So-net無料ブログ作成
仕事とその周辺 ブログトップ
前の10件 | -

退職金裁判高裁判決(敗訴) [仕事とその周辺]

先週金曜(11月10日)に,福岡高裁で退職金裁判の判決がありました.控訴棄却,つまり原告(控訴人)敗訴の結果でした.判決は,まず結論ありきというような内容で,全39ページのうち,裁判所の考えを述べた部分は5ページにも満たず,それも単に被告(被控訴人=大学)の言い分を単になぞるような,お粗末なものでした.
次に原本のままのイメージpdfと,html化したものを公開します.
http://ad9.org/pegasus/UniversityIssues/taishokukinsaiban/appeal/kousaihanketsu-msk.pdf
http://ad9.org/pegasus/UniversityIssues/taishokukinsaiban/appeal/fhcj.htm

不当な判決なので,当然上告したいところですが,他の考慮要素もあり,検討中です.

関連記事:退職金裁判1審判決1審判決について控訴理由書控訴審書面控訴審書面 その2

以下は判決文の目次です.

 (マル囲み数字は文字化けを起こすため,「マル1」,「マル2」等と標記)
目次(カッコ内は原文の頁)
主文 (1)
事実及び理由 (1)
第1 控訴の趣旨 (1)
第2 事案の概要 (2)
 1 前提事実 (2)
 2 関係法令の定め等 (6)
 3 争点及び争点に関する当事者の主張 (9)
 (1) 争点マル1(本件退職手当規程の改正が就業規則の不利益変更として合理性を有するか。)について (9)
  (被控訴人の主張) (9)
  (控訴人らの主張) (16)
 (2)争点マル2(被控訴人が本件退職手当規程の改正を労働者に周知させたか。)について (22)
  (被控訴人の主張) (22)
  (控訴人らの主張) (23)
第3 当裁判所の判断 (23)
 1 認定事実 (23)
 2 争点マル1(本件退職手当規程の改正が従業規則の不利益変更として合理性を有するか。)について (34)
 3 争点マル2(被控訴人が本件退職手当規程の改正を労働者に周知させたか。)について (38)
 4 その他 (38)
第4 結論 (39)
nice!(0)  コメント(0) 

大学設置分科会委員の個人責任 [仕事とその周辺]

文科省のサイトに今月10日付けて,加計学園獣医学部を認可した答申を含む記事が掲示されている.
平成30年度開設予定の大学の学部の設置等に係る答申について

これを実質審議した「大学設置分科会」の会議がいつ開かれたのかを電話で直接問い合わせたが,まだ公表していない,とのことだった(なぜ公表できないのか異様).

これだけ問題の多い学部の設置がなぜ可とされたのか,どのような議論がされたのか,いずれ議事録の公表が待たれるが,それを待たず,委員個人はそれぞれの責任を明確にすべきだろう(末尾文科省サイトにある名簿を転載.1401577.gif13時21分追記:NHK報道によると「実質的に審査したのは文部科学省の大学設置審議会の専門委員会」とある.そこでこの委員会の名簿を文科省に尋ねたところ「準備中.近く公表」とのこと.しかしその「親委員会」はやはり上記の「大学設置分科会」とのことなので,このメンバーも責任がある.)
つまり,この案件について賛否何れの態度を取ったか明らかにすべきだ(説明責任).秘密にすべき理由などないはずだ.応援のクリック歓迎

メンバーには当然大学関係者も多く含まれるが,これまでの筆者の教授会での経験などから,きちんと採決を取らず,あいまいな「全会一致」で決めたのではないかと想像する.反対意見の者は「どうせ反対しても少数で,意味がなかった」と,投票を要求しなかった言い訳にするかも知れない.しかしそれは個人責任を曖昧にする,文字通り言い訳に過ぎない.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

退職金裁判,控訴審書面 その2 [仕事とその周辺]

続きです.原告準備書面(2),次いで被告準備書面(2)と続きます.
(後者は,画像データからの読み取りのため,誤字が残っているかも知れません.)
応援のクリック歓迎
紙の現物イメージ:原告準備書面(2)被告準備書面(2)

------
原告準備書面(2)
------

平成29年(ネ)第345号 退職手当請求控訴事件
控訴人  豊島耕一 外1名
被控訴人  国立大学法人佐賀大学

準 備 書 面 (2)

2017年(平成29年)9月8日
福岡高等裁判所第4民事部ト係 御中

控訴人ら訴訟代理人弁護士 東島浩幸
    同        桑原 健
    同        梶原恒夫
    同        八木大和

第1 はじめに
 本件訴訟においては、被控訴人が、退職手当規程を一方的に不利益に変更したことについて、「高度の必要性」あったかどうかが主要な争点になっている。そもそも、就業規則の不利益変更は、原則として労働者の合意がなければならい(労働契約法9条本文)。もっとも、その例外として、労働条件変更の必要性、変更後の規則の労働者への周知、就業規則変更後の不利益の程度、労使の交渉の経緯等、厳格な要件を満たす場合にのみ、合意なき変更がみとめられているにすぎない(同法9条ただし書き、同10条)。就業規則の一方的な不利益変更がこのような厳格な要件の下でのみ許容されるとする過去の最高裁判例及び労働契約法の法体系に鑑みれば、同法10条に定める要件を満たすことの主張と立証は、被控訴人において行われなければならない。

