So-net無料ブログ作成

伊藤詩織さん記者会見情報の増幅 [社会]

fcc-shiori.jpg伊藤詩織氏が24日,外国特派員協会で記者会見をした.ところがこの重要ニュースを大手メディアがほとんど報じない(ネット上の詳報質疑応答).「不倫」疑惑や外国の性的暴行事件はさかんに取り上げるのに,この非対称.この黙殺という現象自体が重要ニュースであり記録に値する.また,詩織氏の勇気に応えるためにも,あらゆるメディアでこの情報の流通量を増幅する必要がある.応援のクリック歓迎 当ブログも,1日遅れ(日付では2日遅れ)ながら,その努力に加わりたい.
ブラックショコラ.jpg
上の「ブラックショコラ」氏のツイートにあるように,隠蔽して来ただけでなく,未だに隠蔽に加担するマスメディアのジャーナリストの皆さん,恥ずかしくないのですか?

rf171025shiori.jpgこの会見を報じた全国紙は朝日だけのようだ.しかし逮捕見送り問題は報じていない.しんぶん赤旗(右)は直前逮捕中止は報じたが(ページ全部は末尾),それを命じた当時の刑事部長の中村氏,そして肝心の加害容疑者・山口氏の名前を伏せている.記者会見での詩織氏の話によると,確定した事実として次のことがあるにも関わらず,である.これが重要情報でなくて何だろうか.
そして確たる証拠が得られている事実は以下のとおりです。・・・ 7、私の下着のDNAを検査したところ、そこに付いたY染色体が山口氏のものと過不足なく一致したという結果が出ました。・・・ 9、逮捕の当日、捜査員が成田空港で帰国する山口氏を待ち受ける中、当時の刑事部長の中村氏によって逮捕が突然取りやめられました。
毎日に至っては,この記者会見のことにただの一行も触れていない.以下,経済,国際など分野違いのページを除いて,25日の紙面をスキャンして見よう.どうかこの事実を確認されたい.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ハイデルベルグ市のホールでの「魔笛」 [趣味]

DSC_0240hc.jpg10月13日の金曜日はドイツ・ハイデルベルグに移動した.そこのホテルで見た案内パンフに,その夜にモーツァルト「魔笛」が上演されることが判明.すぐに部屋でネットにつなぎチケットを探したが,満席.ホールは歩いてすぐなので直接行ってみると,数席空いていて座席をゲットできた.
これはパリ・オペラ座のものとは違って,全くオーソドックスな演出.十分楽しめた.字幕がドイツ語だったので,舞台に集中できたのも良かったのかもしれない.
右の写真のように,休憩時には客席横がラウンジに幅広く開放・直結する構造で,非常に良く出来ていると思った.応援のクリック歓迎
img756.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

オペラ演出の革命? [趣味]

DSC_0210h.jpg休題閑話(閑話休題の逆).
選挙の期間とかなり重なって,欧州旅行に行っていました.このような時期に「国外逃亡」は本意ではありませんでしたが,費用を抑えるため何ヶ月も前に航空券を買っていたので,棒に振るわけには行きません.それで,有名ピアニストのコンサートや有名劇場でのオペラ鑑賞という贅沢三昧の時間を過ごしました.

まずオペラですが,パリのオペラ座(パレ・ガルニエ)ではモーツァルトの「コシ・ファン・トゥッテ」を鑑賞.音楽は素晴らしかったのですが,演出が全く異常,異常というより,演出なし(ミニマリズム?)に等しいのです.写真のように舞台はがらんどうで,大道具も小道具もなし.言ってみればオーケストラをバックに歌手が並んでアリアを歌う「演奏会形式」に近いもの.ただ,歌手それぞれに「影」のようにダンサーが一人付いて,歌と同時に踊る,これが唯一演出らしいもの.

そのため物語の進行は,この曲を熟知しているならともかく,そうでなければ舞台上部に投影される英語の字幕を必死で追わなければならない,という状態.それも英語とドイツ語なので,スピードが追いつかないし,実に目が疲れてしまう.また,一人(デスピーナ)を除いて,本物と「影」との区別が難しいのでますますわけが分からなくなる.

それでも聴衆からブーイングなどはなくふつうに拍手が起きていたので,このような演出であることをあらかじめ承知の上で劇場に足を運んだということなのだろうか?それにしても腑に落ちない.

img754.gif劇場入り口で,パフォーマンス関係の情報誌la terraceを無料で配っていた.あとでページをめくってみると,「オペラの演出,合意より革命」(多分そんな意味か? La mis en scène d’opera: une révolution plus qu'un consensus)というタイトルの特集があり,演出家が権力を握り,歌手や指揮者との闘争が激しくなっている,というようなことが書いてあった.

有名なシャガールの天井画はとても素晴らしかった.応援のクリック歓迎 DSC_0209r.jpg
ほかのコンサートや旅のことについては,また.
nice!(0)  コメント(0) 

総選挙が終わっての「総括」めいたメモ - その2 [社会]

前の記事の追加です.1401577.gif24日朝追記(末尾
4)独自の世論調査,意識調査の必要性 応援のクリック歓迎

項目1に関連するが,世論や人々の意識,無意識の状況を独自につかむことが重要だ.それがないと,まず人々の耳に残る言葉を,いや,そもそも耳に入って行く言葉を発することができない.ただ自分が正しいと思っていること,大事だと思っていることを一方的に喋るだけで,相手が聞く耳を持たなければ徒労となる.相手が何に関心があるかを知ることは宣伝戦の基本であり出発点である.

世論調査と言えばわが国ではほぼマスメディアによるものしかなく,それでは不十分というどころではない.人々の意識のどのような側面を知りたいかによって,質問項目もみずから設計しなければならない.そのような世論調査,意識調査を野党や市民団体は独自に実行すべきだ.

