So-net無料ブログ作成

あいかわらず「総括」のない国会闘争 [社会]

tamura_in_kurume.jpg共謀罪が参院を通過して間もない6月24日,久留米市で共産党の田村貴昭議員による国会報告会が開かれた.大きなホールではなかったが,会場は参加者でぎっしり.当日の様子を簡単にまとめた赤旗の記事が田村議員のウェブサイトに転載されている.
http://tamura-takaaki.com/diary/6776/
応援のクリック歓迎

熱のこもった報告に参加者は聞き入ったが,何と言っても共謀罪を通してしまったのは大きな後退だ.それに対する深刻さが感じられないだけでなく,これに対する「総括」,つまりなぜ阻止できなかったのか,運動に何が欠けていたのかという話が全くなかった.

そこで「共謀罪を通してしまったのは大きな敗北だ.どう総括しているか」と質問した.「もし議席数で無理だったというなら,国会前のデモや集会は何の意味があるかと言うことになる」とも付け加えた.

これに対して田村氏は,「敗北とは思っていない」として,内閣支持率急落などを挙げた.これには驚いて再質問.録音したわけではないので一言一句正確というわけではないが,次のようなことを言った,ないし,言いたかった.

「共謀罪を通すか通さないかの点では敗北は明らかだ.敗北でないというのなら何のために多くの人が必至で頑張ったのか分からない.牛歩もしなかったのはなぜか.表現すべきものは,意見や情報だけではない.決意や本気度も表現の対象でなければならない.牛歩で止められないとしても,ことの重大さを国民に分かってもらうために必要だったはずだ」.田村氏は「引き取って,中央でも検討させてもらう」と返した.

質疑は田村氏と私とのこのやりとりだけだった.「敗北とは思っていない」という驚くべき回答に,フロアから他に何ら表立った反応がなかったことにも驚く.しかし散会して出口に向かうとき,知り合いに「よく言ってくれた」と肩をたたかれた.

出口の廊下には田村氏が待っていて参加者と握手をしていたが,私の番になり「まだ言いたいことは10ぐらいあった」と言う.田村氏からもフレンドリーな応答があったが,個人的なやり取りをここに書くのはふさわしくないだろう(と言っても大したやりとりではないが.)

結局は,「戦争法,どうすれば阻止できたのか」という雑誌寄稿の短文に書いたように,共産党の執行部としては,「結局は議席数の問題」という受け止め方ではないかと思われる.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2016-04-22-1

このような,いわば議会至上主義のような考え方では,韓国の「キャンドル革命」も理解できないだろうし,沖縄で展開されている非暴力の直接行動も理解できないだろう.

関連記事:
勝利するための最低条件は?
共産党執行部は敗走を「転進」と呼んだ旧軍部に似る

国会正常化は審議拒否から [社会]

必須の証人喚問も,資料提出もせず,また,委員会での大臣答弁を安倍首相が抑止までしてもっぱら官僚に答弁させるなど(官僚主導),国会はデタラメ状態.これに出席するのは国会破壊行為への加担.
証人喚問,資料提出までは
一切の審議に応じないことが,国会正常化に不可欠のステップだ.「審議」に加わることは偽装審議に加担することだ.応援のクリック歓迎
n-secbills-a-20150917.jpgもし野党が国会を止めないならば,市民が国会(=地下でつながる議員会館)を封鎖して止めるべきだ.(写真は戦争法国会の時の,横浜公聴会会場前の道路封鎖---ジャパンタイムズの記事から).
関連記事:地方公聴会での「横浜ゲート」は市民運動の歴史を作った
1401577.gif「理不尽な審議拒否をしているのは自民党政府」.なるほど.
--------
1401577.gif追記(2017/6/21):後日の関連ツイッター 「とにかく,やってしまうこと」
tonikakuyatteshimau.jpg

「司法改革」の最重要アジェンダは? [社会]

1401577.gif5/27追記:「内閣人事局」が設置され大量の政府幹部人事が官邸に一元支配されることになり,これが安倍の専制支配を可能にしていると言われます.司法では同様のことが,こちらは長年にわたって続いているのですから,その悪弊は桁違いと言えるかも知れません.
-------
「司法改革」の名の下に裁判員制度が出来て,一般国民に,裁判のなかでも最も心理的・精神的負担の大きい事件が押し付けられることになりました.憲法が禁止する「苦役」に相当するとの意見もあります.これに日弁連は加担しました.しかし,そんなことが「司法改革」の重要アジェンダだったのでしょうか?(関連記事「裁判員制度ーーこんなひどいものとは」

