So-net無料ブログ作成
検索選択

基地被害防止ボランティア [社会]

[その1,その2その3その4]
昨日まで3日間,高江N1ゲートの座り込みに参加しました.月曜は人数が多かったせいかダンプ搬入はなし.火曜は「倍返し」かのように,私も含め座り込みの人たちを「ごぼう抜き」して,108台ものダンプが入りました.ここまでは前の記事「那覇での科学者会議シンポ,高江のようす」からリンクしたFB記事に写真があります.
応援のクリック歓迎

昨日はオスプレイが墜落し,その対応で機動隊が不足するのか,ゲートには来ず,そのためダンプ搬入も阻止されました.宿舎から来る途上が墜落現場に再近接する国道で,直後の写真を撮ることができました.墜落ではなく不時着とのお達しです.不時着なら不時着でいいのですが,不時着で機体がバラバラになるような飛行機というのは恐らく他に例がなく,よほど弱々しい機体なのでしょう.
DSC_9587h.jpg DSC_9591h.jpg

海岸で上の写真を撮っていたら交通警官が二人降りて来て,「見えますか?あそこに落ちたのですか?」と訊いて来ます.彼らにも全く情報がないようです.「警察はドローンは持ってないのですか?」と逆に聞くと,怪訝な表情.

8時過ぎにゲート前に到着すると,すでに多くの人が集まっていました.機動隊がいないので今日は搬入なしだろうということで,代わるがわるスピーチ.私も3日連続でしゃべらせてもらいました.
中でもハイライトはやはり元判事,仲宗根勇氏の30分を超える熱弁.中心は,最高裁で沖縄県の敗訴が確定しても判決は違法確認のみで工事再開に直結しないということ.詳しくは,本人も自分で紹介した前日の沖縄タイムスのインタビュー記事にあるようです.
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/75474
録音しましたが,ネット公開は控えますが,プライベートに提供はできます.確かな法律論というだけでなく,とてもユーモラスな部分もあるので,勇気が出ます.次の左がスピーチする仲宗根氏,右は,途中での,専門家の指導による狭いところで出来る体操をする参加者.
DSC_9603tc.jpg DSC_9600q.jpg

仲宗根氏は始めの方で,仕事をしない沖縄県公安委員メンバーの責任と,知事は彼らを罷免できる,その権限を行使すべきだとも述べました.このことは最初の日に私がスピーチで述べ,仲宗根氏もうなずいておられたように見えたので,これに反応してもらえたのかも知れません.この件については,当ブログの関連記事をご覧下さい.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2015-10-30

続きを読む


報道ステーションが「日米合同委員会」を取り上げる [社会]

優れた報道だと思います.高レベルの官僚を通じて米国の支配を受ける日本.

憲法を越える存在!?非公開の日米合同委員会20161... 投稿者 gomizeromirai

映画「シン・ゴジラ」で首相代理が口にしたアメリカの従属国状態をどうしたら離脱できるか?
とりあえず応援のクリックを

山本太郎議員による被ばく放置・強制政策追及 [社会]

2016.11.18 復興特委.応援のクリック歓迎

旧ソ連なみの基準すら守れないこの国の状況.これを追及する議員が一人しかいない状況.

やんばる高江 支援便利メモ [社会]

沖縄・やんばる高江のヘリパッド建設阻止行動の支援便利メモです.
平和の風メールリストの ni0615田島さんが作成されたものです.交通,宿泊,携行品など,これから高江に行かれる方のための情報があります.
1401577.gif12/19,引用者(ブロガー)が宿泊情報追加:ゲストハウス 海と風の宿が安く比較的便利です.
応援のクリック歓迎
http://ad9.org/blog/misc/takae-memo.htm
同じものを,以下にも貼付けます.(テキスト)

続きを読む


市民グループでの意思決定 [社会]

市民グループでの意思決定の方法について,参考になるかもしれない文書を「再発見」したので記録しておきます.イギリスの核廃絶運動グループで,非暴力直接行動にもコミットする「トライデント・プラウシェアズ」 (注)のハンドブック日本語版です.2章26ページから「合意による意思決定」「合意による意思決定を使うべきでない場合」「拒否/妨害の代替手段」という項目があります.(2章pdf
応援のクリック歓迎
以下,その部分のテキスト版です.(関連項目:非暴力の指針

続きを読む


TPP,今日の焦点は北海道と宮崎の地方公聴会ではないのか [社会]

rf-nitteigoui.gifTPPが瀬戸際だというのにピントがボケている.今日26日の赤旗も国会前座り込みがメインで,今日の公聴会のことはわずか3行のみ(右の写真).この公聴会に大勢の怒りをぶつけることこそ最大の意思表示であり,ニュースにもなりうる.強行採決を口にする大臣が居座ったままでの地方公聴会は,その前提を作るセレモニーと見なすべきだ*.
一般紙(毎日)はさらにひどい.来月1日までに衆院通過すれば参院がどうでも「自然成立」するという,まさに瀬戸際なのに,豆記事(下の写真 参照).
北海道と宮崎の地方公聴会の場所を知っている人は,ぜひネットで拡散してほしい.
応援のクリック歓迎

* 公聴会,その場で批判して問題点を明らかにする,という効果より,採決のお膳立ての意味が決定的に大きい.つまり野党は参加すべきではなかったし,市民は阻止する権利があると思う.大臣自身の口から出たように,強行採決が暗黙の前提となっているからだ.野党はそれを知りながら「気付かないふり」をするのは許されない.安保法の時の横浜公聴会は終わった後の道路占拠だったが,事前でないと阻止できない.→10月21日のNHK報道

以下,今日の毎日と赤旗から.

続きを読む


多数派は「保守派」ではなく「アパシー派」 [社会]

DSC_9159ht.jpg衆院福岡6区補選は新井当選ならず残念な結果になった.敗因をしっかり分析して次に備える必要がある.(写真は新井ポスターのある筆者自宅の”ストリートビュー”)応援のクリック歓迎

今のところで思いつくことをランダムに並べてみる.(追記途中.赤い文字の部分です.)

1)投票率が5割を切っており,投票に来ない「アパシー派」の対策が最大の問題.(無関心派のことだが,強調,注意を引くようカタカナ使用).もちろんこのことはすでに多くの人が指摘している.実は,今回の選挙では事情により投票の立会人を委嘱され,13時間にわたって,期日前投票者以外の全部の投票者を見守った.彼ら/彼女らのほとんどが中高年で,たしかに高齢者の多い地域ではあるが,はるかにその率を超えているように思われる.特に20代前後は極端に少ない.
この最大の原因は中学・高校での政治教育の不在ないし貧困によるだろう.またメディアも,政治をショウ,見せ物として扱い,自分たちが関わるべきものという提示の仕方をしない.例えば,どのような問題でも集会・デモ,署名運動などを扱うことは極端に少ない.このため「政治」という分野も,医療や教育,建築などと同じように「専門家」の仕事だと思っている人が多いのではないか.一般人はせいぜいそれに注文を付けるだけだと.このような状況をどう変えて行くかが大きな課題だ.
追記:「政治参加」を「一票」だけに局限する心理操作が明らかに行われている.その強度の違いはあれ,不断の「政治生活」なしには,意識的な「一票」を投ずることも難しい.

2)自民系に投票する人の意識,心理を「理解」する必要がある.(当ブログは反自民であり左翼ブログ).TPPの公約違反や,年金運用での大損失,「アベノミクス」破綻など数々の失政にも関わらず,なぜ「知名度」偏重や「組織票」という投票行動が起きるのか,系統的に分析し理解することが大事だろう.このような目的での世論調査・心理調査なども必要だ.それを踏まえて初めて,これらの人々に通じるかも知れない言葉を見つけられる.

3)若者ほど情報源はネットの比重が大きいだろう.そのネットも,例えばブログランキングがアルバイターなどで操作されるなど,「ネトウヨ」系の情報に接する確率が人工的に高められていると想像される.これをどうするかが大きな課題だ.井上伸氏が指摘する,労組など伝統的組織のネット発信がなさ過ぎることの改善は急務.
https://www.facebook.com/shin.inoue.18/posts/1204208422985872

(続き)
4)活動家も含め市民活動の全スペクトルをアクティブな方向へシフトさせる
政治的にある程度活動的な人々は,「アパシー派」を政治的にアクティブにすることだけを重要と考えるかも知れないが,アクティブ化はすべての人々,政治的に不活性な人から活性な人までのすべての部分で必要だと思う.というのは,活動家の中にもまだ「不服従」の概念はほとんど浸透しておらず,形式的に「違法」なことを実行することは間違い,「過激」という見方が圧倒的と思うからだ.
「法」には上下関係があり,上位の法と下位の法や命令とが矛盾するとき,必要であれば下位の法を破ることが真に「法を守る」ということだ(違法性の阻却).さらに上位には普遍的な道徳規範がある.
この場合逮捕の可能性があるが,これは一般の人に対して否定的な印象を与えるというばかりではない.当ブログで繰り返し説明している「行為によるプロパガンダ」として,強い説得力を持つ場合もある.メディアも取り上げざるを得ない.
つまり,現在,活動家である人たちも,「不服従」の概念を理解してより活動的になることで,社会全体の政治的活性度を高めることに大いに貢献できる.

5)マルチチュード・メディアの拡大
これも当ブログで繰り返し主張している.また,多くの活動分野,特に脱原発運動において現在では幅広く行われている.欠けているのが選挙の時期の落選運動と通常期の政治宣伝だろう.
最終更新10/25

野党共闘選挙フェス 新井ふみ子衆議院候補 [社会]


応援のクリック歓迎
走れ、新井ふみ子!市民の声を国会へ! 野党共闘選挙フェス 新井ふみ子衆議院候補決意表明 2016/10/19@西鉄久留米駅西口
市民による演説に引き続き、新井ふみ子衆議院議員候補による決意表明です。熱い市民からのメッセージを聞いた後、その言葉は、いつもと何かが違う、、、何かが、、、
#新井ふみ子 #衆議院補欠選挙 #補選 #福岡6区 #6区

久留米に野党代表4名が揃い踏み,19日18時 [社会]

本日19日(水)午後6時,西鉄久留米駅 西口 (5時30分から市民のリレートーク)
応援のクリック歓迎
img606.jpg