So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

トリチウム放出の危機と赤旗報道の問題点 [仕事とその周辺]

福島原発事故で出た大量の汚染水が太平洋に放出される恐れが出てきた.国の汚染水対策処理委員会が,高濃度のトリチウムを含むこの汚染水の海洋放出を決めてしまいそうな状況だ.これについての8月31日の「しんぶん赤旗」の記事は,そうとう問題あり.
海洋放出反対 相次ぐ トリチウム汚染水・福島公聴会
tritiium-akahata180831-1.gif
「厳しい批判が相次」いだ,とあるが,この記事には,公聴会にそもそも何が提案されたのかが書かれていない.おそらく海洋放出だろう,と想像するしかない.また,トリチウム以外の放射性物質も混入していることを取り上げているが,肝心のトリチウムそのものの危険性が薄れている.また15面の「解説」では,「トリチウムの処分をめぐっては風評被害の懸念が大きく」とし,本来の実際の危険性への言及は皆無に近い.

当ブログの関連記事:トリチウムのマルチヒット効果川内原発トリチウム放出再開
東電内規に従えば,法定濃度で全部放出するには40年以上要する件:
細川弘明氏の指摘と質問,まさのあつこツイッター,8月31日
キノリュウが行く,2013年3月1日

以下は,ネットには出ていない,15面の「解説」.tritiium-akahata180831-2.gif
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

宗純

今回の赤旗記事ですが、一言も間違いは書いていない。ところが、読者を間違った結論に誘導するとの、何とも不誠実な思惑が考えられる。

東電のホームページには、誰にも分からないように、タンクにたまった汚染水とは
実は、再臨界を防ぐ目的で、原子炉圧力容器に注入している冷却水だったと書いているのですよ。だから赤旗を含むすべてのマスコミが奥歯にものがはさまったような、何とも分かり難い記事しか書けないのでしょう。たぶん、一般市民がパニックになることを恐れているのです。
by 宗純 (2018-09-04 11:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント