So-net無料ブログ作成

ポリーニのピアノコンサート [趣味]

DSC_0187hc.jpg今月10日には,フィルハーモニー・ド・パリというパリの新しいコンサートホールにポリーニのピアノ演奏を聴きに行きました.旅行の主な目的の一つでした.ホールは中心部から外れて,パリ旧市街を囲む環状道路のすぐ内側,地下鉄はPorte de Pantinからすぐ.

演奏者を見下ろすような座席で,顔の表情も見えるとてもいい位置でした.
曲目はシューマンのアラベスクとクライスレリアーナ,ショパンの二つのノクターン作品55とソナタ第3番ニ短調作品58.

紛れもなく大巨匠なのに,とても謙虚で優しい人柄があふれるようなものごしと演奏でした.なんとアンコールを2曲も(3曲だったかも?),それも結構長い曲をサービスしてくれました.ショパンでしたが曲名が見つかりません.
そして,終了後はなんとロビーでサイン会まで.私もちょっと並んでみましたが,あまり遅くなると帰路が不安になるので,あきらめました.
このコンサートのウェブサイト:
https://philharmoniedeparis.fr/fr/activite/recital-piano/17778-maurizio-pollini
DSC_0190h.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

伊藤詩織さん記者会見情報の増幅 [社会]

fcc-shiori.jpg伊藤詩織氏が24日,外国特派員協会で記者会見をした.ところがこの重要ニュースを大手メディアがほとんど報じない(ネット上の詳報質疑応答).「不倫」疑惑や外国の性的暴行事件はさかんに取り上げるのに,この非対称.この黙殺という現象自体が重要ニュースであり記録に値する.また,詩織氏の勇気に応えるためにも,あらゆるメディアでこの情報の流通量を増幅する必要がある.応援のクリック歓迎 当ブログも,1日遅れ(日付では2日遅れ)ながら,その努力に加わりたい.
ブラックショコラ.jpg
上の「ブラックショコラ」氏のツイートにあるように,隠蔽して来ただけでなく,未だに隠蔽に加担するマスメディアのジャーナリストの皆さん,恥ずかしくないのですか?

rf171025shiori.jpgこの会見を報じた全国紙は朝日だけのようだ.しかし逮捕見送り問題は報じていない.しんぶん赤旗(右)は直前逮捕中止は報じたが(ページ全部は末尾),それを命じた当時の刑事部長の中村氏,そして肝心の加害容疑者・山口氏の名前を伏せている.記者会見での詩織氏の話によると,確定した事実として次のことがあるにも関わらず,である.これが重要情報でなくて何だろうか.
そして確たる証拠が得られている事実は以下のとおりです。・・・ 7、私の下着のDNAを検査したところ、そこに付いたY染色体が山口氏のものと過不足なく一致したという結果が出ました。・・・ 9、逮捕の当日、捜査員が成田空港で帰国する山口氏を待ち受ける中、当時の刑事部長の中村氏によって逮捕が突然取りやめられました。
毎日に至っては,この記者会見のことにただの一行も触れていない.以下,経済,国際など分野違いのページを除いて,25日の紙面をスキャンして見よう.どうかこの事実を確認されたい.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ハイデルベルグ市のホールでの「魔笛」 [趣味]

DSC_0240hc.jpg10月13日の金曜日はドイツ・ハイデルベルグに移動した.そこのホテルで見た案内パンフに,その夜にモーツァルト「魔笛」が上演されることが判明.すぐに部屋でネットにつなぎチケットを探したが,満席.ホールは歩いてすぐなので直接行ってみると,数席空いていて座席をゲットできた.
これはパリ・オペラ座のものとは違って,全くオーソドックスな演出.十分楽しめた.字幕がドイツ語だったので,舞台に集中できたのも良かったのかもしれない.
右の写真のように,休憩時には客席横がラウンジに幅広く開放・直結する構造で,非常に良く出来ていると思った.応援のクリック歓迎
img756.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

オペラ演出の革命? [趣味]

DSC_0210h.jpg休題閑話(閑話休題の逆).
選挙の期間とかなり重なって,欧州旅行に行っていました.このような時期に「国外逃亡」は本意ではありませんでしたが,費用を抑えるため何ヶ月も前に航空券を買っていたので,棒に振るわけには行きません.それで,有名ピアニストのコンサートや有名劇場でのオペラ鑑賞という贅沢三昧の時間を過ごしました.

