So-net無料ブログ作成

マルクスの墓 [身辺雑記]

DSC_0057c.jpg(旅行の土産話の続きです.)
ロンドン滞在中に,都心部から北へ5キロほどのところにあるハイゲート墓地に,マルクスの墓を訪ねた.10月3日の暖かい午後だった.地下鉄のアーチウェイ(Archway)という駅で降りて,直線距離で1キロもないのだが,曲がり角を間違えたりするとロスが大きいので,地元の人と思われる50才前後の男性に道を聞いた.すると,「自分もこのあたりはよく知らない」と言いながら,なんと,親切にもスマホを出して調べてくれた.(実は私自身もレンタルのスマホとルーターWiFiとを持っていたのだが,その時まで使っていなかった.)

彼と同じ方向だったので歩きながら話をした.道を尋ねる時,自分の手帳を見ながら通りの名前を言ったので分かったのか,「日本からか?」と訊かれる.「いま自分の国では核戦争の危険がある.とても心配だ」というと,「北朝鮮を静かにさせなければ」という反応.やはりそう来るのか,と思った.「でもトランプも静かにさせないといけない」と応じると,「確かにそうだ」と.応援のクリック歓迎

その人によると,マルクスの「本当の墓」は別のところにあという.「墓」として有名なのは実は記念碑ということらしい.入り口でもらった地図にも,別の場所に“Marx(original)”とある.こちらが「本当の墓」なのか,それとも移転する前の墓ということなのか,よく分からないが,こちらも探してみることにした.

有名な「墓」には,高校生らしい10人ほどのグループが,先生(?)に連れられて来ていた.先生が集合写真を撮った後,自分も含めて撮ってくれ,というのでスマホを渡された.
DSC_0061.jpg“original”の墓の方は見つけにくかったが,なんとか探し当てた.地面に埋め込まれた墓石にマルクスの名前が彫られているが,いくつにも割られていた.実際の墓ならこんな状態で放置されるはずはないだろうから,やはり移転した跡,ということだろう.

折から,今年はロシア革命100周年だが,日本では,テレビはもちろん,新聞でもその関連の記事はわずかのようだ.11月7日のロシアTV(Russia 24)が革命100年を記念しての世界の共産主義者のデモを紹介していた(NHK-BSの,世界のニュースの録画放映による)。いつもは「プーチンチャンネル」といっていいような内容なので驚いた。
russiaTV171107.jpghttps://www.vesti.ru/doc.html?id=2951743&cid=7#
Russia 24のサイトからそれらしいページをキャプチャしたのがこの写真.ロシア共産党のジュガーノフ党首が中央.放送で彼は,次の大統領選に出馬し,いい勝負をするぞ,と言っていた.

ソ連の崩壊から26年経過し,それにともなう「共産主義(社会主義)全否定」の風潮に対しても,人々が相対化して見られるようになりつつあると思う.あるいは,その風潮を経験しない世代が増えている.同時に,資本主義の行き詰まり感も,このところ強まっている.マルクスが新しく甦る日も遠くないだろう.
DSC_0076.jpgグランドピアノの形をした珍しい墓石もあった.Thorntonの文字があるので,このピアノメーカーの関係者の墓と思われる.
nice!(0)  コメント(3) 

辺野古埋め立てへの住民の抵抗の映像をNHKが放映 [メディア・出版・アート]

過去のNHKニュース録画を整理していたら、珍しい映像が見つかりました。今年2月6日、NHKニュースウオッチ9の後ろの方にありました。音声はライン出力を取り込み,映像は光学式ダビング。1401577.gif11日,音声・映像ともアップグレード.

このような非暴力抵抗の画像は全くと言っていいほどテレビは映しませんが、たまにはこういうこともあるのですね。取材NHKスタッフと放映を決めた編集者を応援したいですね。
(このブログにも)応援のクリックを
1401577.gif画面コピーを追加します。冒頭の部分から。(クリックで拡大)
座り込み          トラックの侵入を阻止    トラックの下にもぐる
nhk1.jpgnhk2.jpgnhk3.jpg
トラックの下にもぐる2   ごぼう抜きする機動隊員   強制排除される人
nhk4.jpgnhk5.jpgnhk6.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

国会包囲11.3集会の報道 [メディア・出版・アート]

国会包囲の11.3集会の報道は,時間が経ってしまいましたがやはり記録するに値します.毎日の翌日の報道は,「目を皿にして」探さないと見つからないようなサイズと仕掛けの記事でした.このページですが,どこにあるか分かりますか? 答えはこちら
応援のクリック歓迎
mainichi171104p5.JPG
NHKは,週明けのニュースウオッチ9では全く取り上げませんでした.
他方,しんぶん赤旗は1面の大半を使っています.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「巨大中国と戦う“民主の女神” 香港オタク少女の青春日記」 [メディア・出版・アート]

BSジャパンですぐれたドキュメンタリーがありましたので,画面コピー28枚で紹介します.
応援のクリック歓迎
未来世紀ジパング特別編 巨大中国と戦う“民主の女神”~香港オタク少女の青春日記~:2017年10月22日(日)夕方5時30分|BSジャパン番組中の,元日経新聞北京特派員,後藤康浩氏のコメント
天安門事件で自由化を求めて若い世代が行動したと。香港の若い世代というのも同じような意識で、自分たちの政治的自由を守ると言うことで、行動したんだと。ですから、10代が行動するというのは、今の日本から見るととても驚きではあるんですけれども、世界の歴史を見れば、日本にもアメリカにもヨーロッパにも10代が中心となって政治的なパワーを発揮するということはあった。
DSC_1584.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ポリーニのピアノコンサート [趣味]

DSC_0187hc.jpg今月10日には,フィルハーモニー・ド・パリというパリの新しいコンサートホールにポリーニのピアノ演奏を聴きに行きました.旅行の主な目的の一つでした.ホールは中心部から外れて,パリ旧市街を囲む環状道路のすぐ内側,地下鉄はPorte de Pantinからすぐ.

演奏者を見下ろすような座席で,顔の表情も見えるとてもいい位置でした.
曲目はシューマンのアラベスクとクライスレリアーナ,ショパンの二つのノクターン作品55とソナタ第3番ニ短調作品58.

紛れもなく大巨匠なのに,とても謙虚で優しい人柄があふれるようなものごしと演奏でした.なんとアンコールを2曲も(3曲だったかも?),それも結構長い曲をサービスしてくれました.ショパンでしたが曲名が見つかりません.
そして,終了後はなんとロビーでサイン会まで.私もちょっと並んでみましたが,あまり遅くなると帰路が不安になるので,あきらめました.
このコンサートのウェブサイト:
https://philharmoniedeparis.fr/fr/activite/recital-piano/17778-maurizio-pollini
DSC_0190h.jpg
nice!(0)  コメント(0)