So-net無料ブログ作成

「不服従のフランス」の旧左翼への批判 - 黄色いベスト運動に関して [社会]

melanchon.jpg黄色いベスト運動に対する、フランス社会党、共産党など従来の左翼の動きが分かりません。その一端がわかるような、「不服従のフランス」の旧左翼への見解が、2月7日付けのフランス版ハフィントン・ポストに出ていて、メランションがツイッターでリンクしています。

この種の日本語の情報がほとんどないので、例によってgoogle翻訳の助けを借りて訳してみました。何とか意味が通りそうというところまで手を入れました。丁寧にはチェックしていないので、機械翻訳の荒削りなままのところが多々あります(そもそもタイトルの訳,特にmoment politiqueの訳がこれでいいのか自信がありません→1401577.gif2/16 佐賀大学の畑山さんのアドバイスで修正.本文中は青色)。また、"France insoumise" はgoogle翻訳の辞書にはないようで、「劣等のフランス」などとんでもない訳が返ってきます。この部分に関しては、「修正を提案」で送り返し、度々の利用へのお礼をしました。
-------------

La vieille gauche n’est pas à la hauteur du moment politique
古い左翼は政治的チャンスに対応できていない


今の政治的なチャンスと古い伝統的な左派を担当する人々の行動との間に、そのようなギャップはどこまで、そしてどの程度までありますか?

12週間以上の間、何十万もの女性と男性が、お金、競争、そして不平等によって支配される社会を終わらせたいという彼らの願望を表明するために黄色いベストを着ていました。彼らの要求では、彼らは富の共有と権力の共有を要求します。彼らはエマニュエル・マクロンに対するヒューマニストの、社会的、民主主義的な反対運動の一部です。権力は権威主義的な流れの方向の手段を取ることによって彼らに対応します。その抑圧は1700人の負傷者、18人の失明、5人が手を失い、7000人の警察による拘留および2ヶ月で1000人の有罪判決を受けた。議会では、政府と大多数が依然として抗議する権利をかなり制限する法律を可決している。

これらすべてに、他のすべての共和国前進と共和国大統領がよりも多くを表現する人々の軽蔑が加わり、特に彼らの誓いの中で黄色のベストを「憎しみの群衆」との表現が加わりました。彼は今、「変わり者のイエロー・ベスト」と嘲ります。非常に多くの元左派指導者たちが、運動への支持を表明する前に自分自身を正当化することを余儀なくされていると感じていることは残念です。彼らが我々に彼らに与えている支援を「ポピュリスト流」と表現することはさらに恥ずかしいことです。私たちはどんな逸脱について話しているのですか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)