まずオペラですが,パリのオペラ座(パレ・ガルニエ)ではモーツァルトの「コシ・ファン・トゥッテ」を鑑賞.音楽は素晴らしかったのですが,演出が全く異常,異常というより,演出なし(ミニマリズム?)に等しいのです.写真のように舞台はがらんどうで,大道具も小道具もなし.言ってみればオーケストラをバックに歌手が並んでアリアを歌う「演奏会形式」に近いもの.ただ,歌手それぞれに「影」のようにダンサーが一人付いて,歌と同時に踊る,これが唯一演出らしいもの.

そのため物語の進行は,この曲を熟知しているならともかく,そうでなければ舞台上部に投影される英語の字幕を必死で追わなければならない,という状態.それも英語とフランス語(?)なので,スピードが追いつかないし,実に目が疲れてしまう.また,一人(デスピーナ)を除いて,本物と「影」との区別が難しいのでますますわけが分からなくなる.

それでも聴衆からブーイングなどはなくふつうに拍手が起きていたので,このような演出であることをあらかじめ承知の上で劇場に足を運んだということなのだろうか?それにしても腑に落ちない.

img754.gif劇場入り口で,パフォーマンス関係の情報誌la terraceを無料で配っていた.あとでページをめくってみると,「オペラの演出,合意より革命」(多分そんな意味か? La mis en scène d’opera: une révolution plus qu'un consensus)というタイトルの特集があり,演出家が権力を握り,歌手や指揮者との闘争が激しくなっている,というようなことが書いてあった.

有名なシャガールの天井画はとても素晴らしかった.応援のクリック歓迎 DSC_0209r.jpg
ほかのコンサートや旅のことについては,また.
nice!(0)  コメント(0) 

総選挙が終わっての「総括」めいたメモ - その2 [社会]

前の記事の追加です.1401577.gif24日朝追記(末尾
4)独自の世論調査,意識調査の必要性 応援のクリック歓迎

項目1に関連するが,世論や人々の意識,無意識の状況を独自につかむことが重要だ.それがないと,まず人々の耳に残る言葉を,いや,そもそも耳に入って行く言葉を発することができない.ただ自分が正しいと思っていること,大事だと思っていることを一方的に喋るだけで,相手が聞く耳を持たなければ徒労となる.相手が何に関心があるかを知ることは宣伝戦の基本であり出発点である.

世論調査と言えばわが国ではほぼマスメディアによるものしかなく,それでは不十分というどころではない.人々の意識のどのような側面を知りたいかによって,質問項目もみずから設計しなければならない.そのような世論調査,意識調査を野党や市民団体は独自に実行すべきだ.

先日,イギリスの反核運動家と話をする機会があり,かねてから疑問に思っていることを訊いてみた.イギリスの反核運動CNDは,国民の核意識を民間の世論調査機関を使って調べている(下の画像).どのくらい費用がかかるか訊いてみたところ,設問1項目あたり1,000ポンド(約14万円)とのことだった.もちろんサンプル数によるが,300〜400サンプルの場合とのこと.NHKの世論調査でもサンプル数は1,000程度だから,統計的な精度を厳しく求めなければ十分だろう.

さて,日本にマスコミ以外の独立した世論調査機関がいくつぐらいあるのだろうか.もし見つからなければ,そして対外的な発表目的でなく自分たちの宣伝戦の基礎データを取るためであれば,政党の組織力を使って独自に実施することも考えるべきだろう.

権力の側は,さまざまな組織やツールを使って国民の意識を多面的に調べ上げているはずで,それに基づいてメディア戦略を立てているはずだ.対抗する側がただ勘に頼っているだけでは太刀打ちできない.
op-pol-cnd.jpg
1401577.gif24日朝追記:人々の意識,無意識の問題の関連でひとこと.共産党に限らないと思うが,人々の深層心理,イデオロギーの問題を軽視し過ぎている,というより,あまりに無頓着ということがある.あからさまな例は,テレビの永年番組「水戸黄門」に対する無批判性だ.暗示によって「お上への依存」,「最高権力は善である」という考えを心の深いところに植え込むこのイデオロギー装置を宣伝さえしている.このブログで何回となく論じているが,最新では「『道徳ポルノ』再来を持ち上げる赤旗」をご覧頂きたい.
nice!(0)  コメント(3) 

総選挙が終わっての「総括」めいたメモ [社会]

選挙が終わって,野党勢力,特に共産党にとっての「総括」めいたことをメモ.

takatohtw.jpg1)朝鮮半島危機は安倍・自民党支持の大きな要因になったと思われる.これに正面から向き合わず,重視もしなかったことは大きな問題で,野党・共産党が伸びなかった原因の一つ.(右の高遠さんのツイート参照)
「北朝鮮の脅威」で演説を始めるようでは,もちろん本質から外れ,不公平であるだけでなく,自民党と区別がつかない.メディアの論調に迎合するような北朝鮮非難の競争では,実際に権力を持つものに有利.
危機の主要因がアメリカとトランプ政権であることをはっきり打ち出すべきだった.そしてそれに追従する安倍政権こそがそれを加速していることを.応援のクリック歓迎

2)野党共闘は前回衆院選からだが,遅すぎで,この十年来の惨事を招いた.以下にその一部を示すが,当ブログでは12年前からその重要性を指摘していた.しかし共産党は長く野党共闘を追及しなかった.「当時としては正しかった」のか,それとも「間違いだった」のか明確にすべき.この総括をきちんとやれるのかが問題.
 2005年 共産党の大会決議案について-これで九条が守れるか?
 2006年 政党間協議の窓口を作る提案を共産党が拒否
 2006年 「平和共同候補」運動への赤旗の批判について
 2007年 野党共闘問題と共産党中央委員会総会のことなど
 2013年 市民は各党・各議員に護憲の誓約とそのための政党間共闘とを求めよう

3)選挙だけを偏重する誤り.これについては園良太氏の指摘を引用しよう.
http://www.labornetjp.org/news/2017/1508721576357staff01
本来、選挙は様々な闘い方の一つだと定め、デモ、集会、ストライキ、直接行動などと平行に取り組み続けることが普通だった。だが15年以降、それらが選挙運動の「ため」に「従属」し、市民の怒りや勢いを失ったことが今回の一因ではないのか。
なぜか誰もが「左派翼」「左派」と名乗ったり呼ばれることを恐れている。「リベラル」「中道」と言いたがっている。これはいかにも日本的な、「みんなから浮きたくない」という村社会の恐れの表れだ。極めて特殊な状況だとまず自覚したい。
付け足し)海外の論調,France24は,平和憲法の改憲が現実のものとなったと伝えたとのこと.「九条」を持つ国は他にもあるが少数.フランスも含め大国がみずから「九条」を取り入れる方向に進まず(特にカントの国であるドイツ),日本の九条を長く孤立させたことも問題だ.
nice!(0)  コメント(3) 

小池百合子氏の「リセット」の意味 [社会]

(Facebookと同報)1401577.gif21日深夜追記:「捕獲装置」としての小池百合子 (末尾)
小池氏が「希望の党」の設立記者会見で「日本をリセットするために党を立ち上げる」と述べた.この「リセット」の意味は,本人の定義は別として,次のように考えれば合点が行く.応援のクリック歓迎
総選挙で安倍体制が生き残っても,そして「禊が済んだ」と言い張っても,露見した数々の悪事は簡単には消えないし,これからも国会内外で突っ込まれ続けるだろう.しかし小池に取って代われば,彼女のこれまでの行状から考えて,それは言わば「生まれ変わった安倍」なのだが,しかし安倍の悪事は水に流されてしまう.少なくとも国政の焦点からは外される.つまり政権中枢がモリカケはじめ数多くの悪事から「リセット」される.これは明らかにより強力な反動内閣ということになろう.

つまり,「とにかく安倍政権を倒すのが先」ということで「希望の党」に期待する向きもあるが,安倍政権より「希望の党」政権の方がむしろ悪性ということ.

