So-net無料ブログ作成
検索選択

軍事研究問題の重要ポイントは「人間関係資本」 [仕事とその周辺]

mainichi170210editorial.gif学術会議の大西会長みずからが,同会議のこれまでの軍事研究全面否定の姿勢を変え,「防衛目的」ならOKという方向に変質させようとしている.内部で抵抗もあるが,予断を許さない危険な状況にあるのは間違いない.わざわざ「デュアル・ユース」というカタカナ英語を使うのは,軍事研究と基礎研究/民生向け研究との区別をあいまいにしようという意図が明白だ.

反対派の論拠として,軍関係機関から資金を得ると研究成果の公開性が制限される恐れがある,基礎研究であっても軍事に応用される恐れがある,ということなどが挙げられる.これらはもっともな懸念だが,最も根本的な問題は,研究者が軍の「人間関係資本」に組み込まれるということだろう.まさにこのことを問題にしたのが2月10日の毎日の社説だ.
応援のクリック歓迎

続きを読む


"The Cold War and American Science"の第3章 [仕事とその周辺]

cwas.jpgアメリカのトップ大学での軍事研究の歴史の記事で,"The Cold War and American Science"のイントロ全訳を紹介しましたが,第3章の全訳(仮訳)を掲載します.
応援のクリック歓迎
MITが慣性誘導などミサイル技術開発に深くコミットしていく様子が活写されています.「デュアルユース」などとカタカナを使うことで軍事研究への敷居を取り払えば,いずれ日本も米国の大学の轍を踏むことになるでしょう.

小見出し
産業界への視線
戦争
ガスタービン研究所
海軍超音速研究所
空力弾性・構造研究所
機器研究所
----------

3.軍事目的の誘導・制御技術
1958年秋,MITの航空工学主任チャールズ・スターク・ドレーパーは,彼の部局の名前として宇宙時代の到来に先駆けるような新しいものが必要だと考えた.人文社会学部の学部長は,若く優秀な古典学者をその支援に充てた.彼はとても独創的な6つの案を持って来たが,その中にはEuthyphoric(真道飛行科学)工学部やPhoromorphics(無機飛行体構造姿体研究)学部があった.学部長はArchophorology(飛行開始制御科学)学部をドレーパーに推薦したが,「これは君がやろうとしているアイデアに沿うと言うより,ただ,とりあえず面白く思っていることを伝え,またわれわれ人文学の人間は常に工学部のことは中心的な関心事であることを示そうとしたのです」と言い添えた.

続きを読む


フランス語講座がデモを「教材」に [メディア・出版・アート]

1401577.gif1/19: 画像にない会話文も全部収録しました.1401577.gif2/14: 村野瀬玲奈さんの訳を挿入しました(一部改変).
-------------
放送大学はいろいろ勉強になります.先日チャンネルを合わせたらフランス語講座をやっていました.タイトルがUne charmante manifestante (かわいいデモ隊員)というので,これは面白いと,慌てて録画ボタンを押しました.
http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H28/kyouyou/C/kiban_gaikokugo/1333542.html
その中から,半分ぐらいの訳と,残りを原文で紹介します.1401577.gif[村野瀬玲奈さんの訳を挿入しました(一部改変).] デートに遅刻したユリコの言い訳シーンから始まります.
ヴァンサンが「何のデモだったの?」と訊きながら,自分で「あ,そうか,教員定員削減のデモか」と自分で答えるシーンは,フランスでデモがいかにもふつうのことだということを示しています.応援のクリック歓迎
DSC_9789.JPG DSC_9793.jpg

続きを読む


金平茂紀氏の新刊-その2 [メディア・出版・アート]

kanehira.jpg4日の記事で金平茂紀氏の新刊「抗うニュースキャスター」を紹介しましたが,一部飛ばしながらもほぼ読み終えました.これはテレビはもちろんメディア関係者の必読書だと思います.金平氏はスジの通った人だという印象は持っていましたが,この本を読めば,スジが「通った」どころではない,筋金入りのリベラル知識人・ジャーナリストだと分かります.応援のクリック歓迎
彼は,往年のTBSのニュース番組「筑紫哲也NEWS23」の編集長と報道局長を務めたとのことですが,番組の後ろにいるのは年長の「お偉方」だろうと当時想像していましたが,ずいぶん若い人が作っていたのですね.これはテレビに特有のことかも知れませんが・・・.

最終章「日本のテレビ報道でいま何が起きているのか—メディア危機の日本的諸相」(247ページ)から少し紹介します.
まず,270ページ冒頭の,この数年のテレビと政権の癒着ぶりを例示する部分の前置きです.(アンダーラインは引用者)

続きを読む


毎日の8000ベクレル拡散問題追及は続く [仕事とその周辺]

mainichi170109tn.jpg3回連続で新聞引用の記事になるが,毎日の8000ベクレル拡散問題追及は本気のようだ.今日も1面トップ,こんどは,環境庁は審議会に諮問することを認めなかったことが暴露された.→ネット上の記事
応援のクリック歓迎

当ブログの8000ベクレル拡散問題関連記事(時間順)
2016/4/29 本格化する放射能拡散政策
2016/5/1 放射能拡散,赤旗も極小報道
2016/6/27 毎日が1面トップで8000ベクレル拡散問題を取り上げる
2017/1/6 毎日が1面トップで8000ベクレル拡散問題を再度追及

「主権侵害での自衛隊『活用』」は解釈改憲 [憲法・教育基本法]

sensouhouhaisito9jo-6r.gifこのブログの開設目的に関わる問題なので,再度取り上げます.右は年末31日の「しんぶん赤旗」の連載記事の最終回です(クリックで拡大).ここで自衛隊『活用』が繰り返し正当化されています.タイトルはまさに「自衛隊『活用』と立憲主義」.新しい材料は何もありません.

12月20日のブログ記事で批判しましたし,共産党にも同じ内容のメールを送りましたが,何の変化もないようです.各県の大会でどの程度議論されたか,大変気になります.ネット上でもあまり議論がないようです.

この赤旗の記事はネット上には出されていないようなので,文字化したものを以下に掲載します.
応援のクリック歓迎

続きを読む