So-net無料ブログ作成

渡辺えり子講演会の印象,その2 [憲法・教育基本法]

当日のえり子さんの話で聞き逃せないものに,現在のテレビの状況についてのものがある.放送でしゃべる時の内容の制限である.憲法や九条のことなど言ってはいけないと事前に指示されるというのである.ある番組でのエピソードを紹介した.えり子さんの郷里の人との会話の際のこと,先日こちらにこられましたね,との問いに答えた後,さらに,何の用で,というので,講演,それではそのテーマは,というので,憲法のことだと返事したが,これが後で局からクレームを付けられたと言うのである.(録音したわけではないので,細かい点は正確ではないかも知れません.)

 大勢の前で話す時には多かれ少なかれ制限が加わるというような一般的な話ではない.憲法について触れるだけで文句をつけられるというのだから尋常ではない.しかも,えり子さんは憲法を守る,つまり「現体制を擁護する」という立場であり,そのような人の発言が制限されるというのだから,もはやかなりの程度クーデターが進行していると言わざるをえない.

 このような放送局の姿勢の原因の最大のものとして,スポンサーの態度があると言っていた.つまり番組スポンサーに「降り」られてしまうと局としてはどうしょうもないということだ.実際,テレビ東京での事例が挙げられた.(何の番組かは忘れたが,テレ東はスポンサーなしで予定通り放送したというから偉い.)

 しかし疑問に思うのだが,なぜスポンサーはそのような態度を取るのだろうか?大半のスポンサー企業は九条改憲派なのだろうか?軍需関連産業がそうなのは理解できる.しかしそれは全体から見れば少数だろう.やはり,我が国特産の「空気」によるものではないだろうか?つまり,ノーと言えば言えるのに,それは「自粛」するものだという思い込みである.別の言葉で言えば,ミクロな「水戸黄門の印籠」*が,社会集団の間や,個人の間でのすべての境界面で働いているのではないだろうか.つまり文化的なものではないのか,というのが私の意見である.

 排外主義の危険を冒しながらもどうしても隣国のことを比喩に使いたくなってしまうが,中味で嘘をつくだけでなく,「言論は自由です」という嘘も重ねている,つまり二重に嘘をついているという意味で,日本のテレビは朝鮮中央テレビよりも悪質ではないだろうか.(さらに続く予定)
ーーーーーーーーーーーーー
* 次の記事もご覧下さい.
松下電器が作った二つのイデオロギー装置
「水戸黄門ドラマ道徳ポルノ説」について


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

ナイトトレイン

こんばんわ、
 渡辺えり子氏の講演内容がよく伝わってきました。
テレビ番組中の発言等の自主規制テイタラク、は、まさにマスコミ全体を覆う闇の勢力「サラ金マネー」とそれに群がるジミン、コーメー、ミンシュ、シャミンまでの各政党の「裏の繋がり」が、もはや完全に抜き差し難い癒着構造となって、政治家、政党から放送人や編集者までを手も足も出ない所まで縛り上げている現状を表わしているものです。(既に現在のテレビ、新聞スポンサー最大の広告費支出企業がサラ金5社と銀行の融合組織体なのです。)
 これに対して、議員数も発言力も不足のキョーサントー位しかまともにこの闇にメスを入れられる人や組織が無くなってしまっているわけで、ぼくら庶民も、ここらでもうちょっと真面目に賢くならないと本当に『今この時が戦前だった』なんて泣くに泣けない恐ろしい時代を呼びそうで、ヤバイですね。
 
 何の役にも立たないのかも知れないけれど、こうして知らぬ者同士がブログでコイズミやイケダやマエハラ等の化け猫の首に鈴をつけようと努力することでも、もしかしたら日本が直接戦争を始める日を1日だけでも遅らせることが出来るかも知れません。(ジミン・コーメー・ミンシュ三党で国民投票法案を通してしまおうなんて相談するようになっちまった現在では、もう遅いかもしれませんけどね、)やるだけやらなくちゃ!と思います。
by ナイトトレイン (2005-12-15 03:10) 

yamamoto

事態を打開するには次のことが重要だと思います.(1)メディアへの進出.例えば,市民有志でメディアの紙面や放送時間を100億円の規模で買い取る,つまりパラサイト型マスメディア*.(2)「オリーブの木」方式の野党連合**の形成.
アメリカが対外メディア工作に使ったのが数百億円らしいので,この百億という規模はいい線かも知れません.
ナイトトレインさん,コメントありとうございました.

* 「改憲阻止メディアキャンペーン10万円×10万人計画」および「九条広告支援の会」参照.
http://www.geocities.jp/chikushijiro2002/tenbillionyen.html
http://ad9.org/
**11月13日の記事を参照下さい.
http://blog.so-net.ne.jp/pegasus/2005-11-13
by yamamoto (2005-12-16 10:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1