So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

東電裁判をめぐる「放送事故」 [メディア・出版・アート]

東電裁判の19日の無罪判決は、それ自体だけでなく、その夜のメディアの扱い方も大きなニュースだ。言わば「放送事故」。10時報道ステーション、11時はニュース23、news zero、WBSと、東電裁判の伝え方をチェックした。

報ステ、ニュース23はトップは殺人事件(NHKスタイル)で、東電裁判は2番目に扱った。WBSは40分過ぎたあたりでわずか数十秒(news zeroは未確認。なお、新聞では、今朝(20日)の毎日は一面トップだった)。

rfi190919.jpg外国では、RFI(ラジオ・フランス・インターナショナル)が速報でトップ扱いであった(語学力維持のためモニタしてます)。同ウェブサイトでも19日にはトップページにあった。
http://www.rfi.fr
記事へ

世界的大ニュースが国内テレビでは周辺化(marginalize[注1])される。裁判所も政権に忖度なら、メディアも忖度。民主主義の前提が崩壊している。左翼は、また少なくとも民主主義を語るものならば、この現状に見合った、民主主義回復の方策、戦術を考える時に来ている。

誰もが気づくべきなのは、香港やフランス、アルジェリア[注2]など、世界で有効性を示している「非暴力直接行動」である。このような行動と選挙とを一体として考えるべきだ。

興味深かったのは、これも東電裁判をトップで報じなかったNHKニュースだが、その直後の「クロ現」は、途中から見たのだが、むしろ有罪を立証するようなものだった。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4330/index.html
kurogen.jpg
なぜこれをもっと早くやらなかったのか。広く知られれば判決も違った可能性がある。
上記「クロ現」のウェブサイトから:
福島第一原発の事故をめぐる歴史的な裁判の判決が出る。裁判の過程では、東日本大震災の3年前に巨大津波への対策を行い、被害を免れていた原発が存在することが明らかになり関係者に衝撃が走った。茨城県にある日本原電・東海第二原発だ。東京電力と日本原電の津波への対応は、なぜ分かれたのか。不確かな巨大リスクにどのように向き合えばよいのか、そして、見えてきた教訓は現在の安全審査に生かされているのか、独自取材で迫る。
再放送は通常はないようだが、その週の反響が大きかった回だけ、毎週土曜日午前1時40分~(金曜日の深夜)に再放送されるようだ。次のページから再放送を要望しましょう。
https://www.nhk.or.jp/css/
--------
[注1]当ブログ記事「marginalise という言葉」参照
 https://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29
[注2]次のブログ記事参照
「アルジェリア大統領が市民の平和的なデモで辞任に追い込まれた」
 https://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2019-04-04
コメント(0) 

原発事故の被ばく被害を無視する「非核の政府を求める会」 [社会]

3u.gif「非核の政府を求める会」というのがある。1986年に、共産党の当時の委員長・宮本顕治氏の呼びかけで結成されたものだ。同会のウェブサイトによると、「『非核5項目』に賛同する思想・信条の違いを超えた広範な人々によって構成」されるとある。しばらくこの団体の地方の会に加わったことがあるので、定期的に今でも機関紙が送られてくる。
先日送られて来た「7月15日・8月15日合併号」に年度方針が掲載されていたので、福島原発事故をどう扱っているか見てみた。
その2章5節の冒頭部分を引用する。(下線は引用者)
(5) 原発再稼働・輸出反対、東電と政府は福島の賠償責任果たせ
福島第一原発事故から8年余が経過した。いまも自主避難者を含め10万人もの避難者が存在すると言われている。心理的苦痛や心的外傷性ストレス障害など避難住民の健康被害は広範なものである。避難元の自治体は、国・福島県と協力して復興状況に関する情報提供を丁寧に行うことが求められる。国、福島県、避難住民の帰還・生活再建に向けた総合的な支援策を強化すべきである。東京電力と国は加害責任を認め、被災者の生活と生業の再建に責任を果たすべきである。
4月10日、最後まで残っていた大熊町の避難指示解除準備区域と居住制限区域の避難指示が解除された。今後は帰還した住民が地元自治体と協力して日常生活に必要なインフラや生活関連サービスの充実をはかり、より良い生活環境を構築することが求められる。
原発事故現場では、3号機の燃料貯蔵プールからの使用済み燃斜の取り出し作業が4月から始まった。燃料デブリの取り出しは先送りされる可能性が大きい。多核種除去設備(ALPS)処理水は本来、トリチウム・・・(以下略)
驚くことに、政府が進める20mSv地域への帰還を当然としている。また、健康被害としては心理的なものしか挙げておらず、多数発生している小児甲状腺がんなど存在しないかのようである。

同紙の7ページには、この方針に責任を持ち、実践すべき会の世話人・顧問の名簿が載っている。著名な人たちも多い。果たしてこれらの人たちは、このような歪んだ原発事故観を本当に認めたのだろうか。

また、2章のこれより前では国内政治の分析がされているが、楽観的過ぎる。安部政治の問題に触れながらも、その旗振りによって引き起こされている最近の排外主義の高まりの問題、危険性に全く触れていない。

同会のウェブサイトは昨年11月で更新が止まっており、当然この方針も掲載されていません。そこで、以下に紙面イメージで転載します。
1ページ上,1ページ下,2ページ上,2ページ下,3ページ上(冒頭写真と同じ),3ページ下
nice!(1)  コメント(0) 