そして、本訴訟で争点とされている改正後通則法50条の10第3項の解釈及び考慮要素の検討については、本件退職手当規程の不利益変更について労働契約法10条の要件、すなわち「高度の必要性」を満たすか否かに関わるものであるから、被控訴人において合理的な主張と立証が求められている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

退職金裁判,控訴審書面 [仕事とその周辺]

9/20に控訴審の公判口頭弁論が開かれます.遅くなりましたが,控訴理由書以降の控訴人,被控訴人の書面を順次公開します.(以下,原告,被告と呼ぶこともあります.現在,原告書面2,被告書面2まで.)
どれだけ多くの人に注目してもらえるかは裁判官の判断に影響すると思いますので,法廷文書だけでは分かりにくいかと思いますが,ご支援(≈注視)をよろしくお願いします.
応援のクリック歓迎
(第一審の文書はこちら判決について控訴理由書)

まず,被告準備書面(1)です.次いで原告準備書面(1)と続きます.
紙の現物イメージ:被告準備書面(1)原告準備書面(1)

---------
平成29年(ネ)第345号 退職金請求控訴事件
控 訴 人 豊島 耕一 外1名
被控訴入 国立大学法人佐賀大学


被控訴人準備書面 (1)

平成29年7月10日

福岡高等裁判所 第4民事部ト係 御中

被控訴人訴訟代理人 弁 護 士 青山 隆徳
        同 弁 護 士 平山 泰士郎

続きを読む


コメント(0) 

映画会でのトーク [仕事とその周辺]

qbeq170730.jpg昨日(7/30),放射能市民測定室・九州(Qべク)主催の『内部被ばくを生き抜く』上映会があり,上映後のトークイベントに参加,鎌中ひとみ監督と対談しました.そのとき話題にした3つについて,説明資料などにリンクします.応援のクリック歓迎


nrn.jpg「集団線量」という概念の隠蔽について

「国民放射能近隣度」
  メモ(理系向き) 図は右の画像を
 クリック,2〜3ページ目です.

カリウム40とセシウム137の違い

退職金裁判,控訴理由書 [仕事とその周辺]

退職金裁判の件,明日(6月28日)午前11時に,福岡高裁で控訴審が開かれます.
控訴理由書も一月前に提出していたのですが,ブログへの転載が遅くなってしまいました.以下にpdfを,またこの記事でもhtmlで公開します.
http://ad9.org/pegasus/UniversityIssues/taishokukinsaiban/appeal/kousoriyuusho-taishokukin.pdf
長いので,要約を作る予定です.以下のhtmlは整形が不十分なので,あとで修正します.
応援のクリック歓迎
なお,法廷終了後近くで報告集会が開かれる予定です.
[他の法廷文書など]

目 次

続きを読む


政党演説会で4分の原発問題スピーチをしました [仕事とその周辺]

末尾 に演説会のあり方についてコメント.1401577.gif注2 で揚水発電所を含む全発電所データにリンク.
-----
昨日,佐賀で共産党の演説会があり,東京から穀田国対委員長が,国政選挙,地方選挙の候補者らが演説をしました.私は依頼されて原発問題のスピーチをしました.注文は3〜5分ということでしたが,4分30秒に収まりました.再生可能エネルギーの量と電力貯蔵能力,ウランの資源量など,すこし違った角度からの,あまり言われていない内容と思うので,アップロードすることにしました.こちらは自席に置いたレコーダーでの「自録り」です.
http://ad9.org/blog/mytalks/y2017/higashiyokabunkah170521.mp3

以下はその書き起こしです.応援のクリック歓迎

続きを読む


浪江町森林火災による大気中放射能の増加 [仕事とその周辺]

浪江町森林火災はまだ鎮火していないようだ.この影響によると見られる大気中放射能の増加を福島県が観測している.応援のクリック歓迎
afterfire.jpg
火災前に比べて約10に,8日は100倍に上昇していることが分かる.(縦軸の目盛りが一桁違うことに注意)
beforefire.jpg
(原子力規制庁の発表)
この火災前の濃度にしても,311以前に比べるとほぼ100倍の値である.集団線量はとてつもなく上昇している.
呼吸による内部被曝の評価は,ICRP-Publication72(1995年)が一応の基準となろう.
(上のグラフを書いたエクセルシートです.整っていませんが,再加工などにご利用下さい.)
 http://ad9.org/blog/nuclear/y2017/forestfire-fukushima.xlsx
-------
データの出典
福島県 http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/ps-kukan-monitoring.html
    http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/215419.pdf
原子力規制庁(火災前)
 http://radioactivity.nsr.go.jp/en/contents/12000/11281/24/222_20170424.pdf
参考(当ブログ記事)
    関東の大気中セシウムは1970年代のレベル
    大気中放射能濃度の測定は空間線量より1万倍も高感度

退職金裁判の判決について [仕事とその周辺]

「退職金裁判判決」の記事で,「数日内に批判をします」と書きながら3週間以上経ってしまいましたが,コメントしたいと思います.すでに控訴もしました.応援のクリック歓迎

下に「当裁判所の判断」の部分の要約を書きますが,長々しい判決文をスリム化すると,論理も何もない,床屋談義のレベルに過ぎないいい加減なものであることがクリアになります.批判するにも値しないほどのものです.

要するに,
1) 減額幅も国家公務員や他大学と同じ相場だから問題ない.
2) 国の要請に従わないと,被告(佐賀大学)は公務員バッシングにさらされ,国からも仕返しを受ける.
3) 財政的余裕があっても,退職金補填に使えば翌年度への目的積立金が減る.(「利益の発生を障害しようとするもの」!だそうです.
4) 通知から実施まで6日という,不利益回避の手段も取れないやりかたも,他大学と横並びの必要から(「歩調を合わせる必要があった」)やむを得ない.
というものです.
つまり,「みなさん我慢しているのだから,あなたも我慢しなさい」ということ.

1では,「不利益の程度」の判断に原告の年金額を引きあいに出すという意味不明.年金が被告(佐賀大学)からのものというのならともかく.地代収入や株の配当利益も影響する?(私にはないが)
2は公務員バッシング(もどき.公務員ではないので)を公認し,国の恣意的な予算操作を認めるという恐るべきものです.
3は,退職金への補填という特定の支出に限って「利益の発生を障害」するもの,という不思議な断定.
4は根拠不明の「横並び」の絶対視.

以下は「当裁判所の判断」の主要部分の要約です.
判決全文は,画像ファイルですがこちらを(始めの34ページ35ページ以降)ご覧下さい.以下の要約部分はこちらにテキスト化しています.

続きを読む


福岡核問題研究会有志が規制庁に審査請求(異議申立て) [仕事とその周辺]

(さよなら原発佐賀連絡所で既報ですが,こちらにも掲載します.)
応援のクリック歓迎
4月17日,福岡核問題研究会有志が,玄海原発再稼働の許可は不当だとして,規制庁に審査請求(異議申立て)をしました.11時から佐賀県庁で記者会見.NHKなど主要メディアが出席しました.
(NHK佐賀の報道: https://www.youtube.com/watch?v=Jl6zYv1Itlg )
理由は以下の項目です.各項目をクリックすると文書本文に行きます.
1401577.gif福岡核問題研究会の該当記事全文統合版が掲載されました.全文検索に便利です.
1401577.gif4/24 7番目の「原発等を破壊行為から・・・」を修正版に更新しました.
1401577.gif4/26 受理され,規制委員会のサイトに掲示されました.

原子力利用における国際的な基準から劣る原子力防災の有効性が全く検証されていない過酷事故時の水蒸気爆発リスク対策において瑕疵があるメルトスルー後の再臨界の可能性について検討していない通常運転時の健康被害について全く検討していない規制委員会の「審査書案に対する御意見への考え方」が答えになっていない原発等を破壊行為から守る対策の不備基準地震動の設定値の問題
presconf170417.jpg

-----------------
審査請求書
       2017(平成29)年4月17日
1. 審査請求人及び総代の氏名及び住所等
  別紙「審査請求人一覧表」及び「総代の選任届出書」を参照。
2. 審査請求に係る処分
  玄海原子力発電所の発電用原子炉の設置変更(3号及び4号発電用原子炉施設の変更)の許可処分
 (平成29年1月18日。原規規発第 1701182 号)
3. 審査請求に係る処分があったことを知った年月日
  2017(平成29)年1月18日
4. 審査請求の趣旨
 「2. 記載の処分を取り消す。」との決定を求める。
5. 審査請求の理由
 本件処分の審査基準及び審査内容に違法性・不当性がある。理由の詳細は別紙「資料」を参照。
6. 口頭意見陳述会の開催及び質問 希望する。質問内容の詳細は別紙「質問事項一覧表」を参照。
7. 執行停止の申立て
  執行停止を申立てる。
8. 処分庁の教示内容
 ・当該処分が不服申立てをすることができる処分であるか ⇒ できます。
 ・不服申立てをすべき行政庁 ⇒ 原子力規制委員会になります。
 ・不服申立てをすることができる期間 ⇒ 処分があることを知った日の翌日から起算して三月です。
前の10件 | - 仕事とその周辺 ブログトップ