So-net無料ブログ作成

辺野古埋め立て,工事進展は見せかけ?? [社会]

akahata180616yamashiro-t.jpg昨日(6月16日)のしんぶん赤旗に,「辺野古,工事進展見せかけ」というタイトルで,高知での山城博治・沖縄県平和運動センター議長の講演での発言を報じている.山城氏は,「秋の県知事選で翁長雄志氏が再選すれば,工事は止まる」とも述べたとのこと.しかし,下に引用した沖縄タイムスの写真のように,護岸工事が進み,埋め立て海域を囲む構造物も出来ており,しかも8月にはここに土砂を投入すると言われているのに,「見せかけ」とはあまりに現実から目を背けるものではないか.

仲宗根勇氏らが再三指摘するように,知事が約束したにも関わらず未だに実行しない「辺野古埋め立て承認撤回」こそ迫るべきではないのか.なぜ知事選まで待たなければならないのか.
仲宗根勇氏のFacebook:辺野古埋め立て承認撤回を求める5度目のうるま市「島ぐるみ会議」・知事要請行動報告(6/15)
https://www.facebook.com/isamu.nakasone.77/posts/2056123067969883

辺野古新基地:伸びる「K4」護岸 響く「工事やめて」の声(6/8)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/264316?ph=1
辺野古新基地:土砂投入前に工事中止命令、沖縄県が検討 軟弱地盤対応理由に(6/16)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/268182?ph=1
img_65f2f9d8df2021a15634455f1ba5739b52586.jpgimg_bc7aab28cf794bcacad08a364a0909bc253678.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

再び「体制保証」について [社会]

trump-kim-sign-18.jpgまさしく歴史的な米朝サミットが開かれ,共同宣言が発表された.英文がいくつもの海外ニュースサイトに出ている.わずか399語,文字数で2000字余りの短いものだ.
Channel NewsAsiaABC NEWS
日本のメディアは「体制保証」と「完全な非核化」との取引のような言い方をしているが,その部分を見てみよう.
President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.
「体制保証」に当たると思われるのは"security guarantees"であり,正確に訳すれば「安全保障」であるが,もちろん「日米安保」のような意味,つまり北朝鮮を他国からの脅威から守ると言うような意味ではあり得ない.「他国の脅威」とはアメリカ自身が及ぼす脅威に他ならず,要するに「戦争を仕掛けない」と言っているに過ぎない.約2週間前の記事「『体制保証』の言葉は意味を理解して使われているのか?」に書いたように,主権国家の不可侵は国際法の大原則であって,そもそも交渉のテーマであるはずがない.

またメディアは,北朝鮮の非核化は言うが,アメリカの非核化については全くひとことも言わない.まさに「俺は持つきみは捨てろよ核兵器」である.

ともあれ,キム・ジョンウンとトランプが直接会って平和のステップを踏み出したことは素晴らしいことで,この2人と,関係者の努力を称賛したい.
------
1401577.gif6/13追記:13日の毎日では「安全の保証を提供」という妥当な訳で報じていました.
コメント(0) 

若者の政治意識と運動圏の責任 [社会]

DSC_2510.JPGある政治学の先生から,学生には「合法的に権力を持った人間が物事を決めるのは当然」との論理だけが民主主義であるかのような貧弱な理解があるという話を聞いた.おそらく,20〜30代の若者の政治システムの理解は(その世代に限らず相当一般的と思うが),民主主義とは選挙が全てであって,それによって選ばれた者が統治しているのだから「文句を言ってもしようがない」という考えで,しかも「それが全て」と推測される.デモやストライキなどによる民衆の圧力で方向を変えさせるというのは,おそらく「邪道」と見なすのだろう.つまり,大衆のデモで政権を変えた韓国の「ロウソク革命」は,「めんどくさい後進国的なやり方」というように思っているのではないか.(右の写真は大学封鎖をするフランスの学生.フランス2で5月14日放送.NHK衛星15日)

続きを読む


コメント(2) 

