So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

集会の後はメディアに出向いて下さい [憲法・教育基本法]

(いくつかのメールリストに投稿したものを転載します.)

 今日も東京では教基法改悪反対の大きな集会があるようですが,その主催者と構成団体の方にぜひお願いしたいことがあります.それは,集会終了後に必ず主だったメディアに数人で出向いて,必ず報道するよう申し入れて欲しいのです.いくらたくさんの人が集まって「盛り上がって」も,報道されなければ,大多数の国民に取ってはその集会は存在しなかったに等しいのです.

 テレビは,私企業といえども公器であり,報道の公平原則が法律で決められています.もしそれを無視するなら,「送り手としてのアクセス権」を行使して,生放送のスタジオに入れるよう要求すべきでしょう.

 これまでの例からして,このままでは今日の集会についてもメディアは無視することは確実です.政府主催の「タウンミーティング」は,数百人の規模でも報道したのではないでしょうか.これに対して,市民運動の側の数千,数万の規模の集会はほとんど常に無視して来ました.不公平の証拠はあまりにも揃いすぎています.これに対して何も有効な手を打たないということは,運動の戦術,戦略上の決定的なミスといわざるを得ません.運動の終盤において,これまでのミスをぜひ修正して下さい.

 以前から,集会の後のデモの一隊は放送局に向かうべきだと主張していますが,どうやらこれはタブー視されているのでしょうか,行われてはいないようです.今日,メディアへの圧力のない状態など絵空事であり,必要なのは公明正大な圧力とそのバランスです.アメリカではメディアへのデモは普通にみられるとのことです.(日本でも極右はやっているようです.)「デモまでやるのはどうか」と思われるのなら,ぜひ少人数の集団で訪問し,公平原則を守るよう強く要請して下さい.

関連ブログ記事もご覧いただければありがたいです.
九条・メディアウオッチ委員会の提案
 http://blog.so-net.ne.jp/pegasus/2005-09-23-1
国民のメディアへの「送り手としてのアクセス権」を要求しよう
 http://blog.so-net.ne.jp/pegasus/2006-11-15-1
メディアを買い取る責任
 http://blog.so-net.ne.jp/pegasus/2006-11-23

応援のクリック歓迎 (1日1回まで) →


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(5) 

nice! 0

コメント 1

Runner

「報道の自由」を尊重するが故に抗議しないのでは?とのご推察なら、それは明確に違うと思います。
経験上、マスコミを味方だと思い込んでいる人が相当多いです。それが本因だと思います。
実際、市民運動の集会等で報道のことが話題に出ること自体が皆無に等しいです。
これは日本の特徴の一つでしょう。

理由についてですが、まず、マスコミが左翼に見えた戦後の一時期があったため、年配の方はその幻影をいまだ持ち続けているようです。
さらには、「テレビを見ない」派の人が指導層に多いことも影響していると思います。
新聞は図書館などで保存されるので露骨で悪質な世論操作は行わないものです。
一方、テレビは言わば「たれ流し」メディアであり、それでいて吸収の度合が高いので、こちらが世論操作のメインステージになっているわけですが、そういう認識が希薄です。

また、儒教社会特有の主体性のなさ、依存心の強さが災いしているのかも知れません。
市民運動をやっている人たちは政府に不信感を持つ人が圧倒的ですから、その代わりにマスコミへ依存する傾向が強まるのかも知れません。
by Runner (2006-12-10 15:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 5