So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仏紙ルモンド「安倍氏は何をしても処罰されないと思っているようだ」 [メディア・出版・アート]

「安倍氏は何をしても処罰されないと思っているようだ」とのドキュメンタリー作家の想田和弘氏の言葉を,仏紙ルモンドが引用して伝えました.記事該当部分のパラグラフを訳して見ました.
lemonnde-yukinokakera.jpg
ルモンドの該当記事の最後の部分を,google翻訳の力を借りて訳して見ました.
日本の悪天候:少なくとも100人死亡、安倍総理は旅行を中止
西日本を襲った豪雨は氾濫と地滑りを引き起こした
ルモンド 2018年7月9日,東京特派員
LE MONDE | 09.07.2018 à 08h44 • Mis à jour le 09.07.2018 à 12h42 |Par Intérim (Tokyo, correspondance)
2011年の津波の記憶
(略)
『時間との戦い』« Un combat contre le temps »
(略)
批判される安倍晋三
近年の日本列島の災害の年表を見ると、雨(そしてその結果)は地震(津波を伴わない)よりも致命的であることは明らかだ。広島は2014年に74人が死亡した巨大地すべりを経験した。また2011年9月に、西日本のかなりの数の住民が2つの激しい台風による被害のために命を失った。

公式気象機関の専門家は確かに「例外的な状況」を述べているが、極端な現象が常に存在していることを認識しており、当面は気候変動に関連付けてはいない。重要なのは再発を予測(? mesurer)することだ。

日本人が、生活が危機に瀕しているという議論をしたくないとしても、インターネットでは(問題の)週末に安倍晋三氏の視界の欠如にうんざりする人が多い。彼は土曜日と月曜日の間に関係閣僚との3回の会合に参加したが、メディアの前では話をしなかった。これはむしろ珍しいことである。危機管理室は、土曜日にすでに状況が非常に深刻だったのに日曜日の午前中まで設置されず、公式記録では30人以上が死亡していた。

また、インターネットユーザーは、首相が7月11日から18日に予定されている海外旅行を中止しないことが適切であるかどうか、2日間疑問を呈した。「安倍氏は何をしても処罰されないと思っているようだ」と話していたドキュメンタリー作家の想田和弘氏は、政府の首脳が「2日間放置した後『時間との戦い』と言っている」という事実をあげ非難した。

政府の広報担当は月曜の朝に最終的に、安倍晋三首相は、予定されていた水曜からのベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトへのツアーを中止することを決めたと発表した。
青木俊氏のリツート
「安倍氏は、何をやっても罰せられないと思っているようだ」←事実、そうなりつつある。日本で進む、深刻な政治感覚の麻痺、政治的痴呆化。
さて,これ以上の「政治的痴呆化」を食い止めるにはどうしたら?
コメント(1) 

コメント 1

西日本新聞の社説ですが

アベ政権下の「政治家」というのがこれほど劣化しておるということで、怒っておりますが、マスコミもさすがに看過できないようですね。引用です。
=================

「生産性」という言葉が引っ掛かっている。一定の原材料や労働力でどれくらい製品を生み出せるか、という目安だ。生産性が高いと聞けば、ロボットが次々と部品を組み立てる工場の光景が浮かぶ
▼この言葉を出産に当てはめ、赤ちゃんを授かるかどうかで人として生産性が高いとか低いとか決めつけていいものか。性的少数者(LGBT)に対する自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の発言である
▼雑誌の寄稿で、LGBTカップル支援に税金を使うことを疑問視し「彼ら彼女らは子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と断じた
▼暴論、極論、人権意識の低さよ、と批判するのは簡単だが、これが杉田氏個人の不見識にとどまらないとすれば、問題は根深い。以前、柳沢伯夫元厚生労働相の「女性は子どもを産む機械」発言があった。今回も自民党内には杉田氏をかばう空気が
▼二階俊博幹事長は「人それぞれ、政治的立場はもとより人生観もいろいろある」と述べ、党として問題にしないという。個人の権利より、お国のために産めよ増やせよ-。そんな戦前のような感覚がいまだに残っているのか
▼「生産性」にも2通りあるそうだ。前述の「物的生産性」と「付加価値生産性」。後者はどれだけ新しい価値を生み出せるかを評価する。LGBTへの理解は、基本的な人権の考え方に新たな価値を加えるものだとすれば、むしろ「生産性」は高いのでは。
=2018/08/01付 西日本新聞朝刊=
by 西日本新聞の社説ですが (2018-08-02 06:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント