So-net無料ブログ作成

サウナでiPodを聴く [趣味]

mipod30pctc.jpg雑談です.
イヤホンを付けて町を歩いたり電車に乗ったりしている人を見ると,最近まではどちらかと言うと「見下して」いたのですが,iPod nanoに出会ってからは態度が180度変わりました.胸のポケットにすっぽりと収まります.さいきんはサウナにまで持ち込んでいます.

もちろんiPodには「体温調節」機能はないので,サウナでは自分の両手のひらの間にしっかりはさんでいなければなりません.“ナノ”ではこれが可能ナノです.手のひらにすっぽり入り,しかも名刺20枚分ぐらいの厚みしかないのです.これで自分の手のひらの温度より上がらないので安全です.応援のクリック歓迎 (1日1回まで)

そのサウナで聞くのはオペラ,それも頭の中からもヒートアップするような情熱的なものがいいですね.オペラのDVDから音声だけを取り出してMP3に変える方法が最近分かったので,手持ちの2作品の全音声をiPodに入れました.(DVDから音声ファイルを抽出するには”OSEx 0.0110a1”というアプリ,これをMP3ファイルに変換するには”a52decX”というアプリを使います.ただしマック.ほんとは違法なのかな?)

その昔,ソニーが”ウオークマン”を世に出して間もない頃(もちろんカセットテープ),パリの地下鉄のホームでそれを聴きながら体をくねらせている黒人男性を見かけました.ほとんどトランス状態のように見えました.このシーンを動画か写真に撮れば,ウオークマンの最高のコマーシャルが出来ると瞬間思ったものです.それからウン十年も経ってようやくその境地が理解できました.
(うーん,これは全くiPod nanoのコマーシャルのような記事ですね.)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0