もちろん自民の議席を出来るだけ減らして,安倍の基盤を崩すのが大事ということは言うまでもない.でもそれは「本当の野党」を伸ばすことによらなければならない.
-------
「捕獲装置」としての小池百合子,「希望の党」

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ロンドン,首相官邸前の核戦争回避のための集会など(赤旗日曜版の転載) [メディア・出版・アート]

赤旗日曜版10月8日号に,安倍政権の北朝鮮対応の問題についての記事が掲載.ロンドン・首相官邸前の核戦争回避のための集会の写真もあります.転載します.
応援のクリック歓迎
img748.gif
img749.gif
ロンドンでの集会には私も参加しました.10/1の記事に書いています.

#比例は共産党
nice!(1)  コメント(0) 

九条を持つ国に生まれた意味 [社会]

1570t.jpg「週刊金曜日」最新号(10月20日号)に,ジャーナリスト田岡俊二氏の「『日本人の生命』を危険に晒す安倍首相」という評論が載っている(右はその冒頭部分).朝鮮半島危機の問題の本質を突いたすぐれた短文だ.ミサイルや核開発は安上がりなので,経済制裁は意味がないとし,次の文章で締めくくられている.
・・チキンゲームのアクセルを踏み込むトランプ大統領.その車の助手席に座り「ゴーゴー」と叫んでいるような安倍首相の“主導”ぶりは「日本人の生命を守り抜く」のとは逆の,危険を高める行為と考えざるを得ない.
応援のクリック歓迎
実は今月17日までヨーロッパ数カ国を旅行していたが,パリではあちこちで3〜4人組のマシンガンで武装した兵士と行き違った.フランスではテロに対する非常警戒体制が続いているためだろうが,初めて遭遇したときはギョッとした.定点で警備している姿は以前から見られたが,公園や鉄道のコンコースを武装してパトロールしているのはやはり異様だ.

テロリストは悪い.しかしそれを生み出している原因は戦争や抑圧だ.そしてその戦争に,フランスも含めヨーロッパの多くの国が加担してきた.つまり,自らの暴力がおのれに跳ね返って来ているとも言える.武器産業,軍事産業も同様だ.数ヶ月前,フランスのある地方都市に軍事企業が進出し,雇用が生まれたというニュースを聞いた.これもまた同じことだ.そこで作られた武器が遠く離れた国で人を殺傷し,難民を生み出す.

日本ではまだ幸いにも外国からのテロリストによる被害はない.しかし九条が改憲され本格的に海外派兵をするようになれば,それも危うくなるだろう.

カントが「永遠平和のために」で提唱した常備軍の廃止,それをようやく200年後に実現した国に私たちは住んでいる(物理的には軍隊である自衛隊を,九条という「言葉」でかろうじてその機能を抑えているに過ぎないのではあるが).この選挙でもし自公や「希望の党」など改憲勢力が勢いを増せば,いよいよその九条が危なくなる.どうか多くの人が投票所に行って,これらの党に「ノー」の票を投じてほしいと思う.

#比例は共産党
nice!(1)  コメント(0) 

西鉄久留米駅でのスピーチ(朝鮮半島危機を選挙の争点に・その2) [社会]

sii-jrkofu.jpg1401577.gif20日朝追記:この記事のurlをフェイスッブックで引用するとそのタイムラインに投稿できません.問い合わせ中.なお,共産党の志位委員長も,戦争と平和の問題,朝鮮半島の危機の問題に触れています.右の画像をクリック.
-------

kogashigeaki.jpg一昨日の記事の続きです.戦争法廃止の「19日行動」で,朝鮮半島危機を選挙の争点にするよう訴えるべきだと書きました.その実施例です.西鉄久留米駅前で次のようなスピーチをしました.5分強,ほぼ原稿を読む形になりましたが,録音で実際に近く再現しています.なお,右のように古賀茂明氏も同様のことを言われています.応援のクリック歓迎

スピーチ,10月19日午後5時30分~6時30分.西鉄久留米駅前:
皆さんこんばんは.まさに総選挙のまっただ中です.モリカケ疑惑,戦争法の問題,そしてアベノミクスの失敗の問題と,たくさん争点はあります.しかしあまり語られていない,もっと重大な争点があると思うんですね.多くの人が,これだけ北朝鮮の脅威が高まっているなかで,もうそれ(モリカケなど)どころではない,強い指導者が要るんだと,だから自民党に投票するんだという人がいるんじゃないかと思うんです.これが非常に大きな,自民党支持の要因になっているのではないかと思うんです.じっさい,その危機と言うのは本当に存在するわけですから.

北朝鮮,正式国名は朝鮮人民民主主義共和国,DPRKの核開発,ミサイル開発が進み,これに対してアメリカが軍事圧力をかけ,朝鮮半島での戦争の危機,またそれは核戦争につながりかねない,そういう危機が高まっています.このような危機の時には,国民は目を「外国の脅威」に向け,モリカケ疑惑,アベノミクス失敗などから目を逸らすだろうと考えて,安倍首相は今回の「自己都合解散」をやったのだろうと思います.

しかしながら戦争の危機は現実にあるわけです.しかも高まっています.4日前の16日から,米・韓の海軍による合同演習が朝鮮半島沖の日本海や黄海で始まりました.これは20日まで続くそうです.戦闘攻撃機FA18や,早期警戒機など70機を搭載した空母,イージス艦,原子力潜水艦などの艦隊が動員されているようです[1].まさに戦争の準備が着々と始まっているのかも知れません.北朝鮮側から見れば,これが本当に「演習」なのか,それとも実は戦争の準備段階なのか分からないでしょう.まるでトランプとキム・ジョンウンは,高校生のチキンレースのようなことををやっているわけです.

これが,いつ,偶発的な原因であれ,戦争につながらないとは限らない.このような戦争の危機,しかもそれは核戦争になりかねない危機は,当然ながら国民にとっての最大の関心事,心配事に違いありません.そういう点ではモリカケ疑惑とは比べようがありません.

しかし皆さん,安倍首相はこの危機に一体どう対応しようとしているのでしょうか?数百キロ上空の宇宙空間を飛び越える北朝鮮のミサイルのためにPAC3のトレーラーをノコノコと動かしてみたり,防空演習と称して頭を抱えてしゃがみ込んでみたりと,一体そんなことで安全が守れるのでしょうか?

北朝鮮のミサイル実験のたびに宣伝されるPAC3ですが,これは全国に16セットしかありません.この高良台にはありますけれども.射程も十数キロしかない.つまり,もしこれが百発百中としても,パイ・アール2乗の1,256平方キロ掛ける16で,2万平方キロメートルの面積しか守れない.日本の国土のわずか5.3パーセントです.要するに,PAC3を配備している基地の周辺だけを守る,ということです.

つまり,私たちの安全のためには,朝鮮半島で戦争を絶対に起こしてはならない,ということなんです.それ以外に安全を守る道はありません.ところが安倍首相のやっていることは,これとは真逆ではないでしょうか.北朝鮮を「壊滅させる」という言葉を使うようなアメリカのトランプ大統領にただひたすら追従し,戦争の危険を高めているだけではありませんか.

そのアメリカでさえ北朝鮮との「外交交渉」を口にしているのに,なんと安倍首相は「対話を呼び掛けても無駄骨に終わる」などと発言しているのです[2].こんな首相に政権を任せていたら,自民党の政治を続けていたら,日本はますます戦争の道に進んで行き,この国土に爆弾が,しかも核爆弾が降って来ることになります.

これに対して,立憲民主党や共産党,社民党などの野党は,少なくともトランプ政権の北朝鮮政策とは距離を置くことを,そして北朝鮮との対話を主張しています.対話の方法や中味については十分な政策や準備があるかどうかは分かりませんが,例えばアントニオ猪木議員(無所属クラブ)のように,北朝鮮を訪問して向こうの外交官と会うというようなこと,彼に続くような人はいないのでしょうか? ともかく,今度の選挙で自民党に投票することは,朝鮮戦争の再発の方向に一押しすることになります.この点をよく考えて,是非とも,絶対に自民党にだけは投票しないようにして頂きたいと思います.以上です.
[1] https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22291290W7A011C1EAF000/
[2] https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091800272&g=prk

次は久留米の「19日行動」のフライヤーです.クリックで同フェイスブックへ.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)