So-net無料ブログ作成
2017年09月| 2017年10月 |- ブログトップ

小池百合子氏の「リセット」の意味 [社会]

(フェイスッブックと同報)
小池氏が「希望の党」の設立記者会見で「日本をリセットするために党を立ち上げる」と述べた.この「リセット」の意味は,本人の定義は別として,次のように考えれば合点が行く.応援のクリック歓迎
総選挙で安倍体制が生き残っても,そして「禊が済んだ」と言い張っても,露見した数々の悪事は簡単には消えないし,これからも国会内外で突っ込まれ続けるだろう.しかし小池に取って代われば,彼女のこれまでの行状から考えて,それは言わば「生まれ変わった安倍」なのだが,しかし安倍の悪事は水に流されてしまう.少なくとも国政の焦点からは外される.つまり政権中枢がモリカケはじめ数多くの悪事から「リセット」される.これは明らかにより強力な反動内閣ということになろう.

つまり,「とにかく安倍政権を倒すのが先」ということで「希望の党」に期待する向きもあるが,安倍政権より「希望の党」政権の方がむしろ悪性ということ.

もちろん自民の議席を出来るだけ減らして,安倍の基盤を崩すのが大事ということは言うまでもない.でもそれは「本当の野党」を伸ばすことによらなければならない.
nice!(0)  コメント(0) 

ロンドン,首相官邸前の核戦争回避のための集会など(赤旗日曜版の転載) [メディア・出版・アート]

赤旗日曜版10月8日号に,安倍政権の北朝鮮対応の問題についての記事が掲載.ロンドン・首相官邸前の核戦争回避のための集会の写真もあります.転載します.
応援のクリック歓迎
img748.gif
img749.gif
ロンドンでの集会には私も参加しました.10/1の記事に書いています.

#比例は共産党
nice!(0)  コメント(0) 

九条を持つ国に生まれた意味 [社会]

1570t.jpg「週刊金曜日」最新号(10月20日号)に,ジャーナリスト田岡俊二氏の「『日本人の生命』を危険に晒す安倍首相」という評論が載っている(右はその冒頭部分).朝鮮半島危機の問題の本質を突いたすぐれた短文だ.ミサイルや核開発は安上がりなので,経済制裁は意味がないとし,次の文章で締めくくられている.
・・チキンゲームのアクセルを踏み込むトランプ大統領.その車の助手席に座り「ゴーゴー」と叫んでいるような安倍首相の“主導”ぶりは「日本人の生命を守り抜く」のとは逆の,危険を高める行為と考えざるを得ない.
応援のクリック歓迎
実は今月17日までヨーロッパ数カ国を旅行していたが,パリではあちこちで3〜4人組のマシンガンで武装した兵士と行き違った.フランスではテロに対する非常警戒体制が続いているためだろうが,初めて遭遇したときはギョッとした.定点で警備している姿は以前から見られたが,公園や鉄道のコンコースを武装してパトロールしているのはやはり異様だ.

テロリストは悪い.しかしそれを生み出している原因は戦争や抑圧だ.そしてその戦争に,フランスも含めヨーロッパの多くの国が加担してきた.つまり,自らの暴力がおのれに跳ね返って来ているとも言える.武器産業,軍事産業も同様だ.数ヶ月前,フランスのある地方都市に軍事企業が進出し,雇用が生まれたというニュースを聞いた.これもまた同じことだ.そこで作られた武器が遠く離れた国で人を殺傷し,難民を生み出す.

日本ではまだ幸いにも外国からのテロリストによる被害はない.しかし九条が改憲され本格的に海外派兵をするようになれば,それも危うくなるだろう.

カントが「永遠平和のために」で提唱した常備軍の廃止,それをようやく200年後に実現した国に私たちは住んでいる(物理的には軍隊である自衛隊を,九条という「言葉」でかろうじてその機能を抑えているに過ぎないのではあるが).この選挙でもし自公や「希望の党」など改憲勢力が勢いを増せば,いよいよその九条が危なくなる.どうか多くの人が投票所に行って,これらの党に「ノー」の票を投じてほしいと思う.

#比例は共産党
nice!(0)  コメント(0) 

西鉄久留米駅でのスピーチ(朝鮮半島危機を選挙の争点に・その2) [社会]

sii-jrkofu.jpg1401577.gif20日朝追記:この記事のurlをフェイスッブックで引用するとそのタイムラインに投稿できません.問い合わせ中.なお,共産党の志位委員長も,戦争と平和の問題,朝鮮半島の危機の問題に触れています.右の画像をクリック.
-------

kogashigeaki.jpg一昨日の記事の続きです.戦争法廃止の「19日行動」で,朝鮮半島危機を選挙の争点にするよう訴えるべきだと書きました.その実施例です.西鉄久留米駅前で次のようなスピーチをしました.5分強,ほぼ原稿を読む形になりましたが,録音で実際に近く再現しています.なお,右のように古賀茂明氏も同様のことを言われています.応援のクリック歓迎

スピーチ,10月19日午後5時30分~6時30分.西鉄久留米駅前:
皆さんこんばんは.まさに総選挙のまっただ中です.モリカケ疑惑,戦争法の問題,そしてアベノミクスの失敗の問題と,たくさん争点はあります.しかしあまり語られていない,もっと重大な争点があると思うんですね.多くの人が,これだけ北朝鮮の脅威が高まっているなかで,もうそれ(モリカケなど)どころではない,強い指導者が要るんだと,だから自民党に投票するんだという人がいるんじゃないかと思うんです.これが非常に大きな,自民党支持の要因になっているのではないかと思うんです.じっさい,その危機と言うのは本当に存在するわけですから.

北朝鮮,正式国名は朝鮮人民民主主義共和国,DPRKの核開発,ミサイル開発が進み,これに対してアメリカが軍事圧力をかけ,朝鮮半島での戦争の危機,またそれは核戦争につながりかねない,そういう危機が高まっています.このような危機の時には,国民は目を「外国の脅威」に向け,モリカケ疑惑,アベノミクス失敗などから目を逸らすだろうと考えて,安倍首相は今回の「自己都合解散」をやったのだろうと思います.

しかしながら戦争の危機は現実にあるわけです.しかも高まっています.4日前の16日から,米・韓の海軍による合同演習が朝鮮半島沖の日本海や黄海で始まりました.これは20日まで続くそうです.戦闘攻撃機FA18や,早期警戒機など70機を搭載した空母,イージス艦,原子力潜水艦などの艦隊が動員されているようです[1].まさに戦争の準備が着々と始まっているのかも知れません.北朝鮮側から見れば,これが本当に「演習」なのか,それとも実は戦争の準備段階なのか分からないでしょう.まるでトランプとキム・ジョンウンは,高校生のチキンレースのようなことををやっているわけです.

これが,いつ,偶発的な原因であれ,戦争につながらないとは限らない.このような戦争の危機,しかもそれは核戦争になりかねない危機は,当然ながら国民にとっての最大の関心事,心配事に違いありません.そういう点ではモリカケ疑惑とは比べようがありません.

しかし皆さん,安倍首相はこの危機に一体どう対応しようとしているのでしょうか?数百キロ上空の宇宙空間を飛び越える北朝鮮のミサイルのためにPAC3のトレーラーをノコノコと動かしてみたり,防空演習と称して頭を抱えてしゃがみ込んでみたりと,一体そんなことで安全が守れるのでしょうか?

北朝鮮のミサイル実験のたびに宣伝されるPAC3ですが,これは全国に16セットしかありません.この高良台にはありますけれども.射程も十数キロしかない.つまり,もしこれが百発百中としても,パイ・アール2乗の1,256平方キロ掛ける16で,2万平方キロメートルの面積しか守れない.日本の国土のわずか5.3パーセントです.要するに,PAC3を配備している基地の周辺だけを守る,ということです.

つまり,私たちの安全のためには,朝鮮半島で戦争を絶対に起こしてはならない,ということなんです.それ以外に安全を守る道はありません.ところが安倍首相のやっていることは,これとは真逆ではないでしょうか.北朝鮮を「壊滅させる」という言葉を使うようなアメリカのトランプ大統領にただひたすら追従し,戦争の危険を高めているだけではありませんか.

そのアメリカでさえ北朝鮮との「外交交渉」を口にしているのに,なんと安倍首相は「対話を呼び掛けても無駄骨に終わる」などと発言しているのです[2].こんな首相に政権を任せていたら,自民党の政治を続けていたら,日本はますます戦争の道に進んで行き,この国土に爆弾が,しかも核爆弾が降って来ることになります.

これに対して,立憲民主党や共産党,社民党などの野党は,少なくともトランプ政権の北朝鮮政策とは距離を置くことを,そして北朝鮮との対話を主張しています.対話の方法や中味については十分な政策や準備があるかどうかは分かりませんが,例えばアントニオ猪木議員(無所属クラブ)のように,北朝鮮を訪問して向こうの外交官と会うというようなこと,彼に続くような人はいないのでしょうか? ともかく,今度の選挙で自民党に投票することは,朝鮮戦争の再発の方向に一押しすることになります.この点をよく考えて,是非とも,絶対に自民党にだけは投票しないようにして頂きたいと思います.以上です.
[1] https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22291290W7A011C1EAF000/
[2] https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091800272&g=prk

次は久留米の「19日行動」のフライヤーです.クリックで同フェイスブックへ.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

朝鮮半島危機を選挙の争点に [社会]

tudadaisuketw.jpg安倍政権の悪事が多くの人にこれだけ明らかになったのに,自民大勝という予想が新聞に踊っているようだ(いま国外で直接新聞は読めない).その大きな原因の一つに,そして安倍首相自身が意図した効果が,朝鮮半島危機であることは間違いない.右の,津田氏が引用したような感覚が広く一般的と思った方がいい.
津田大介 @tsuda
知人の奥さん(アラサー)は「今回は自民党入れる。北朝鮮恐いから」と。知人が「むしろ、北朝鮮情勢悪化させるのでは?」と諭したところ「野党なら何もやらない。それよりかはマシ」という理由みたい。そういう理由で自民を支持する人は結構多いんだろう。結局テレビが最強のアシストしてるんだよね。
6:44 PM - 11 Oct 2017
しかし野党勢力(小池新党は野党とは言えない)はこの問題を軽視しているのではないか.というより,「危機を煽り与党に有利」と思っているのではないか.ならばこれは大きな間違いで,危機は現実であり危機感は当然である.その捉え方が歪んでいるのだ.

2つ前の記事核戦争防止の行動を,そして安倍政権の戦争挑発を選挙の争点にで書いたことを再度強調したい.応援のクリック歓迎

折から,投票日直前の金曜日19日には,全国各地で戦争法廃止の「19日行動」が取り組まれるはずだ.そこでこの問題を全面に出して訴えるべきだ.戦争の危険を高めるのは安倍自民党政権であることを.

通り過ぎる人にアピールするには,その数十秒の間に耳に残るような言葉を発するよう気を配るべきだろう.もちろん,「耳に残る」前に先ず「耳に入る」言葉,項目とレトリックを考えなければならない.

項目としては,たとえば次のようなことがあるかと思われる.
1)広く宣伝された迎撃ミサイルPAC3は,射程も十数キロしかなく,発射機の数も全国で36しかないので(要確認.とりあえず知恵袋引用),仮に全部命中するとしても守れる面積はほんのわずか.イージス艦のSM3の数はもっと少ない.
2)米国含めすべての国が北朝鮮との外交交渉に触れているのに,ひとり安倍首相が「対話は無駄」と言っている.これでは戦争の危機につながるだけ.
3)アメリカの軍事力・軍事挑発と北朝鮮のそれとは比較にならない.例えば,北朝鮮はアメリカの海岸近くで軍事演習などしているのか?

モリカケ疑惑など政治の私物化は大問題だが,核ミサイルの,しかも現実にある危険にはかなわない.これを無視しては選挙は勝てないと思う.
nice!(0)  コメント(1) 

核廃絶の国際団体ICANにノーベル平和賞 [反核・平和]

核廃絶運動を進めて来た人々や団体は数多くありますが,比較的新しい国際組織であるICANに,今年度のノーベル平和賞が与えられました.これを機会に各国の核廃絶運動が勢いを増し,核兵器禁止条約の実効化の速度が上がることを望みたいと思います.そして北朝鮮の核だけでなく,その千倍以上も持っているアメリカはじめ核大国に人々の非難の目が向けられるように.何よりも「核抑止」の考えが(それは北朝鮮の核開発の動機でもある)無効化されるように.応援のクリック歓迎

新しいということもあってICANはあまり広く知られていないと思うので,そのホームページから,組織構造などを抜き書きしておきます.
http://www.icanw.org/campaign/structure-and-people/

International steering group (国際運営団体)
+ Acronym Institute for Disarmament Diplomacy
+ African Council of Religious Leaders – Religions for Peace
+ Article 36
+ International Physicians for the Prevention of Nuclear War
+ Latin America Human Security Network
+ Norwegian People’s Aid
+ PAX
+ Peace Boat
+ Swedish Physicians against Nuclear Weapons
+ Women’s International League for Peace and Freedom

International partners(国際パートナー団体)のうち,日本のものは次のとおり.
Human Rights Now
Japanese Physicians for the Prevention of Nuclear War
Peace Boat
Physicians Against Nuclear War (Japan)
Project Now

創立時からのパートナー団体で,上記の国際運営団体のトップにリストされている(アルファベット順) Acronym Institute の所長レベッカ・ジョンソンさんは,先日,ロンドンでの9月28日の,核戦争阻止,トランプ協力のメイ首相に抗議する集会で演説しました.その時の写真です.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

核戦争防止の行動を,そして安倍政権の戦争挑発を選挙の争点に [社会]

bk4.jpg政界も市民運動も選挙一色ですが,同時に朝鮮半島における核戦争の危険も増大しています.市民運動はこれをなんとか事前に阻止する行動を取らなければなりません.その行動は同時に,アメリカのDPRK(北朝鮮)への挑発に加担する安倍政権に反対することでもあります.そのため総選挙で安倍政治を終わらせる努力と,また,安保法制肯定,9条改憲派の小池新党の跋扈を阻むこととも一体です.

この,目の前にある核戦争の危機に対する行動が弱いのではないかと思われます.ひょっとすると,この問題の強調は「戦争の危機を煽ることでを失政から国民の目を逸らせることに加担する」とでも思われているのかも知れません.もしそうだとすればそれは大きな間違いだと思います.実際に,日本周辺での核戦争の危機は今までになく高まっているのではないでしょうか.

朝鮮半島からも日本からも遠く離れたロンドン・ダウニング街10番地(首相官邸)近くで,28日に朝鮮半島での核戦争阻止の集会が開かれています(右上は同集会でスピーチするブルース・ケントCND副議長,末尾の写真 も同集会).安倍政権と同様,アメリカと一体となって北朝鮮への戦争朝発に加担するテレサ・メイ首相に抗議する行動です.

このような集会が,危機の現場であり,アメリカに基地を提供し,自衛隊が米軍と合同演習までしているという意味でまさにこの危機の当事者でもある日本でほとんど開かれていないのがおかしいと思います.この問題を選挙の争点に押し上げるためにも必要ではないでしょうか.

ロンドンでの28日の集会については,CNDのサイトに動画や写真などがあります.
https://www.facebook.com/CNDuk/
このイベントのフェイスブックページ
https://www.facebook.com/events/688929957971583/?notif_id=1506599231300335¬if_t=plan_edited

また2日(月)には,マンチェスターで同様の,より大きな集会が開かれるようです.
https://www.facebook.com/events/247210055803338/?active_tab=about

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

2017年09月|2017年10月 |- ブログトップ