So-net無料ブログ作成

こんどは法政大学で言論弾圧 [社会]

(末尾に追記あり.21日8時)

去る14日,法政大で29人が逮捕されるという事件がありました.朝日新聞の15日の報道では

法政大学の敷地内にあった立て看板を撤去するのを妨害するなどしたとして警視庁公安部と麹町署は14日、中核派全学連委員長織田陽介容疑者(24)ら全学連活動家を含む男女29人を威力業務妨害などの疑いで現行犯逮捕した.(以下略)*

とあります.他の新聞(毎日,読売,東京)もすべて同様に「妨害」という抽象的な表現のみで,具体的な行為の描写はありません.これら三紙の記事ではもう一つの逮捕理由を「建造物侵入」としています.
当日5時のフジテレビのニュース番組は,事件の一部始終の映像を放映したようですが,「救援会」の文書**によると,大学当局の制止もなく学生らは穏やかに学内に入っていく様子が映し出されたとのことです.(末尾に映像のurl)

以上のことから,これは,学生の自由な立て看板を禁止するなど言論抑圧のための,単純なでっち上げ事件であることがほぼ明白です.大学に平穏に足を踏み入れるだけで「建造物侵入」なら,いったい何人が毎日逮捕されることになるのでしょうか?

言論弾圧という点で,これは明らかに,立川テント村事件や,共産党の都議会報告ビラ事件などと同様の性格を持っています.であれば,弾圧を受けた人たちが何派であれ,いやしくも「護憲」を口にする人ならば傍観すべきではありません.個人だけでなく,組織としては主要左翼政党には是非とも迅速な対応を望みたいものです.

応援のクリック歓迎 (1日1回まで)

上の朝日の記事に名前が出ている織田陽介君とは,実は国立大学の独立行政法人化反対運動の時から付き合いがあります.彼は当時東北大学有朋寮の委員長をしていましたが,私は彼らの廃寮反対集会に参加したりもしました.もの静かで礼儀正しい青年です.有朋寮と連携して活動している東北大学学生自治会が昨年,F.ダバディー氏の講演会を成功させたことは,このブログでも紹介しました.ダバディー氏は自分のブログで自治会の学生たちを絶賛しています.
http://dabadie.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_1efa.html

学生たちは実に10日間も勾留されます.すでに法政大学名誉教授の吉川経夫氏らが救援会を設立しています.釈放要求の賛同署名を呼びかけていますので,ぜひよろしくお願いします.
________________________
* 20日現在,次で全文を見ることが出来ます.
http://www.asahi.com/national/update/0314/TKY200603140478.html

** 吉川経夫氏らによる救援会と賛同署名の呼びかけ
http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-March/006020.html

21日朝追記
釈放要求の賛同署名を読みやすいよう整形して次に転載しました.(2013.4.28 リンク修正)
http://ad9.org/pegasus/university05/AML_6335.html

フジテレビのニュース番組録画が次で見られます.もうこれは,朴政権下の韓国,というより,日本の戦前そっくりですね. http://www.geocities.jp/housei_kougi/01.html

次の投稿も参考になります.
[AML 6288] 速報:法政大で29人逮捕
 http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-March/005974.html
[AML 6306] 続報:法政大で29名が逮捕された件
 http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-March/005992.html
[AML 6328] Re: 続報:法政大で29名が逮捕された件
 http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-March/006013.html
________________________
関連記事:法政大学事件:五十嵐氏の論調について

ホームページにメールリストへの投稿を転載しています.
「ニーメラーの詩」の書き出しは「共産主義者」でなくてもいい


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 10

はなゆー

ここはひとまず、法政大学の五十嵐仁先生のHP

http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm

を一読なさることをおすすめいたします。
by はなゆー (2006-03-21 18:10) 

うぐぅ

初めまして。ちょっと気になったのでコメントしたいと思います。
>一つの逮捕理由を「建造物侵入」としています.
建造物への立ち入りは建造物の管理権者の承諾を得なければなりません。大学キャンパスの場合、学生や教職員などは監理権者の「推定的承諾」がありますから、建造物侵入にはなりません。しかし、中核派学生(五十嵐教授のページの記述にしたがっています)の場合はどうでしょうか?
>学生の自由な立て看板を禁止するなど言論抑圧のための,単純なでっち上げ事件であることがほぼ明白です.
立て看板の設置は学生が自由に行うべきかは疑問です。なぜなら建造物の管理権者が許可した場合のみが自由だからです。もし、管理権者が設置を禁止し、その通知を無視して、学内に侵入して撤去を妨害したのであれば、業務妨害に当たりうると思いますよ。

ただ、立て看板を規制するキャンパスが自由な雰囲気かどうかと言われると、自由ではないと思いますが。
by うぐぅ (2006-03-21 20:46) 

yamamoto

はなゆーさん,ご紹介ありがとうございます.きょうのエントリーをご覧下さい.
by yamamoto (2006-03-22 09:59) 

日本国憲法擁護連合

どうもです。ちょっと私のほうから問題提起をさせていただけないでしょうか?
今回の弾圧はかなりびっくりです。
私も法政大学OBなのでとても気にかかる弾圧です。
ヤマモト先生の問題意識に私も同感です。
共産党員のビラ配布弾圧、立川テント村の弾圧、神奈川の市民団体弾圧、
沖縄基地における妙法寺僧侶への弾圧、戸田門真市会議員の弾圧、そして法政の学生弾圧すべては、改憲と共謀罪シフトの政治的弾圧だと思います。これらはすべて公安警察の暴走だと思います。社民党機関紙では、最近の公安警察の暴走に対して批判的な記事を特集しており(第4385号掲載)、国会で警察庁長官を相手にこれらの政治弾圧に対して問いただすことを行ってもよいのではないかと私は思っています。共謀罪反対派の社民・民主の国会議員あたりにこれらの政治的弾圧を質疑してもらえるような運動を私たち在野が働きがけないと、本当に戦前の体制や、70年代のチリ・韓国のような弾圧体制がまかりとおることになるようでとても不安です。私は共謀罪に反対する宣伝をやっており、共謀罪国会院内反対集会の当日実家に嫌がらせ電話があり、なんと今月半ばに私の家業に関係する場所に、Nシステム(高速道路等にある監視カメラ)を立てられるという状況になっています。これらも、含めて、政府に批判的な人間に対する公安側の圧力が露骨になっていますので、国会で全てを問いただす方向にむけることが現実的だろうと思います。政府に批判的な人間を根こそぎ弾圧したり、圧力を加えているということを国会の場で明らかにしてもらえるよう、国会議員に働きがける運動を展開しないと、本当に戦前の日本・70年代の韓国・チリの軍事政権並みになってしまうおそれがあると思います。憲法が存在している今日的な問題だと私は痛感しています。
by 日本国憲法擁護連合 (2006-03-25 00:51) 

日本国憲法擁護連合

私のブログ、日本国憲法擁護連合です。http://navy.ap.teacup.com/union/

私が賛同している「共謀罪反対署名ニュース」のホームページです。http://www.kyoubouzai-hantai.org/info/index.htm

どうかよろしくお願いします。
by 日本国憲法擁護連合 (2006-03-25 00:55) 

yamamoto

日本国憲法擁護連合さん,コメントありがとうございます.国会で取り上げるべきとのご指摘,まさにそのとおりだと思いました.昨日はとりあえず「しんぶん赤旗」にメールを送りました.
http://www.geocities.jp/chikushijiro2002/university05/toAkahata.html
by yamamoto (2006-03-25 07:37) 

yamamoto

エイチ・エス証券の野口氏怪死事件も含め,「6点セット」で追及すべきですね.
by yamamoto (2006-03-25 07:42) 

日本国憲法擁護連合

ヤマモト先生の問題提起されている、野口さんの怪死事件も民主・社民・共産で共同で追求していいと思います。

「きっこのブログ」という面白いブログが、かなり野口さん怪死について突っ込んでおり、ヒューザー問題は、自民党議員中枢=小泉政権中枢にまで実は裾野があるともいわれております。なお「きっこのブログ」に対する圧力はものすごく、反動マスコミなんかに取材させて「きっこのブログ」に圧力をかけたり、「きっこのブログ」はオウムがやっているだの、民主党がやらせているだの、正体はだれそれだとか、いろいろな圧力が加えられています。また、自民党だけではなく、会社経営者が創価学会員で公明党とも関係しているといわれており、創価学会内部ではこの問題にかなりシビアになっていて全国的に会員を集めて説明会をしております。
すべて、一連の事件発覚の最中、堀江騒動による火消しなどは、かなり権力がからんでいるといえるかと思います。

話題を共謀罪に戻しますが、国会で法政大弾圧やこれまでの露骨な「公安」事件をひっくるめて、弾圧指令にゴーサインをだした警察庁長官を問い詰めるべき運動にしたらどうだろうか?国会で問題にしたらどうだろうか?提起した次の日に全員釈放したのはわたしは偶然ではないような気がします。

国会では共謀罪の審議をめぐって日程的にせまっており、権力側は、テロリスト=中核派学生=法政大学の事件を持ち出して共謀罪新設をキャンペーンしたかったはずだが、私が「不当弾圧だから国会で質問すべき」「共謀罪反対の質疑に加えてはどうか?」と問題提起したとたんに、釈放をきめたということだと思います。私の家に嫌がらせ電話があるぐらいですから、私の書き込みはチェックしていることでしょう。ヤマモト先生も、独法化反対運動をされているのでここはチェックされているかと思います。

釈放はされましたが、妙法寺僧侶逮捕、門真市会議員逮捕、市民団体逮捕など、昨今の公安の暴走について国会で絶対に警察庁長官に問いただすべきだと思います。

社民党や民主党や共産党は共謀罪反対を主張していますので、昨今のさまざな政治的弾圧の実態を国会で暴露してもらうことで、共謀罪なんかが成立しまったら、それこそ戦前の体制、民主主義の否定、70年代韓国・チリの軍政になってしまうという展開をしてもらうよう、わたしたち在野が運動しなければならないと思っています。私は社民党福島さんに協力をもとめようと思っています。私はそういう運動を今行わないと、権力の思い描く治安強化に突入してしまうと思います。

非常にびっくりするような事柄がおこりすぎていますが、国民投票法(改憲反対の規制すらもりこんでいる!)改憲や共謀罪を既成事実化していっているとしか思えません。日本の平和と民主主義をともにまもっていきましょう。ちなみに私も筑後地区の住民です。ともにがんばりましょう。
by 日本国憲法擁護連合 (2006-03-26 05:11) 

たまに観てる人

極左活動は取り締まられるのは致し方ないのでは?
暴力路線で傷ついた人は多いわけだし。
by たまに観てる人 (2006-04-01 08:58) 

アズラ

言論弾圧と言うよりは
テロ活動防止ですよね

過去のテロ活動 三菱重工爆破事件、ダッカ事件、浅間山荘事件etc.きちんと総括してください。

あと、よど号事件犯が、日本人の北朝鮮拉致に関与していた件とか
by アズラ (2006-04-19 00:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2