So-net無料ブログ作成

「不服従のフランス」の旧左翼への批判 - 黄色いベスト運動に関して [社会]

melanchon.jpg黄色いベスト運動に対する、フランス社会党、共産党など従来の左翼の動きが分かりません。その一端がわかるような、「不服従のフランス」の旧左翼への見解が、2月7日付けのフランス版ハフィントン・ポストに出ていて、メランションがツイッターでリンクしています。

この種の日本語の情報がほとんどないので、例によってgoogle翻訳の助けを借りて訳してみました。何とか意味が通りそうというところまで手を入れました。丁寧にはチェックしていないので、機械翻訳の荒削りなままのところが多々あります(そもそもタイトルの訳,特にmoment politiqueの訳がこれでいいのか自信がありません→1401577.gif2/16 佐賀大学の畑山さんのアドバイスで修正.本文中は青色)。また、"France insoumise" はgoogle翻訳の辞書にはないようで、「劣等のフランス」などとんでもない訳が返ってきます。この部分に関しては、「修正を提案」で送り返し、度々の利用へのお礼をしました。
-------------

La vieille gauche n’est pas à la hauteur du moment politique
古い左翼は政治的チャンスに対応できていない


今の政治的なチャンスと古い伝統的な左派を担当する人々の行動との間に、そのようなギャップはどこまで、そしてどの程度までありますか?

12週間以上の間、何十万もの女性と男性が、お金、競争、そして不平等によって支配される社会を終わらせたいという彼らの願望を表明するために黄色いベストを着ていました。彼らの要求では、彼らは富の共有と権力の共有を要求します。彼らはエマニュエル・マクロンに対するヒューマニストの、社会的、民主主義的な反対運動の一部です。権力は権威主義的な流れの方向の手段を取ることによって彼らに対応します。その抑圧は1700人の負傷者、18人の失明、5人が手を失い、7000人の警察による拘留および2ヶ月で1000人の有罪判決を受けた。議会では、政府と大多数が依然として抗議する権利をかなり制限する法律を可決している。

これらすべてに、他のすべての共和国前進と共和国大統領がよりも多くを表現する人々の軽蔑が加わり、特に彼らの誓いの中で黄色のベストを「憎しみの群衆」との表現が加わりました。彼は今、「変わり者のイエロー・ベスト」と嘲ります。非常に多くの元左派指導者たちが、運動への支持を表明する前に自分自身を正当化することを余儀なくされていると感じていることは残念です。彼らが我々に彼らに与えている支援を「ポピュリスト流」と表現することはさらに恥ずかしいことです。私たちはどんな逸脱について話しているのですか?

ここに政治的なチャンス(le moment plitique)があります。一方では、不正に対する激しい抵抗。他方では、市民の自由に対する脅威。人間の進歩のキャンプであると主張する人々にとって、優先事項はそれゆえ「黄色のベスト」にできるだけ多くの強さをもたらすことであるべきです。しかし、残された古い政治やメディアの組織の指導者たちは、一般的に不服従のフランス、そして特にジャン=リュック・メレンチョンに平手打ちをかまそうと用意しているようです。このように、BenoîtHamon(社会党の元報道官,大統領選挙の社会党候補)は昨年1月2日に彼を「左の岸を離れた」ことと、ポアンでのインタビューで、極右の「灰色の領域」を維持しているとして彼を非難した。1月10日、社会主義者のOlivierFaureは、彼の「耐えられない逸脱」が「赤と茶色の融合」につながる可能性があると考えた。2月2日のLeMondeでのインタビューで、彼は私たちをまだMarineLePenとLaurentWauquiezの側に位置付けしています。共産党のイアン・ブロサットに関しては、彼は昨年9月にエイドリアン・クアテネンに応える際“lepointGodwin”に到達した。1月16日のユヌ・ド・リベラシオンとその週のL'Obsが示したように、この政治的な流れの報道は終わっていない。彼ら全員は、彼らが彼らのうちの17人が私達の政治席と同様に私達に服従した政治的捜索を彼らに励まさなかったときに手放した。

