So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
メディア・出版・アート ブログトップ
前の10件 | -

映画「マルクス・エンゲルス」を見ました [メディア・出版・アート]

多くの人に奨めたいので急いで投稿します.(1401577.gif佐賀のシエマで7/19まで)
http://www.hark3.com/marx/
ずっと前にこの映画を紹介した赤旗記事を転載していましたが,福岡でも上映していることを知り,しかも今週金曜までとのことで,またウィークデーより日曜が若い世代の観客が多いだろうということもあり,急いで見に行きました.一日一回の上映,そして客席も少ないこともあって,満席以上で,補助椅子が並べられました.

冒頭の,自然誌ドキュメンタリーかと思わせるような美しい森の風景から始まりますが,実はそこで繰り広げられる貧しい人々への抑圧と暴力が,マルクスの思想の原点となったことが描かれます.

img873t.jpg本の黄色になったページでしか見たことのないような人物たちが生き生きとよみがえり,歴史や思想史の勉強になるだけでなく,マルクスの思想が今こそ求められていることが実感されます.

映画パンフレットの監督インタビューから一部分を紹介します.
今日の観客は,現在の政治・経済状況に当てはめて,本作を鑑賞することになるだろう.だが現代の人々は,日々の世界の政治・経済状況に無知であったり,メディアによるフェイクニュースに踊らされ,どう対応して良いのかわかっていない.若者たちは,ニュースの何が本質で,何が本質ではないか,理解できずにいるのだ.よく人々は,様々な情報をインターネットを通して入手できるというが,僕はそうではないと思う.なぜなら,日々の生活の中では,大量の情報を砲撃を浴びるように受けているだけで,その情報を自分は把握できるか,あるいはできないか決める時間さえも持っていないことが多い.ニュースに関して,その背景やそうなった経緯を追うことさえもできていないのが現状なのだ.だから本作は,映画の中の3人の若者が,今日の若者たちに指針のようなものを提供しているのだ.
映画の内容とは全く関係ありませんが,マルクス(1818-1883)と同時代のヨーロッパの音楽家には,メンデルスゾーン(1809-1847),シューマン(1810-1856),ショパン(1810-1849),リスト(1811-1886),ワグナー(1813-1883)がいます.思想史においても,音楽(ロマン派)においても,とてつもなく偉大な時代だったことが分かります.1401577.gif映画の終盤で扱われる「共産党宣言」が出版されたのが1848年,シューマンのピアノ曲『森の情景』の作曲がこれと同じ年.
-------
「マルクス」つながりの記事:「マルクスの墓」
nice!(0)  コメント(0) 

「法批判 通る前にはやらないの?」 [メディア・出版・アート]

少し旧聞になりますが,また1日にFBに投稿したものですが,こちらにも記録しておきます.労働法改悪,所謂「高プロ」法案が通った翌日の毎日新聞.これだけのボリュームの分析記事は採決前は見た記憶がない.
記事テキスト:
https://mainichi.jp/articles/20180630/ddm/003/010/124000c
一部引用:労働基準監督署の監督官からも『労働者を守れない』との声。『どれだけ長時間労働をさせられていても、労働基準法違反を指摘できないことがある』。関東地方の労基署に所属する監督官は憤る。
なぜ採決前に報道しない?
タイトルは,同紙の川柳欄への投稿.不採用のようなのでここで使用します.
mainichi180630.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

BBCによる伊藤詩織氏のドキュメンタリー番組 [メディア・出版・アート]

bbc2jss.jpg“Japan's Secret Shame”(日本の秘められた恥)」というタイトルの,伊藤詩織氏のドキュメンタリーを6月28日夜にBBCが放送した.
日本語版ページオリジナル(右の画像からもリンク)

これから動画へのリンクはあるものの,クリップも含めて「英国以外では視聴できません」と表示される.いくつかの動画サイトに全編が(デイリーモーションでは日本語字幕付き)アップロードされていたが,次から次に削除されている.
次のニコニコ動画では見られるが,はじめの方に多くの「書き込み」が画面に重なり,日本語字幕はないが,今の所これしか見つからない.
https://www.nicogame.info/ja/watch/sm33446417
1401577.gif7/6追記:現時点で次で視聴できます。
英語版(約1時間) https://www.dailymotion.com/video/x6neq54
日本語版(前半・後半とも各30分弱) https://www.liveleak.com/view?t=k6KSU_1530632496

akahata180630bbc-shiori.gifこれをきちんと全面的に取り上げて紹介する日本の勇気あるメディアはまだ現れていないようだ.「しんぶん赤旗」には30日に短い紹介記事が出ているものの,「レイプ被害者による告発と啓発活動」という一般的な書き方で,山口敬之氏の名前も出てこなければ,異常な逮捕状執行停止のことも書かれていない.一般紙は,あるとしても恐らく豆記事で,探すのが余りにも大変な作業になる.

視聴して驚いたのは,伊藤氏の自宅に盗聴器が仕掛けられていたというシーンだ(紹介記事).これに象徴されるように,日本では,脅しやセカンドレイプ的発言などでとても暮らせる環境ではないのだろう.いわば,草の根的暴力(と言っても背後に権力があるのは疑いないが)のための「亡命」を余儀なくされている.ほんとうに恐ろしい国になってしまった.

このような勇気ある人を応援するためにも,まずこのドキュメンタリーを多くの人が「見る」ことが大事だと思う.彼女の著書「Black Box」も同じだ.

