So-net無料ブログ作成
検索選択
メディア・出版・アート ブログトップ
前の10件 | -

「道徳ポルノ」再来を持ち上げる赤旗 [メディア・出版・アート]

mitokohmon170814akahata.jpg12年前の記事「松下電器が作った二つのイデオロギー装置」で問題にしたことがまた繰り返されている.昔の記事の冒頭を繰り返す.

「しんぶん赤旗」の24日のテレビ・ラジオ欄が,またしても「水戸黄門」を持ち上げた.第35部の開始に向けての提灯記事だ.このドラマが「道徳ポルノ」として,量り知れない「テレビの中高年への悪影響」をもたらしていると,以前の記事で述べた.そのような番組を同紙が持ち上げるのは残念だ.

来月から衛星TBSで復活する水戸黄門ドラマを,わざわざしんぶん赤旗がまたまた持ち上げている.もうひと月前,8/14の,「6代目「水戸黄門」 武田 鉄矢さん 独自の「コク」どう出すか スタッフの心意気感じて」という記事だ(右上の写真).

DSC_3383.JPGこのブログで何度も繰り返した黄門ドラマ批判をここでは繰り返さない.一言で言えば,これは,勧善懲悪の無害な娯楽などというものではなく,権力依存精神を吹き込み洗脳する文化装置である.このことになぜ気づかないのだろうか?

物理屋の文芸論に耳を傾ける人はわずかだろうから,是非とも文系の人に論陣を張ってもらいたいし,日本人のイデオロギー形成(無意識的イデオロギー)にいかに影響しているかの実証的研究もお願いしたい.

5年前の毎日の記事には,松田編集委員の“「七人の侍」と「水戸黄門」”というタイトルで,少しだけこのイデオロギー性に触れている.末尾の部分を引用する.菅直人元首相の言葉の二重引用である.

「日本人は危機を迎えると,英雄待望論が噴出する.偉い人に委任する『水戸黄門型』だ.だが,民主主義政治は『七人の侍型』であるべきだ.夜盗の襲撃に備え,農民は7人の侍を雇い,撃退した.『自分たちが主体だ』という自覚を,農民は持っている.」
nice!(0)  コメント(0) 

NHK「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」映像クリップ [メディア・出版・アート]

8月13日の衛星放送番組,BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」の映像クリップです.これも力作でした.(1401577.gif画像クリックで拡大)
応援のクリック歓迎

番組ホームページ
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2409266/index.html
見逃した方はこちらでぜひ.
http://www.dailymotion.com/video/x5ww7u5

無差別爆撃の実行者カーチス・ルメイの肉声が再生されます.:
大量の爆弾を落下し,不幸にも少しでも想像力があれば,崩れ落ちようとする瓦礫の下で,「ママ,ママ」と泣いている3才の女の子の恐ろしいイメージが脳裏に浮かぶものである.だが,正気でいたいと思うなら,また,祖国の期待する任務を遂行して行こうと思うならば,そうした想像から意識を逸らさなければならない.
DSC_1102.jpg DSC_1104.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

NHKスペシャル「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」から [メディア・出版・アート]

8月のNHKの力作,「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」から画面クリップを紹介します.応援のクリック歓迎
DSC_1336.JPGかつて森村誠一氏が「悪魔の飽食」というタイトルの本で暴いた関東軍細菌戦部隊の犯罪が,ようやくメジャーなメディアで広く知られることになりました.スタッフに拍手を送りたい.
それにしても,「悪魔の飽食」でググると,悪意の,歴史改ざん主義の記事がずらり.googleにはなんとかしてもらいたい.
番組ホームページ

見逃した人はこちらで是非.
http://www.dailymotion.com/video/x5x3xnm
DSC_1038.JPG DSC_1047.JPG

続きを読む


コメント(0) 

NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」 [メディア・出版・アート]

1401577.gif画面コピー10枚追加しました.
8月15日夜はインパール作戦の記録でした.再放送が8月26日(土) 午前0時50分,つまり25日(金)深夜に,75分にわたって放送されます.見逃した方は是非.とりあえず録画画面から2枚.あとで追加します.応援のクリック歓迎

DSC_0995.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

NHKスペシャル「本土空襲 全記録」から [メディア・出版・アート]

この8月15日を前後して,NHKは素晴らしいドキュメンタリー番組を送り出しました.スタッフの努力を讃え,画面をいくつかクリップして紹介します.NHKニュースがほぼ「大本営発表」なのに対し,ドキュメンタリーを作る部門は全く違うようです.
応援のクリック歓迎
番組サイトの「再放送リクエスト」ボタンを押して応援しましょう.

