So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

80万人と8千人−「民主主義」の定義の違い [社会]

銃規制を求めて24日にワシントンで80万,全米で100万のデモが行われたと,今日(26日)の新聞(毎日,赤旗)が報じています.他方,日本では公文書改ざん問題,安倍内閣総辞職で東京・新宿で8千人の集会(この件は毎日には全ページに1行もなし).問題の重大さに大きな差異はないのに行動を起こす市民に2桁の開きがあることは,やはり深刻に受け止めざるを得ません.どうしても「なぜか」と考えてしまいます.
mainichi180326top70.jpg akahata180326top-t.jpg
集会やデモの規模もそうですが,日本の市民が政治的に無関心の傾向が強いということは,街頭で原発問題や政治問題でのビラ配りや署名活動をしていてもはっきり感じられます.ビラを受け取らないだけでなく,「自分には関係ない」というような雰囲気,あるいは,「どこからか金をもらっている特別な集団」とでも思われているかのような・・・.(念のために付記しますが,私が関わる政治に関わる活動では,もちろんそのような例はありません.)

「なぜか」を考えるのはその対策を考えるためですが,とりあえず思いつくのは次のようなことです.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

劇的な米朝対話のニュースに対するメディアの異常反応 [メディア・出版・アート]

劇的な米朝対話のニュースに対するメディアの反応が異常です。昨日から今日にかけて、TVの気になった異常発言と、それへの私のコメントをメモしておきます。録画・録音によるわけではないので、細かい言い回しまで正確ではないが、内容は正確です。

DPRK、朝鮮民主主義人民共和国を、「北朝鮮」を呼称するのは、蔑称に近いと思いますが、メディアで実際にこの呼称が使われているので、以下ではこれを使います。

1)「北朝鮮が単なる時間稼ぎをしていると分かれば、今度はいよいよアメリカは先制攻撃をするだろう。」(11日朝民放の、手嶋龍一発言)。

2)北朝鮮は朝鮮半島全体の「非核化」を要求するだろうが、アメリカが核放棄は「非現実的」。

3)(このまま和平が進めば)「独裁国家の体制を容認してしまうというデメリット」

コメント
1)先制攻撃という国際法違反の行為を、まるで当然のことであるかのような、権利でもあるかのようなニュアンスで発言。
2)毎日に1/8に掲載された川柳
「俺は持つ君は捨てろよ核兵器・東京 ホヤ栄一」
を挙げれば十分でしょう。「アメリカ絶対」の価値観から逃れられないテレビ出演者たち。これが出演の資格審査基準なのでしょう。
3)独裁国家であれば、外国の軍隊による「暴力革命」が容認される、という主義なのでしょうか?

イラク戦争の不当性を指摘するとき、「イラクは核開発をしていなかった。にもかかわらず攻撃した」という言い方がありますが、これは暗黙に、「核開発をしていたら攻撃されてもやむを得なかった」ということを含意する、ないし少なくとも否定していません。これも今回の朝鮮半島の核危機で、アメリカの傲慢な振る舞いが野放しにされた底流にあるのではないかと思います。

なお、DPRK、朝鮮民主主義人民共和国は、「民主主義」からも「共和国」からも程遠い、東アジアで最も抑圧的な政治体制の一つであることは間違いありません。しかしその体制を変えていくのは、その国の人々であり、外国からは、それへの間接的な援助のみが可能でしょう。ましてや「軍事行動」という、外国の軍隊による「暴力革命」が容認されるはずはありません。
また、アメリカなど外国の軍事圧力が、独裁体制の国内的な「根拠」になっていると思われ、これをなくすことこそが、民主化の助けになり、拉致問題の解決にも繋がると思います。
nice!(0)  コメント(0) 

国大協会長が「法人化は失敗だった」 [仕事とその周辺]

yamagiwa.jpg国大協会長の山極寿一氏(京都大学学長)が「法人化は失敗だった」と発言しています.(右の画像をクリック)
さて,それではこの問題が起きた2000年代初頭,彼はどのような発言,態度を取ったのか知りたいものです.当時この問題での氏の発言を聞いた記憶はありません.もし沈黙していたのであれば,他人事ではなく「自己批判」も必要でしょう.(1401577.gif追記:国大協会長としての発言なので,彼個人というより,この政策に協力してきた国大協としての反省が必要です.)
なお,上記読売の記事にある「日本は初等中等を含め、世界に対して誇れる教育をしてきた」という発言は一面的過ぎます.多くの人が指摘する否定的面も多々あります.「どの側面では」などの限定をしないと「日本すごーい」と一緒です.

国立大学の「法人化」問題で,「週刊金曜日」2002年4月19日号に発表し,「ペガサス・ホームページ」に転載した拙文を,この際当ブログにも転載します.(関連ページ:国立大学「独立」行政法人化問題資料集国立大学独法化阻止全国ネットワーク
---------

kin-yobi20020419arrow.jpg政府が実施を急ぐ独立法人化
大学の“独立”は逆に失われる恐れ

  英訳
          豊島耕一

政府は二〇〇四年度にも,大学を国の行政組織から独立させる「独立行政法人化」を実施しようとしている。
目論見通りにいくと、「独立」の言葉とは裏腹に、文部科学省の規制力が強まり、大学の廃校か存続の権限さえも大臣が握ることになる。憲法や教育基本法が保障する「学問の自由」「大学の自治」に真っ向から挑戦する制度改悪だが、反対の動きは極めて鈍い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

国際女性デー,スペインでは「女性ストライキ」 [社会]

国際女性デーの8日,スペインでは500万人以上が参加する「女性ストライキ」が行われました.組合ではなく,「女性」のストです.実際に交通が止まったり,女性記者のストで記事が出なかったりと,混乱とマヒが起こったようです.
 →AFPの報道
NHKが3月9日朝にリレーしたFrance2のニュースです.日本語音声.(下にオリジナル音声)


次はオリジナル音声(フランス語)です.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

映画「ザ・シークレットマン」と安倍政権の「文書改ざん疑惑」 [メディア・出版・アート]

the_secret_man.jpg映画「ザ・シークレットマン」,上映もフェイド・アウトしつつあり,福岡の唯一の上映館Tジョイ博多も明日からは早朝の1回だけになる.今日の午後出かけたが,ウィークデーの昼間にしてはかなりの入りだった.

映画の主人公は,ウォーターゲート事件に挑んだFBI副長官フェルトで,ニクソン大統領の捜査への圧力と妨害に対抗して,止むを得ず情報をマスコミにリークし,「ディープスロート」と呼ばれることになる男である.

今の森友疑惑,そして文書改ざん疑惑,また加計疑惑と,問題の本質は全く同じだと思った.これらのケースでも,不正に耐えられない官僚たちの何人かが,このFBI副長官と同じように「ディープスロート」となってメディアや政治家に情報を流しているのかも知れない.彼らの勇気が報われんことを!

ウォーターゲート事件では議会の特別調査委員会が活躍したが,今回の文書改ざん疑惑も,予算委員会だけではなく特別委員会を設置して追及すべきだろう.その対象も,文書改ざん疑惑だけでなく,そもそもの不正な土地ディスカウントの疑惑,また,森友だけでなく加計疑惑,さらには「準強姦事件逮捕状執行停止問題」も忘れてはならない.

目下の最優先課題,というより政治的闘争の焦点は,安倍内閣をいかに速やかに倒すか,ということなので,その主な舞台が予算委員会になるのもやむを得ないということなのか?つまり,「特別委員会に付託」では,けっきょく阿部政権に時間稼ぎを許してしまうことになるのだろうか?

しかしこのままでは,予算そのものの審議が全くなされないまま,つまり予算案の問題点が明らかにされないまま「自然成立」ということになってしまう.これも全くよろしくない.

(追記) 最後に,この映画の監督,ピーター・ランデスマンのメッセージから:「フェルトはまさに,高潔の士なのです.フェルトの行動のすべてが,私に,私たちみなに関わりがあるのです.わたしはフェルトの物語を語ることが,彼への恩返しのひとつだと思っています.」
1401577.gif(追記2) 3/30公開の「ペンタゴン・ペーパーズ」はメディアがテーマのよう。これらの映画で官僚の方々、メディアの方々が勇気付けられるといいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

あさイチが原発問題を40分 [メディア・出版・アート]

3/8 引用画面部分を書き起こして挿入しました.また 末尾にコメント追加。
3/9 とりあえずこの内容をそのままA4裏表のフライヤーにしました。(1401577.gif5/14その後の「報道ステーション」の情報も入れた再改定版)
------------
NHKのあさイチが3月5日の番組で,原発問題を40分近くを使って取り上げました.全体的によくまとまっており,特に原発が再生可能エネルギーの拡大の邪魔をしている,再稼働すればますます邪魔することになる,と言うことを分かりやすく示したのは見事でした.すでにYouTubeに上がっています.「知りたい!ニッポンの原発」


問題の,原発が再生可能エネルギーの拡大の邪魔であるところのくだりをクリップします.

「太陽光の出力を抑制する、止めるための装置ですね。九州電力さんからの指令で止めるための装置です。」
845.jpg
九州電力は、太陽光による発電量が管内で増えすぎてしまった場合、この小箱で送電を止められるようにしていると言うのです。いったいどう言うことなんでしょうか?私たちは、九州電力に話を聞きに行きました。

九州電力で送電の責任者を務める和仁寛さんです。
「ここは中央給電司令所と呼ばれる施設になります。」
電気は一度発電すると貯めておくことが出来ません。そのため、必要な量を常に予測し、ピッタリ合うよう発電する必要があります。ここは、そのコントロールをする重要な場所。しかし今、太陽光発電が大幅に増えて来たことから、とても困った事態に直面しているといいます。
「一日中晴れですとか、一日中雨ですと、予測は比較的簡単なんですが、“晴れのち曇り”などになりますと、非常に予測が難しくて・・・」

太陽光は、時間帯やその日の天候、季節などによって発電量が大きく変わるため、とってもコントロールが難しいんだそうです。実際、去年4月30日には、こんなことがありました。この日は、大型連休の2日目。電力の消費が少ない一方、日差しは強く、太陽光による発電が大きく増加すると見込まれました。この日の実際の電力消費量がこちら。一方、供給量は、このように日中大きく上回りました。その原因は、太陽光の発電量がひときわ多かったからです。九州電力は大幅に火力発電を減らすなどの対応に迫られました。
今後、太陽光発電はさらに増える見込み。九州電力はこの小箱を作動させ、送電を止めることで対応していく考えです。
847x.jpg
さらに難しい状況も待ち受けています。原発の再稼働です。九州電力は、すでに動いている川内原発に加え、今月中にも玄海原発を再稼働させる方針です。
「今後、玄海原発が再稼働すると、より原子力の発電量が増える、ということですよね。」
848.jpg
「この緑(の線)がもう少し上まで。玄海が118万キロですから、全部で240万ですよね。そうするとこのくらいまでが原子力になるわけです。」
848a.jpg
原発は一度運転を始めると、細かな発電量の調整は困難。原発の割合が増えると、太陽光が入る余地が少なくなってしまいます。
「原子力が4台になりますとですね、先ほど申しましたご協力をいただきながら、太陽光の出力制御をすることが必要になる可能性がありますね。」
848b.jpg
(スタジオで出演者が首をひねる。)
「スッキリしないですよね。理解はできたんですけど、なんか、謎というか、なんかそういうのが深まって行って。なんか、あんだけのお金使うんやったら、もうちょっと他に、例えば蓄電の技術を高めるとか、家庭内で蓄電できるようにするとか、もっと何かあるんじゃないか、とか。いま全然スッキリしないですね。」
849.jpg
(引用終わり)
1401577.gif3/8追記 「蓄電」についてブロガーのコメント:大規模な「蓄電」装置として「揚水発電」があり、これが大きな役割を果たしていることに触れなかったのは残念です。「揚水発電」とは、水力発電の「逆回し」つまり電力を使って水をダムに組み上げてエネルギーを蓄えることのできる水力発電のことです。
番組で、九電の和仁氏が示したパネルに「揚水発電」の膨らみが朝と夕に、また「揚水動力」が日中にあります。これは、昼間の(主に太陽光の)余った電力を「揚水発電所」に送り、水を汲み上げ、電力が不足する時に水力発電をするもので、これがフル稼働していることが分かります。この施設は、記事「原発問題ビラの内容について」に書いたように、全国では大型原発20基分もあります。
この揚水発電は、もともとは原発の夜間の余剰電力を蓄えるために作られたのですが、現在は再生可能エネルギーの大規模な貯蔵装置になっています。
nice!(0)  コメント(0) 

予算を審議しない予算委員会 [反核・平和]

2月末28日の衆院予算委員会は,「予算」の中味については全く審議しないまま,予算案が強行採決した(しかもその夜のうちに本会議まで通過した).この委員会審議で大きく報道されたのは,労働法制改変における「裁量労働制」の拡大問題だ.野党の追及などで,翌日安倍首相はこれの法案からの削除を表明することになったのは成果だが,本来の予算審議なしで終わることに野党が抵抗しなかったのは不可解.と言っても今に始まったことではなく,この委員会で「何にいくら使うか」と言う話題を聞いたことがない.それとも報道しないだけなのか?

yosankumikae-akahata180301.gif本会議の段階になって初めて,野党は組み換え動議を提出しているが,これでは単なるアリバイ作り,セレモニーと言われても仕方がないだろう.一般国民がその内容をほとんど知る機会もないのだから.もし知ることが出来たとしても,何の行動も,発言もする時間もない.

その組み換え動議の内容を,可決翌日の「赤旗」が伝えているが,その内容にも疑問がある.ネット版では「一方、米国から兵器を調達する有償軍事援助(FMS)など水膨れ予算の適正化などに1・9兆円程度の歳出削減を求め」とあるが,紙面では,1.9兆円の内訳にこの兵器関連の項目はない.例えば,問題の「イージス・アショア」の2000億円や,ミサイル防衛の1791億円には反対したのだろうか?(これらの金額については以下の報道参照)
「弾道ミサイル防衛(BMD)整備費の累計額が、18年度予算案で2兆円を突破する見通し」
「18年度予算案の概算要求では、従来より射程が長い新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」やPAC3の改良型、弾道ミサイルと航空機の両方に対応可能な警戒管制レーダー「FPS7」の購入・整備などに約1791億円を計上。」
(毎日新聞2017年12月13日)
「イージス・アショア 導入には2基合計で最低2000億円」
「19日午前の閣議で決定した。2018年度防衛予算案に、施設設計費や設置候補地の地質調査費7億3000万円を計上する。」
(ロイター 2017年12月19日)
3/4追記:立民の議員・山内康一氏のブログ記事「2018年 予算委員会の攻防をふり返る」にも,予算そのもののことには全く触れていない.
コメント(0)