これらすべての攻撃の目的は何でしょうか?たぶん内心は彼らがこのような方法で票を獲得すると信じています。今のところ、彼らは彼らを支持する人々同様,彼らに反対する人々の両方を弱めています。私たちにとって、彼らは有害です。反政府勢力は明らかに極右との戦いの一部です。私達は「怒っているがファシストではない」活動に取り組む。この分野では、それはマリヌ・ルペンがSMIC(最低賃金)の値上げまたは第6共和国への道に反対していると説明するのは不服従のフランスです。不服従のフランスと極右の間には何か共通点があると主張することによって、BenoitHamon、OlivierFaure、その他は、彼らが権力の策略に加担していることに気づいていないのでしょうか?その目的は、誇張と嘘の力によって、2番目のラウンドの再編成を不可能にするために、不服従のフランスを十分に孤立させることです。EmmanuelMacronは、MarineLePenのみに向き合い、2017年の打撃を再現することを夢見ています。

700万票の力に対するこの攻撃は、Macronの抵抗戦線を弱める。不服従のフランス、それはレッテルではなく内容についてのみ関心があります。それは国民の反対を強化するためのイニシアチブを提案し続けています。私たちは、2017年の労働法の分割で、9月23日の社会的クーデターに反対して行進しました。2018年5月、Jean-LucMélenchonは、Libérationとのインタビューで「新しい人気のある戦線」の構成を提案しました。彼は、EmmanuelMacronに対する異なる抵抗の連盟を考えました。これは、手段(appareil )についての合意ではなく、主にその行動によって構成される運動です。もちろん、共通のレーベルの下では、政治団体や他の組織が関与する可能性があります。その後、それは公式に左から石を受け取っただけであることをどう説明することができますか?

私たちは、彼が不服従のフランスとの実質的な意見の相違があるかもしれないことをすぐに認めています。しかし、この場合、それらを明確に公開することが必要であり、それは不思議な形ではありません。私たちの立場はわかっています。それらは、2016年から存在する「共通の未来」というプログラムにまとめられています。私たちを自分のものではないアイデンティティに割り当てることによって、いかなる議論も不可能にしたいと思う人もいます。たとえば、私たちのプログラムには、"frexit"のためではなく、欧州の条約からの出口戦略のために書かれています。不服従のフランスと対照的に、彼は条約の終了、憲法制定議会の招集、または憲法にグリーンルールを含めることに反対していると誰もが言うことは正当である。しかし、我々を枯渇させようとするどんな口実も、すべての人にとって有害です。

5月26日には、ヨーロッパ議会の選挙があります。エネルギーの集約を求める人々には、私たちは言います:不服従のフランスのリストを見てください。それは頭字語の判読不能なスープなしにそして宗派主義なしにこの収束を運営する。私たちのリストには、社会党、左派、生態学者、あるいは共産主義運動の左からの候補者がいます。何よりも、大多数の候補者はいかなる政党のメンバーでもありません。私たちのリストのトップ、ManonAubry、脱税との戦いの活動家のように。彼らは、社会の一部門、内部告発者、労働組合活動家に市民を巻き込んでいる。私たちは人々を「連合」し続けたいのです。この選挙は、投票者がマクロンの政策を拒否したことを表明するユニークな機会であり、これはフランスにおける欧州連合の寛大な指向の適用に他ならない。それは民衆の反対、ヒューマニズム、人間の進歩のキャンプを強化しなければなりません。十分なささいな攻撃、悪意のあるinsinuationsと低い打撃。不服従のフランスは、マクロン、欧州委員会、そして極端な権利のためにその矢を集中させるでしょう。他の人も同じことができます。
不服従のフランスの代表でこのトリビューンの署名者は次のとおりです。

UgoBernalicis
EricCoquerel
AlexisCorbière
MichelLarive
MathildePanot
AdrienQuatennens
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント