So-net無料ブログ作成
検索選択

国会正常化は審議拒否から [社会]

必須の証人喚問も,資料提出もせず,また,委員会での大臣答弁を安倍首相が抑止までしてもっぱら官僚に答弁させるなど(官僚主導),国会はデタラメ状態.これに出席するのは国会破壊行為への加担.
証人喚問,資料提出までは
一切の審議に応じないことが,国会正常化に不可欠のステップだ.「審議」に加わることは偽装審議に加担することだ.応援のクリック歓迎
n-secbills-a-20150917.jpgもし野党が国会を止めないならば,市民が国会(=地下でつながる議員会館)を封鎖して止めるべきだ.(写真は戦争法国会の時の,横浜公聴会会場前の道路封鎖---ジャパンタイムズの記事から).
関連記事:地方公聴会での「横浜ゲート」は市民運動の歴史を作った
1401577.gif「理不尽な審議拒否をしているのは自民党政府」.なるほど.
--------
1401577.gif追記(2017/6/21):後日の関連ツイッター 「とにかく,やってしまうこと」
tonikakuyatteshimau.jpg

政党演説会で4分の原発問題スピーチをしました [仕事とその周辺]

末尾 に演説会のあり方についてコメント.1401577.gif注2 で揚水発電所を含む全発電所データにリンク.
-----
昨日,佐賀で共産党の演説会があり,東京から穀田国対委員長が,国政選挙,地方選挙の候補者らが演説をしました.私は依頼されて原発問題のスピーチをしました.注文は3〜5分ということでしたが,4分30秒に収まりました.再生可能エネルギーの量と電力貯蔵能力,ウランの資源量など,すこし違った角度からの,あまり言われていない内容と思うので,アップロードすることにしました.こちらは自席に置いたレコーダーでの「自録り」です.
http://ad9.org/blog/mytalks/y2017/higashiyokabunkah170521.mp3

以下はその書き起こしです.応援のクリック歓迎

続きを読む


「司法改革」の最重要アジェンダは? [社会]

1401577.gif5/27追記:「内閣人事局」が設置され大量の政府幹部人事が官邸に一元支配されることになり,これが安倍の専制支配を可能にしていると言われます.司法では同様のことが,こちらは長年にわたって続いているのですから,その悪弊は桁違いと言えるかも知れません.
-------
「司法改革」の名の下に裁判員制度が出来て,一般国民に,裁判のなかでも最も心理的・精神的負担の大きい事件が押し付けられることになりました.憲法が禁止する「苦役」に相当するとの意見もあります.これに日弁連は加担しました.しかし,そんなことが「司法改革」の重要アジェンダだったのでしょうか?(関連記事「裁判員制度ーーこんなひどいものとは」

昨日の「現代ビジネス」の記事に,「原発を止めると左遷…エリート裁判官たちが抱える『大苦悩』 裁判官の世界はこうなっている」と題する記事が掲載されています.その中に,「最高裁事務総局は、全国の裁判所を運営する規則を定め、裁判官の人事を差配するなど、組織の中枢部門である」とあります.このように,裁判官の異動の権限が,その名からして事務機構に握られているという事態こそが,この国の司法制度の最大のガンではないでしょうか.応援のクリック歓迎

「週刊現代」が1年前にこの問題を取り上げ,これを私のフェイスブックに転載しました*.
https://www.facebook.com/kouichi.toyoshima/posts/812273165545101
記事コピーにはこちらから直行できます.
http://ad9.org/uploads/docs/wklygendai/

クビにするというわけではないので,憲法第78条の【裁判官の身分の保障】に直接違反するわけではないでしょうが,左遷,栄転が透明性なく行われるというのでは「裁判官の独立」は絵に描いた餅でしょう.人事制度の妥当性,透明性の検証は不可欠です.

自由法曹団のサイトにはそのようなアジェンダは見られません.一体どうなっているのでしょうか?(恐らく日弁連のサイトにも)
------
* ちなみに,フェイスブックの本人の過去記事の検索は,上のバーの右端の逆三角をクリック,「アクティビティログ」で出来ます.

山尾しおり議員の金田・法務大臣への不信任演説 [社会]

話題の大演説,このブログにもミラーリングします.【全43分】 5/18 衆院・本会議応援のクリック歓迎

こちらにも.書き起こしあり.
https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/1658290254211105/?fref=mentions

ポスト・トゥルース,ポスト・デモクラシーの時代の「表現の自由」 [憲法・教育基本法]

12日の記事に書いたように,相変わらずメディアは共謀罪法案のことを全くと言っていいほど取り上げない.先週金曜の「報道ステーション」はむしろ例外的だ.重大な政治アジェンダをそれにふさわしく扱わないということは,それほど重大問題ではい,ないしそんなアジェンダは存在しないという暗黙のメッセージであり,広い意味で「虚偽報道」である(ポスト・トゥルース).このような状況では多くの市民がこれに危機感を抱かないのも無理はない.

今日の毎日も両サイドのカバーページやその付近には全く掲載せず,なんと12ページという奥の奥,ふつう全面公告や暮らしの情報などが載るような場所に置いている.毎日への電話で教えてもらってやっと分かった.その際,このような紙面割り付けの意図は何かも聞くべきだった.応援のクリック歓迎
DSC_0227-30pc.jpg

このようなメディア状況では民主主義は絵に描いた餅であって,市民はそれを是正するために必要な行動を取らなければならない.デモや集会も,非暴力の範囲で,メディアが取り上げざるを得ないような形態,方法を取ることが必要だ.「表現の自由」で表現すべきものは,単に主張や情報だけではない.表現する者の「本気度」もその一つである*.つまり,たとえば逮捕も覚悟した行動というのは最も本気度が伝わるものの一つだろう.共謀罪の成立を許し,それによって逮捕されるのか,それとも,共謀罪阻止行動で逮捕されるのか,どちらを選ぶべきなのだろうか?

続きを読む