So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イージス・アショア,なぜ山口と秋田か [反核・平和]

「『グローバルネットワーク』の宇宙軍反対キャンペーン」の記事で、イージス・アショアの無意味、無駄ぶりを書いたが、しかしあながち無駄ではないかもしれないという記事を見つけた。ただしアメリカにとって、だが。

「誰がためのイージス・アショアか?」配備地から導き出される、ある推論
(ハーバービジネスオンライン、牧田寛、2018.09.07)

それによると、北朝鮮からハワイとグアムを狙うミサイルに対しては、有効かもしれない、というのだ。早速、発射地点となりうる東倉里と両地点とを結ぶ大圏コースを、「北朝鮮から米国へのミサイルは日本の上を飛ばない」の記事で使った、大圏コースを割り出すサイト
http://www.chireki.com/earth/great_circle.htm
で調べてみた。以下はその結果。
まずハワイ行き。
hawaii.jpg
次に、グアム行き。
guam.jpg
なるほど、と納得させられる。これなら、代金はアメリカが払うべきだろう。ただし、住民への電磁波被ばくをゼロにするという条件で。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント