So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パリ・バンドーム広場のハイヤットホテル従業員のスト [社会]

また続けて、ラジオフランス・インターナショナルが伝える、労働者の人としてのディグニティーを求める活動です。グーグル翻訳の助けを借りた日本語訳です。記事には「利用者の困惑」とか「迷惑」というような言葉は一切使われていません。→オリジナル記事
cgt-parthyatt.jpg

パリでは、パーク・ハイアットのハウスキーパーが15日前からストライキを行う

パリの高級ホテル、パーク・ハイアット・ヴァンドームの約50名の 女性清掃員と客室係は、9月25日以来無期限ストライキに入っています。

彼女らは騙され、疎外されていると感じている。下請け会社に雇われている彼女らは、ホテルグループによって直接雇用されるよう要求しています。 人々に聴かれるように、スト参加者は首都の第1区にあるヴァンドーム広場のホテルの正面にほぼ毎日立っています。

パリのこのシックな地区にエレガントな服を着た観光客や通行人のど真ん中に、彼女らは風景の中にその存在感を示しています。彼女らハウスキーパーたちは、彼らの方向に向かって怒りの声を発します。彼女らは、耳を傾けてもらえず、敬意も払ってもらえていないと感じます。

彼女らうちの1人は、ハイアットホテルの清掃と衛生を請け負う下請け業者であるSTNで働いています。彼女は6年間の苦労を語ります。「私たちはアウトソーシングでひどい扱いを受けています。彼らは私たちを動物のように見なし、私たちに敬意を払いません。私たちがそこで清掃をしなければ、顧客は来ないでしょう、それを彼らは忘れています!」

55人のスト参加者はまた、時給3ユーロの賃上げを求めています。 「労働組合CGTのパリの商業部門代表・ディディエ・デル・レイ氏は、このホテルでは正当な賃金が支払われていないと非難。ジョルジュ・サンク・パレスまたはブリストルの同じ地位と比べて、彼らには低い賃金が支払われています。 ここの受付係は約1,600から1,700ユーロです。パレスでは約1,900または2,000ユーロです。」

ホテルの経営者は交渉に応じるが、次のように自らの立場を正当化している。彼女は、賃金は昨年2月にすでに引き上げられている、と言う。 しかし、彼女によれば、部屋のメイドの直接雇用については交渉できない。一緒に叫んだストライカーを安心させるには十分ではありません。「私たちはとことん行きます、私たちはゆるぎない! 」彼女らは必要とあればクリスマスまで続行します。
-------
以下に原文を転載します。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)