フランス国鉄のストのニュース,4,5月にかけて3日分 [社会]

SANY0097.jpgフランスのテレビ「フランス2」が伝える国鉄のストのニュースはこれまで2度取り上げましたが,依然として続行中で,同テレビはほとんど毎日伝えています.NHKの衛星が朝レピートするだけで,通常のニュース番組ではほとんど伝えられません.そこで録りためた中から3日分まとめてアップロードしました.マクロンの「改革」なるものは,遅れて来たサッチャリズムという印象です.(右は4/24のパリのデモの様子.クリックで拡大)

折から日本でも「高プロ」制度と称する労働法改悪問題が起こっていますが,これは全労働者に関係することなので,どの組合でもストも含む戦いを組織する意味があり,労働者・国民から広く共感を得られるはずです.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

再生可能エネルギーの増大を伝える5月2日の報道ステーション [社会]

NHKのあさイチが3月5日に「原発が再生可能エネルギーの増大を妨害している」ということをわかりやすく伝えたが(3/7の記事参照),5月2日の報道ステーションも,九州での再生可能エネルギーの急速増大を伝えたが,原発との関連は無視してしまった.
次で番組動画が見られます.気になることを動画で伝える,または,dailymotion
1.0.jpg1.5.jpg

太陽光発電の割合がピークで8割,日平均で13〜18%.

2.5.jpg

続きを読む


コメント(0) 

フランス国鉄スト - 4月9日のフランス2 [社会]

NHK衛星がレピートするFrance2のニュースは、ほとんど連日フランス国鉄ストを報じています。少し古いですが4月10日朝放映分です。


次はオリジナルのフランス語音声。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

小学校の入学式に出席 [社会]

nyugakushiki.jpg抵抗の甲斐もなく,地域の自治会の会長になってしまったため,校区の小学校の入学式に「来賓」として出席することになりました.「少子化」の例にもれず新1年生の人数は2クラスになるには程遠く,むしろ来賓の数がそれに並ぶほどでした.

大人の人たちの挨拶は,残念ながら型通り,決まり文句のような話ばかりでしたが,迎える6年生の「学校紹介」の集団パフォーマンスはとても微笑ましいものでした.新入生がいろいろ困った状況で上級生がガイドする,サポートするという寸劇.そして最後はこの小学校の「目玉」であるけん玉の集団演技.百発百中とはいかないまでも,難しい技をわりとよく決めていました.

お決まりの「日の丸・君が代」斉唱もプログラムのはじめの方にあります.この国家主義的,天皇主義的な歌は気に入らないし,公的パワハラによる事実上の強制ということでもあるので,「起立・斉唱」に加わることは出来ません.来賓席2列目で目立たないと思っていましたが,偶然まん前の席が空席だったため,対面の教師席はじめ,(望むところながら)かなりの範囲で見えたでしょう.この,入学式,卒業式の「日の丸・君が代」強制問題については,このブログでも繰り返し取り上げましたが(下記参照),まさか自分に「不起立」実行の機会があろうとは想像しませんでした.

最後の「校歌斉唱」では,来賓には起立は求められませんでしたが,自分の母校でもあり,座ったままで歌いました.

「日の丸・君が代」強制問題に関する記事へのリンク集:
「卒業式・入学式シーズンを迎えて」
その中の「起立」する人の責任 — 臆病の先物買いと勇気の先物買い —
nice!(0)  コメント(0) 

80万人と8千人−「民主主義」の定義の違い [社会]

銃規制を求めて24日にワシントンで80万,全米で100万のデモが行われたと,今日(26日)の新聞(毎日,赤旗)が報じています.他方,日本では公文書改ざん問題,安倍内閣総辞職で東京・新宿で8千人の集会(この件は毎日には全ページに1行もなし).問題の重大さに大きな差異はないのに行動を起こす市民に2桁の開きがあることは,やはり深刻に受け止めざるを得ません.どうしても「なぜか」と考えてしまいます.
mainichi180326top70.jpg akahata180326top-t.jpg
集会やデモの規模もそうですが,日本の市民が政治的に無関心の傾向が強いということは,街頭で原発問題や政治問題でのビラ配りや署名活動をしていてもはっきり感じられます.ビラを受け取らないだけでなく,「自分には関係ない」というような雰囲気,あるいは,「どこからか金をもらっている特別な集団」とでも思われているかのような・・・.(念のために付記しますが,私が関わる政治に関わる活動では,もちろんそのような例はありません.)