釈放直後の周庭さんインタビューをテレ東WBSが放送 [社会]

香港の「民主の女神」こと,周庭さん(アグネス・チョウ)が30日突然逮捕され、その日のうちに保釈された。直後の彼女への電話インタビューをテレ東WBSが放送した。

(2年前の同じ局の周庭さん特集番組画面のクリップ)
https://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2017-11-01
nice!(0)  コメント(15) 

原水協と原水禁 [反核・平和]

IMG_1169w1200.jpg末尾に社会新報の報道
---------------------------
この夏、8月の広島原爆の日の直前、広島の原水禁大会に参加しました。7月に福岡で開いた「原水爆禁止2019年世界大会・科学者集会」の実行委員として「原水禁」の大会で報告するというミッションのためです。と言っても、報告が「予約」されている「原水協」の大会と違って(こちらは別の実行委員が分担)、勝手に出席して機会があれば発言するというもので、「報告」できるとも限らない、という仕事です。それでも、幸いなことに広島大会2日目の第3分科会「朝鮮半島の非核化と日本」で簡単な報告レジュメの配布を認めてもらい、短いながら発言もできました。(写真は第3分科会で講演する米・ピース・アクションのスージー・アリソン・リットンさん)

このプロセスで、「原水協」と「原水禁1401577.gif[訂正]」の関係性の問題について色々と考えることがあり、また以前からの問題意識でもあったので、少し文献調べをしてみました。それを先日の「福岡核問題研究会」というサークルで8月24日に話をしました。そのレジュメを紹介します。

目次(クリックで各項目にジャンプ)
原水協,略史
「原水協」の発足自民党系・民社党系が脱退60年代の「あらゆる国の核実験」問題1984年〜1985年の再度の分裂
60年代の分裂に関する双方の主張
1.原水協および共産党2.社会党、総評、原水禁
85年の2度目の分裂
1.原水協、共産党2.原水禁、社会党
筆者の評価
---------
追記(リンク):2度目の分裂、元朝日新聞記者・岩垂弘氏の観察
最後に、1401577.gifおまけ画像と、社会新報の原水禁大会の報道
---------
原水禁運動の歴史を調べる — 政党との関係性を中心に —
 プリント年表
             豊島耕一,2019/8/24(8/25改訂版) 福岡核問題研究会

今年の夏も原水協と原水禁による世界大会や平和行進が実施された.1977年から1985年まで9年間統一大会が開かれたが,再び別開催になり現在に至っている.

ひと昔前と違って,原水協と原水禁,そしてそれらとそれぞれ関係の深い共産党と社民党との間では,核兵器禁止をめぐって,あるいはその方法論をめぐって,現在は深刻な対立はないと思われる。にも関わらず両者は,互いに重なる場所、重なる日程で別々に「世界大会」を開いており,両者の間の交流も皆無に近い.このような状況は関係者以外には理解しにくいだろう.(今年,赤旗には短いながら「禁」の世界大会の報道があった.)

両者の交流や協力はどうすれば可能なのか,そろそろ両者による歴史の再検証がなされてもいいのではないか?

また,両者とも大会への個人一般の参加は予定しておらず(可能ではあるが,ウェブサイトには全く案内がない),団体を通じての組織参加が原則である.このような形態は運動の発展にとってよいことなのか?

続きを読む


コメント(0) 

福島原発事故直後のヨウ素131の拡散と減衰が動画に−原研 [仕事とその周辺]

福島原発事故直後のヨウ素131の拡散と減衰を、原研がシミュレーション動画にして公開していた。フクシマ健忘症対策としてマーティン・ファクラー氏がツイッターで紹介していた。
東日本におけるI-131の広域拡散と大気降下量(2D-動画)
https://nsec.jaea.go.jp/ers/environment/envs/fukushima/animation2-1.htm
これはぜひ保存しておきたい。(ウェブアーカイブとして動画ごと保存できます。)
jaeri-I-131.jpg
関連記事:関東圏の3.11直後の大気中の放射能は「平常値」の1億倍
nice!(0)  コメント(0) 

Kurume air raid two days after the Nagasaki atomic bomb [反核・平和]

(English version of the last posting)
DSC_4003rtw540.jpgThis photo is neither Hiroshima nor Nagasaki. It is the aftermath of the city center of Kurume burned by the air raid on August 11th, 1945.

In the United States, there are still discourses that the atomic bomb has ended the war. However, two days after the Nagasaki atomic bomb, which should have ended (repeatedly?) the war, the town of Kurume was burned with incendiary. Similarly, Kajiki air raid on this day.
Let's pick up other Japanese mainland air raids after August 10 from the wikipedia.
August 10 Hanamaki air raid, Kumamoto air raid / 12 Akune air raid / 13 Nagano air raid / 14 Iwakuni large air raid / 14 Hikari-shi, Yamaguchi Konami naval arsenal raid / 14-15 Kumagaya air raid, Isesaki air raid, Odawara raid, Tsuchizaki air raid

Is it a lie that "the A-bomb ended the war"? Or the purpose of these raids were to clear the bomb inventory after the A-bomb ended the war?

The truth is probably that the end of the war was extended until the atomic bomb was completed.

From the book “The day when Kurume burned” by Masahiro Koga, who saw the air raids as an evacuee.
DSC_4009w540.jpg

続きを読む


コメント(0) 
前の6件 | -