So-net無料ブログ作成

JE SUIS CHARLIE [社会]

パリのシャルリー・エブド(‪Charlie Hebdo‪)社襲撃は,報道によれば言論封殺テロと思われます.これに対して,フランスはもとより世界のジャーナリスト,メディア機関が同社に対して連帯の意志を表明しています.当ブログも,広い意味で,ミクロなジャーナリズムと言えなくもないので,遅ればせながらシャルリーへの連帯を表明します.
応援のクリック歓迎
jesuischarlie.pages-inv.gif
日本のメディアは,テロを非難はするものの,攻撃を受けた社に対して「仲間としての連帯」を表明したものは見かけないようです.ほぼ「客観報道」のレベル.

かつての,朝日新聞への襲撃事件の時はどうだったでしょうか?もちろん他社もテロ非難はしたでしょうが,「私も朝日だ」というような言葉で,朝日への連帯を表明したジャーナリストやメディアがあったでしょうか.

背景に,「さわらぬ神に祟りなし」とか,似非格言「君子危うきに近寄らず」という慣用句に見られるような,冷淡な態度を奨励する文化があるとしたら残念なことです.

afp.jpg

同時に,イラク戦争時に米軍がジャーナリストを狙い撃ちにした事件も想起すべきでしょう.また,今回のテロ攻撃の様子が,たとえば米軍特殊部隊がビンラディンを襲撃・殺害した時の様子とよく似ていることも連想されます.これも全く違法な殺人行為でした.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1