昨日の「現代ビジネス」の記事に,「原発を止めると左遷…エリート裁判官たちが抱える『大苦悩』 裁判官の世界はこうなっている」と題する記事が掲載されています.その中に,「最高裁事務総局は、全国の裁判所を運営する規則を定め、裁判官の人事を差配するなど、組織の中枢部門である」とあります.このように,裁判官の異動の権限が,その名からして事務機構に握られているという事態こそが,この国の司法制度の最大のガンではないでしょうか.応援のクリック歓迎

「週刊現代」が1年前にこの問題を取り上げ,これを私のフェイスブックに転載しました*.
https://www.facebook.com/kouichi.toyoshima/posts/812273165545101
記事コピーにはこちらから直行できます.
http://ad9.org/uploads/docs/wklygendai/

クビにするというわけではないので,憲法第78条の【裁判官の身分の保障】に直接違反するわけではないでしょうが,左遷,栄転が透明性なく行われるというのでは「裁判官の独立」は絵に描いた餅でしょう.人事制度の妥当性,透明性の検証は不可欠です.

自由法曹団のサイトにはそのようなアジェンダは見られません.一体どうなっているのでしょうか?(恐らく日弁連のサイトにも)
------
* ちなみに,フェイスブックの本人の過去記事の検索は,上のバーの右端の逆三角をクリック,「アクティビティログ」で出来ます.

山尾しおり議員の金田・法務大臣への不信任演説 [社会]

話題の大演説,このブログにもミラーリングします.【全43分】 5/18 衆院・本会議応援のクリック歓迎

こちらにも.書き起こしあり.
https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/1658290254211105/?fref=mentions

それぞれが今の自分の位置から10センチ左へ [社会]

これだけ問題がある共謀罪法案のことをメディアが全くと言っていいほど取り上げない.新聞やテレビが,そして記者たちがもし問題がないと考えるのであれば,沈黙ではなく「野党や法律家の指摘は当たらない」と陽にコメントすべきだろう.しかし(読売,産経は知らないが)そのようなコメントは聞いたことがない.ということは,記者たちに判断する力がないのか,分析する努力を怠っているのか.それとも,政権からの圧力をそれこそ「忖度」しているのか,だとすればそれほどに安倍が怖いということだろうか.怖いとすれば「なぜ」,「どのように」怖いのだろうか.是非とも知りたい.応援のクリック歓迎

続きを読む


日本の原発の安全基準は欧米の周回遅れ,佐賀県議が見るべき3年前の報道ステーション番組 [社会]

今日の佐賀県議会は玄海原発の再稼働容認を議決するとされていますが,その前提の一つとされてきたのが「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合」している,というものです.これが全くの虚言であることを,3年前の報道ステーションが暴露しています.議決に望む県議の皆さんはこの番組を見られることを希望します.
2014年7月25日の報道ステーション


関連記事1:「県民説明会」佐賀会場の様子
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2017-02-28
関連記事2:福岡核問題研究会有志で二月に「再版」した文章「繰り返される虚言『新規制基準は世界で最も厳しい水準』 ー国際原子力機関の「深層防護」からも逸脱ー
http://jsafukuoka.web.fc2.com/.../reso.../seimei20170224.pdf

日本の市民運動に欠けているもの [社会]

高江や辺野古で果敢な座り込みが行われている沖縄を除いて,日本の市民運動に欠けているものとしては「直接行動」を挙げるべきだろう.これだけひどいスキャンダルにまみれた内閣がまだ続いている.これだけひどい被害を経験させられた原発が次々に稼働しようとしている.これを許している(おそらく)最大の要因は人々の無力感だろう.それは「どうせ・・・」で始まる言葉で表現される.「エンパワーメント」の逆の状態である.

ポスト・デモクラシーの現在,民主主義を取り戻す,または補完する手段としての「非暴力直接行動」が世界で効果をあげているが,ひとり日本ではこの行動形態が未だに「過激」と見なされているようだ.

民衆の運動を報道しない,あるいは過小にしか報道しないメディアを,公器として市民に取り戻すためには,それを伝えざるを得ないような状況を市民が作らなければならない.
応援のクリック歓迎

台湾では大通りを市民が占拠することによって政府を脱原発に変えた.韓国でも同様の市民の行動が大統領を辞めさせた(少なくとも何れも大規模な「道交法違反」).直接行動は何らかの「目に見える」効果を実感することが出来る.それは人々をエンパワーする.それによって参加者が増える(行為によるプロパガンダ).かたまりの大きさがある程度以上になると連鎖反応の臨界に達するウランと同様,デモも参加者の数がある臨界点を超えると,急速に拡大する.そのトリガーとなるものの一つは直接行動だろう.

市民グループはこの行動の選択肢を今こそ検討すべきだと思う.一昨年の戦争法阻止行動では,国会前で一人でトライしたが失敗した.大きな組織ほど責任も大きいと思う.
----------
この記事は「村野瀬玲奈の秘書課広報室」の記事「日本国民が安倍首相を辞任させることができるか、海外メディアは見ている。日本国民が安倍首相を辞任させることができないなら、最大の恥であり、日本人の隷従の証明となる。」に触発されて書いたものです.
参考:市民運動における非暴力直接行動—佐賀と大飯原発

今日の「ゆうがたサテライト」,菅野完講演2件 [社会]

1401577.gif末尾に掲載 の社会新報の写真が違っていました.差し替えました.
----------
今日の(28日)のテレ東ゆうがたサテライトは,去年7月の小学校建設時点の絶頂期の籠池氏をとらえています.応援のクリック歓迎 中学の構想まで語っています.
yusate1.jpg

直前までこの土地に住んでいた人(もと豊中市議会議員)がこの建設工事の違法性,不当性を指摘.

続きを読む


山城博治保釈報道,どちらが一般紙でどちらが左翼紙? [社会]

akahata170319t.gif mainichi170319.jpg                                           高江ヘリパッド阻止行動で逮捕,長期勾留されていた山城博治氏が昨日ようやく保釈されました.
応援のクリック歓迎
今朝の報道.一体どちらが一般紙でどちらが左翼紙でしょうか?
なんと,16行のベタ記事が「しんぶん赤旗」,写真入りが毎日です.赤旗の冷淡さに驚きます.現地や全国で山城氏を支援した共産党員や党支持者は多数いると思いますが,残念ながら代々木のオフィスにいる人たちには,抵抗権や市民的不服従ということへの理解がほとんどないようです.(1401577.gif以下7/19追記)これらの人たちに対しては,いちど辺野古や高江での座り込み・ごぼう抜き(ごぼう抜かれ)の研修を実施していただきたい.基地被害防止ボランティア研修プログラム」を提案します.(追記終わり)

社民党の機関紙「社会新報」は山城氏の長期勾留の問題を大きく取り上げていました.(下の写真)
一昨日,3/17の初公判の様子は元判事の仲宗根勇氏がフェイスブックに詳しく報告されています.
これはPeace Philosophy Centreのブログにも転載されています.
追記:山城博治氏の釈放を求める刑事法研究者の緊急声明
1401577.gifさらに下に追記あり(2017年7月)
shakaishinpo170308.jpg
1401577.gif7/12追記:このような不当な弾圧が繰り返されないよう,沖縄県公安委員会は県警を適切に「管理」すべきで,もしその職責を委員会が怠るなら(現状はまさにそれ),知事は公安委員会を「所轄」することによる権限と,委員の任免権を行使すべきです.
県警をめぐる支配・被支配と人事権の相関図
関連記事一覧:県警と県(自治体)の関係についての法律論議一覧
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2015-10-30

"アッキード事件",市民の出番だ [社会]

mainichi170301p5.jpg森友学園疑惑,ようやく名前が決まったようですね."アッキード事件",総理大臣が逮捕された「ロッキード事件」に安倍昭恵夫人の「アッキー」の合成.ロッキード事件なみの展開を期待する気持ちも込められていますね.
応援のクリック歓迎
しかし27日のマスコミ幹部の餌付け(?)の効果か,メディアは終息モードに入りつつある気配も感じられます.今日の毎日の紙面は安倍首相の弁解が見出しになっています.ただ,別のページでは追及も見られます.

mainichi170301p31.jpg幹部の意向にも関わらず頑張っている記者も多数いることでしょう.さきほど新聞代集金の人とこの話題になり,「政治家の口利きなしにあんなことが出来るわけがない」ということで意見が一致しました.

メディアの人たちにも頑張ってもらわないといけませんが,同時に,もはや「市民の出番」です.韓国で市民がパク・クネ大統領を職務停止に追い込んだように,東京で,そして各地で安倍辞職を求める大規模デモが組織されなければなりません.

「しんぶん赤旗」はトップページで大きく扱っています.社会面にも詳報があります.

続きを読む