「なぜか」を考えるのはその対策を考えるためですが,とりあえず思いつくのは次のようなことです.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

国際女性デー,スペインでは「女性ストライキ」 [社会]

国際女性デーの8日,スペインでは500万人以上が参加する「女性ストライキ」が行われました.組合ではなく,「女性」のストです.実際に交通が止まったり,女性記者のストで記事が出なかったりと,混乱とマヒが起こったようです.
 →AFPの報道
NHKが3月9日朝にリレーしたFrance2のニュースです.日本語音声.(下にオリジナル音声)


次はオリジナル音声(フランス語)です.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「神事」を扱うコミュニティーにおける個人の良心−貴乃花親方の場合 [社会]

(昨日のFB投稿を,少し補筆してブログに格上げします.1401577.gif追記2件)
takanohana.jpg2月7日夕方のテレビ朝日の緊急特番「貴乃花親方 すべてを語る」をほぼ全部見た.スポニチによると,視聴率13.6%だったとのことである.(右の写真をクリック) [1401577.gif2/12追記:全録画が公開されています.]

貴乃花親方がメディアに対して沈黙を貫いていた時,彼は理事会に何通もの意見書などを提出していたことが明らかにされた.そして彼と貴ノ岩に対する,協会とメディアによる印象操作という実態が暴露された.

もちろん貴乃花の側の主張を一方的に取り上げているので,協会などの反論も待たなければならないだろうが,証拠と論理性・一貫性のある証言は,とても説得力があると思った.(むしろ協会の側の言い分はこれまですでに一方的かつ過剰に報道されたと言っていいのかも知れない.)

この一件は,単に相撲協会の内部の話題に止まらず,大きく言えば「組織における個人の良心」という規範問題にかかわってきて,「長いものには巻かれろ」「出る杭は打たれる」に代表されるこの国の精神風土までも揺さぶりそうな気配を感じる.その意味で元文科事務次官・前川喜平氏の告発行動と似ているが,今回の件は「現役」の組織人であるという点が大きく違う.また,番組視聴率が示すように,幅広い市井の人々の注目の中で繰り広げられたドラマという点でも,インパクトには格段の差があるだろう.

理事選で2票しか取れなかったことを聞かれても,その事実を淡々と受け止めていて,理事だからどうということはない,「自分は親方だから」と自らの力に自信を示した.

大学の教授会に引き写せば,執行部と違う考えを持っていても「どうせ言っても無駄」などと,自分の臆病さ,怠惰さを「力関係」のせいにする「賢い」教授たちは,昨日のインタビュー番組を見て,貴乃花親方の今回の態度について思索を巡らせて見てはどうか?しかしこの件では事件を見逃し置いてきぼりを食っているのはむしろインテリ層かも知れないので,「切れている電線」をつなぐのはむしろ難しいのかも知れない.

ちなみに,インタビューの中で貴乃花親方は「神事」という言葉を使った.相撲はスポーツではなくやはり「神事」らしい.
4.jpg
(YouTubeから)
------------
1401577.gif2/15追記:上記の件とは直接は関係しませんが、貴乃花親方に対しては、次のような批判的報道(見解?)もあります。
理事選に敗れた貴乃花親方が弟子を引き連れ“豆まき”した場所は、あのオカルト新興宗教団体だった!(2月4日「リテラ」記事)
1401577.gif3/1追記:続報 貴乃花親方「すべてを語る」で、それでも触れられなかった相撲協会の闇=山岡俊介
nice!(0)  コメント(7)