先日,イギリスの反核運動家と話をする機会があり,かねてから疑問に思っていることを訊いてみた.イギリスの反核運動CNDは,国民の核意識を民間の世論調査機関を使って調べている(下の画像).どのくらい費用がかかるか訊いてみたところ,設問1項目あたり1,000ポンド(約14万円)とのことだった.もちろんサンプル数によるが,300〜400サンプルの場合とのこと.NHKの世論調査でもサンプル数は1,000程度だから,統計的な精度を厳しく求めなければ十分だろう.

さて,日本にマスコミ以外の独立した世論調査機関がいくつぐらいあるのだろうか.もし見つからなければ,そして対外的な発表目的でなく自分たちの宣伝戦の基礎データを取るためであれば,政党の組織力を使って独自に実施することも考えるべきだろう.

権力の側は,さまざまな組織やツールを使って国民の意識を多面的に調べ上げているはずで,それに基づいてメディア戦略を立てているはずだ.対抗する側がただ勘に頼っているだけでは太刀打ちできない.
op-pol-cnd.jpg
1401577.gif24日朝追記:人々の意識,無意識の問題の関連でひとこと.共産党に限らないと思うが,人々の深層心理,イデオロギーの問題を軽視し過ぎている,というより,あまりに無頓着ということがある.あからさまな例は,テレビの永年番組「水戸黄門」に対する無批判性だ.暗示によって「お上への依存」,「最高権力は善である」という考えを心の深いところに植え込むこのイデオロギー装置を宣伝さえしている.このブログで何回となく論じているが,最新では「『道徳ポルノ』再来を持ち上げる赤旗」をご覧頂きたい.
nice!(0)  コメント(3) 

総選挙が終わっての「総括」めいたメモ [社会]

選挙が終わって,野党勢力,特に共産党にとっての「総括」めいたことをメモ.

takatohtw.jpg1)朝鮮半島危機は安倍・自民党支持の大きな要因になったと思われる.これに正面から向き合わず,重視もしなかったことは大きな問題で,野党・共産党が伸びなかった原因の一つ.(右の高遠さんのツイート参照)
「北朝鮮の脅威」で演説を始めるようでは,もちろん本質から外れ,不公平であるだけでなく,自民党と区別がつかない.メディアの論調に迎合するような北朝鮮非難の競争では,実際に権力を持つものに有利.
危機の主要因がアメリカとトランプ政権であることをはっきり打ち出すべきだった.そしてそれに追従する安倍政権こそがそれを加速していることを.応援のクリック歓迎

2)野党共闘は前回衆院選からだが,遅すぎで,この十年来の惨事を招いた.以下にその一部を示すが,当ブログでは12年前からその重要性を指摘していた.しかし共産党は長く野党共闘を追及しなかった.「当時としては正しかった」のか,それとも「間違いだった」のか明確にすべき.この総括をきちんとやれるのかが問題.
 2005年 共産党の大会決議案について-これで九条が守れるか?
 2006年 政党間協議の窓口を作る提案を共産党が拒否
 2006年 「平和共同候補」運動への赤旗の批判について
 2007年 野党共闘問題と共産党中央委員会総会のことなど
 2013年 市民は各党・各議員に護憲の誓約とそのための政党間共闘とを求めよう

3)選挙だけを偏重する誤り.これについては園良太氏の指摘を引用しよう.
http://www.labornetjp.org/news/2017/1508721576357staff01
本来、選挙は様々な闘い方の一つだと定め、デモ、集会、ストライキ、直接行動などと平行に取り組み続けることが普通だった。だが15年以降、それらが選挙運動の「ため」に「従属」し、市民の怒りや勢いを失ったことが今回の一因ではないのか。
なぜか誰もが「左派翼」「左派」と名乗ったり呼ばれることを恐れている。「リベラル」「中道」と言いたがっている。これはいかにも日本的な、「みんなから浮きたくない」という村社会の恐れの表れだ。極めて特殊な状況だとまず自覚したい。
付け足し)海外の論調,France24は,平和憲法の改憲が現実のものとなったと伝えたとのこと.「九条」を持つ国は他にもあるが少数.フランスも含め大国がみずから「九条」を取り入れる方向に進まず(特にカントの国であるドイツ),日本の九条を長く孤立させたことも問題だ.
nice!(0)  コメント(3) 

小池百合子氏の「リセット」の意味 [社会]

(Facebookと同報)1401577.gif21日深夜追記:「捕獲装置」としての小池百合子 (末尾)
小池氏が「希望の党」の設立記者会見で「日本をリセットするために党を立ち上げる」と述べた.この「リセット」の意味は,本人の定義は別として,次のように考えれば合点が行く.応援のクリック歓迎
総選挙で安倍体制が生き残っても,そして「禊が済んだ」と言い張っても,露見した数々の悪事は簡単には消えないし,これからも国会内外で突っ込まれ続けるだろう.しかし小池に取って代われば,彼女のこれまでの行状から考えて,それは言わば「生まれ変わった安倍」なのだが,しかし安倍の悪事は水に流されてしまう.少なくとも国政の焦点からは外される.つまり政権中枢がモリカケはじめ数多くの悪事から「リセット」される.これは明らかにより強力な反動内閣ということになろう.

つまり,「とにかく安倍政権を倒すのが先」ということで「希望の党」に期待する向きもあるが,安倍政権より「希望の党」政権の方がむしろ悪性ということ.

もちろん自民の議席を出来るだけ減らして,安倍の基盤を崩すのが大事ということは言うまでもない.でもそれは「本当の野党」を伸ばすことによらなければならない.
-------
「捕獲装置」としての小池百合子,「希望の党」

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)