まず,8月12日放映のNHKスペシャル「本土空襲 全記録」.
番組サイトの番組内容紹介文です:
太平洋戦争中、戦闘機に装備され、機銃を撃つと自動的に作動する「ガンカメラ」の映像など、最新の発掘資料をもとに、日本本土への空襲の“全貌”に迫る。
印象的だったのは,日本の空爆に参加した元パイロットの証言です.(その次は重慶爆撃について.)
DSC_0892.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

映画「この世界の片隅に」 [メディア・出版・アート]

DSC_0796c.jpg1401577.gif8/19追記:久留米市エールピアで8/25に3回上映.+末尾にコメント追記 1401577.gifセリフ「改ざん」の件について追記 (8/26).
--------------
アニメ映画「この世界の片隅に」を見た.第二種電気工事士試験を小倉で受験*し,そのあと駅から近い「小倉昭和館」で鑑賞.古い,席数の多いホールだが,かなりの入りで,50人ぐらいは入っていたように思う.

昭和10年ころからの広島と呉を舞台に,一人の女性をその家族・友人の暮らしとともに描く.戦中の空襲,原爆そして戦後数年まで.原作はコミック.とても素晴らしい作品で超おすすめ.応援のクリック歓迎

最近のアニメでは「君の名は」も見たが,あまりピンと来なかった.それと違って,分かりやすく,“メッセージ”もはっきりしている.(“メッセージ”と言っても全部言葉に置き換えられるわけではないし,もしそうなら映画にする必要もない.)

以下,その感想など.ネタバレも含まれるので,これから鑑賞する予定の人は読まないで下さい.

続きを読む


「名もなき英雄」最終回 [メディア・出版・アート]

このところ韓国ドラマ「名もなき英雄」のPRブログになってしまっていますが,きょうの最終回を見終わって,あらためて内容の素晴らしさに圧倒されました.迫力のアクションシーン,複雑な人間ドラマ,そして何より国家権力の深部にまで分け入る,巨悪への主人公らの追及,そして町の人々の勝利.「絶賛」という言葉を使っていいと思います.
応援のクリック歓迎
印象的なシーンをいくつかクリップします.TPPで日本でも話題になった「ISD条項」まで出て来ます.キャンドル革命の秘密が少し分かったような気がします.
モール建設のための強制撤去,重機に立ち向かう商店街の人々
DSC_0713.JPG

続きを読む


「名もなき英雄」今日最終回 [メディア・出版・アート]

福岡のテレQで放映の韓国ドラマ「名もなき英雄」昨日のシーンから.今日正午からが最終回です.応援のクリック歓迎
主人公のパク・シフ,横顔が高倉健に似ているような・・・.
DSC_0635.JPG

続きを読む


韓国ドラマ「名もなき英雄」 [メディア・出版・アート]

「ピノキオ」(→感想など)に続き,韓国ドラマにはまっている.いま福岡のテレQで昼間放映中の「名もなき英雄」.
http://www.tvq.co.jp/drama/namonakihero/
「ピノキオ」がテレビ報道の問題を扱ったのに対し,これは都市再開発にからむ権力と市民の物語.全くの「社会派ドラマ」,いや,この言葉は日本では死語になったのではないかと思われる.
とてもスリリングな活劇ですが,次のような,まさに世界中で繰り返されているようなシーンも.応援のクリック歓迎

DSC_0522.JPG「コアモールは分譲利益だけで1兆ウオンにもなります」

続きを読む


「総理のご意向がなければ突破できない」 [メディア・出版・アート]

1401577.gif6/18 2件追記 しました.
---------
DSC_0471-65.jpg文科省の「再調査」で「総理のご意向」文書が出て来ると,さっそく「総理のご意向がなければ突破できない」と正当化.テレビ東京,6/16のWBSでの,あまりに手回しのよい安倍擁護に感心したので,記録しておきます.(追記予定)応援のクリック歓迎

-------
コメンテーターはクレディ・スイス証券の市川眞一氏

大江:最近の安倍内閣の政権運営,どのようにご覧になっていますか?

市川:今回の国会の閉じ方,まだ閉じていませんけれども,見ているとちょっと雑な運営になっていると思います.それがまた,テロ等準備罪に関しても,無用の誤解を生んでしまっている可能性はあると思いますね.

大江:加計学園の問題はどうでしょう?

続きを読む


前の10件 | - メディア・出版・アート ブログトップ