So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マクロン演説に対するメランションの評価 [社会]

マクロン演説に対する「不服従のフランス」のメランションの評価がYoutubeに出ています.その説明欄を例によってgoogle翻訳の助けを借りて訳してみました.

説明欄の訳:「2018年12月10日月曜日、ジャン・リュック・メランションは、黄色のベストの全面的市民革命への共和国大統領の演説に応えた。彼はエマニュエル・マクロンの新しい策略を分析した。 国会での「不服従のフランス」グループの議長は、発表されたすべての措置は、黄色のベストが求める富裕層の負担ではなく、フランス国民の税金や公共サービスの新たな削減によって賄われることになると指摘している。彼はまた、マクロンの発表から忘れられた人たち、すなわち失業者、パートタイム労働者(女性であることが多い)、若者および公務員を列挙した。最後にジャン・リュック・メランションは、市民反乱に加わった人々の民主主義的な熱望に対する対応の欠如を強調した。」

RFIの10日の記事(11日改訂)によると,彼は,今度の土曜日の「第五幕」は大規模な動員(mobilization)になるだろう,と言っている.
http://www.rfi.fr/france/20181210-gilets-jaunes-macron-peine-convaincre
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント