So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

川内原発トリチウム放出再開 [仕事とその周辺]

九電の「廃棄物の処理」のページにある原発からのトリチウム放出量をチェックしてみると、3年前に運転を再開した川内原発は、そのトリチウム大量放出も「再開」していることが分かります。玄海もこのまま運転を続ければ、同じような大量放出を始めることになるでしょう。
tritium-kyuden.jpg
ちなみに、3.11以前に玄海原発が稼働していた約10年間に環境に放出したトリチウムは、福島原発事故の汚染水タンクにあるその量に匹敵します。放出されるトリチウムは周辺での白血病多発の原因である疑いが大です。次をご覧ください。
http://ad9.org/blog/nuclear/y2017/saikadohantai-kumamoto.pdf
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2017-06-16

関連記事:原発からのトリチウム放出
     トリチウムのマルチヒット効果
     人工放射能と自然放射能とでは人体作用が違うのか?
     カリウム40とセシウム137の違い

追記:2012年から3年間はほぼ停止しているため数字が小さくグラフではほとんど見えません。表と対数グラフ1401577.gifにすると次のとおり。(画像クリックでpdfへ)
temi-table.jpg tritium-emission-kyuden-logscale.jpg
九電発表の2011年以前のデータはこちらに「魚拓」(pdf)で置いています。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント