpg
イギリスの反核運動 トライデント・プラウシェアズ http://tridentploughshares.org
日本語の支援サイト(更新停止) http://www003.upp.so-net.ne.jp/maytime/goilsupt.html

「名もなき英雄」最終回 [メディア・出版・アート]

このところ韓国ドラマ「名もなき英雄」のPRブログになってしまっていますが,きょうの最終回を見終わって,あらためて内容の素晴らしさに圧倒されました.迫力のアクションシーン,複雑な人間ドラマ,そして何より国家権力の深部にまで分け入る,巨悪への主人公らの追及,そして町の人々の勝利.「絶賛」という言葉を使っていいと思います.
応援のクリック歓迎
印象的なシーンをいくつかクリップします.TPPで日本でも話題になった「ISD条項」まで出て来ます.キャンドル革命の秘密が少し分かったような気がします.
モール建設のための強制撤去,重機に立ち向かう商店街の人々
DSC_0713.JPG

続きを読む


「名もなき英雄」今日最終回 [メディア・出版・アート]

福岡のテレQで放映の韓国ドラマ「名もなき英雄」昨日のシーンから.今日正午からが最終回です.応援のクリック歓迎
主人公のパク・シフ,横顔が高倉健に似ているような・・・.
DSC_0635.JPG

続きを読む


あいかわらず「総括」のない国会闘争 [社会]

tamura_in_kurume.jpg共謀罪が参院を通過して間もない6月24日,久留米市で共産党の田村貴昭議員による国会報告会が開かれた.大きなホールではなかったが,会場は参加者でぎっしり.当日の様子を簡単にまとめた赤旗の記事が田村議員のウェブサイトに転載されている.
http://tamura-takaaki.com/diary/6776/
応援のクリック歓迎

熱のこもった報告に参加者は聞き入ったが,何と言っても共謀罪を通してしまったのは大きな後退だ.それに対する深刻さが感じられないだけでなく,これに対する「総括」,つまりなぜ阻止できなかったのか,運動に何が欠けていたのかという話が全くなかった.

そこで「共謀罪を通してしまったのは大きな敗北だ.どう総括しているか」と質問した.「もし議席数で無理だったというなら,国会前のデモや集会は何の意味があるかと言うことになる」とも付け加えた.

これに対して田村氏は,「敗北とは思っていない」として,内閣支持率急落などを挙げた.これには驚いて再質問.録音したわけではないので一言一句正確というわけではないが,次のようなことを言った,ないし,言いたかった.

「共謀罪を通すか通さないかの点では敗北は明らかだ.敗北でないというのなら何のために多くの人が必至で頑張ったのか分からない.牛歩もしなかったのはなぜか.表現すべきものは,意見や情報だけではない.決意や本気度も表現の対象でなければならない.牛歩で止められないとしても,ことの重大さを国民に分かってもらうために必要だったはずだ」.田村氏は「引き取って,中央でも検討させてもらう」と返した.

質疑は田村氏と私とのこのやりとりだけだった.「敗北とは思っていない」という驚くべき回答に,フロアから他に何ら表立った反応がなかったことにも驚く.しかし散会して出口に向かうとき,知り合いに「よく言ってくれた」と肩をたたかれた.

出口の廊下には田村氏が待っていて参加者と握手をしていたが,私の番になり「まだ言いたいことは10ぐらいあった」と言う.田村氏からもフレンドリーな応答があったが,個人的なやり取りをここに書くのはふさわしくないだろう(と言っても大したやりとりではないが.)

結局は,「戦争法,どうすれば阻止できたのか」という雑誌寄稿の短文に書いたように,共産党の執行部としては,「結局は議席数の問題」という受け止め方ではないかと思われる.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2016-04-22-1

このような,いわば議会至上主義のような考え方では,韓国の「キャンドル革命」も理解できないだろうし,沖縄で展開されている非暴力の直接行動も理解できないだろう.

関連記事:
勝利するための最低条件は?
共産党執行部は敗走を「転進」と呼んだ旧軍部に似る