野党超党派による「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」の活動はどこまで進展しているのだろうか?もしかすると,この会の活動を「検証する会」も必要なのだろうか?

関連当ブログ記事:
「準強姦事件逮捕状執行停止問題」の検証を加速せよ−“Black Box”を読んで(2018年2月)
伊藤詩織さんの民事裁判,赤旗が報道(2017年12月)
伊藤詩織さんの告発を社会新報が詳細に(2017年11月)
nice!(0)  コメント(2) 

「体制保証」の言葉は意味を理解して使われているのか? [メディア・出版・アート]

朝鮮民主主義人民共和国(以下,北朝鮮)の非核化をめぐって,同国の「体制保証」云々についての議論や報道がなされている.(英語では“guarantee of the regime’s survival”,反対語は“regime change”のようだ.)例として,末尾に2つの記事を挙げる.

可能な解釈は,「軍事行動などで政権転覆を計らないという約束」という意味と思われるが,もしそうなら「体制保証」が議論の対象になることなどあり得ない.主権国家の不可侵は国際法の大原則だからだ.それとも,国連加盟国である北朝鮮を「イスラム国」並みの似非国家と見なすというのだろうか?

続きを読む


コメント(0) 

「70億の隣人のみなさん」 [メディア・出版・アート]

海外ラジオ放送番組のタイトルに素晴らしいのがあるので,ぜひ紹介したくなりました(FBで既報).
ラジオフランス・インターナショナル(RFI)の番組に,「70億の隣人」(7 MILLIARDS DE VOISINS)というのがあります.世界各地のリスナーと電話でやりとりする番組ですが,なんとも素敵なタイトルではないでしょうか.
番組冒頭の,リスナーへの呼びかけもこのタイトルと同じですが,当然女性リスナーもいるので,"7 milliards de voisins et de voisines" となります.
番組の終わりで,「また同じ時間にお会いしましょう」という挨拶も,「同じ時間に同じ惑星の上でお会いしましょう」(à même heures et sur la même planète)と,これまたグローバル,というより宇宙的センス.
数日前は学校などでスマホを禁止すべきかどうか,という,世界共通の悩ましい問題を議論していました.
時々単語が耳に入る程度で,かろうじて何の話題かがわかる程度にすぎませんが,フランス語のリズムと抑揚が好きなので,RFIは,短波の時代からよく聴いています.
番組ホームページ
rfi.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」 [メディア・出版・アート]

リュジュンヨル.jpg昨年韓国で大ヒットしたという映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」を,福岡の映画館で見た.午後の座席は満席で入れなかったが,こんな経験はこれまで全くと言っていいほどなかった.私が主にマイナーな映画ばかりを見ていたせいだろうか? とは言っても,この映画も福岡県では1館だけで,決して「メジャー」ではない.
1980年の光州事件を題材にしたもので,封鎖された光州市に入って取材しようとするドイツ人ジャーナリストと,彼を現地まで運ぶタクシー運転手の物語だ.
事件は深刻で悲劇的だが,映画は様々の人間的なエピソードが織り込まれて暖かく深みのあるものとなっている.
韓国では,この映画のサイトによると「1,200万人動員」とあるが,もしかするとこの日の観客にも在日コリアンの人が 多かったかも知れない.
この映画に描かれた韓国の人々の抵抗精神が一昨年のキャンドル革命の底流にあったのだと納得させられる.
とにかくとてもいい映画なので多くの人に見てもらいたい.
------
5/5加筆:映画サイトのトップページには,「韓国の現代史上,最大の悲劇となった光州事件」とあるが,数十年遡れば,1948年の「済州島四・三事件」という,済州島の島民数万人が米軍に虐殺されるという事件も起きている.米国陸軍支配下にあった済州島で,朝鮮半島分断に反対する島民が蜂起したのに対し,米軍は警察と右翼を動員して鎮圧に当たり,済州の島民数万人を虐殺したとのことである.このドキュメンタリー映画“The Ghost of Jeju”が2013年に制作されている.この映画はあるイベントでDVDをテレビ画面で見たが,映画館での上映も行われたようだ.
https://cinemarine.co.jp/the-ghost-of-jeju/
http://www.theghostsofjeju.net
コメント(0) 

映画「マルクス・エンゲルス」 [メディア・出版・アート]

1401577.gif7/7追記:福岡のKBCシネマで13日まで。
----------
今日のしんぶん赤旗に,映画「マルクス・エンゲルス」の紹介記事がありました.ネット版には出ていないようですので,紙面の精細画像をアップロードします(クリックで拡大).
記事の中から一部引用:
「もう一つ,この映画の新しさを感じさせるのが,女性の登場人物の描き方です.
3人目の主人公ともいえるイエニー・マルクスは,名門貴族の家に生まれながらも絶対王政を嫌悪し,「古い社会と闘ってこそ幸福よ」と言い切る人物です.彼女が,マルクスと無政府主義者プルードンの議論の場に同席し,夫以上に辛辣な言葉でプルードンの論述の弱点を指摘する場面や,・・・

marx-engels-movie-rf180427t.jpg残念なことに,九州では上映館が熊本と宮崎しか予定されていません.是非とも少なくとも各県1館はやって欲しいものです.
1401577.gif7/7追記:冒頭に書いたように、福岡のKBCシネマで13日まで。
https://kbc-cinema.com/schedule/
-----------
「マルクス」つながりの記事:「マルクスの墓」
nice!(0)  コメント(0) 

「ペンタゴン・ペーパーズ」を観る [メディア・出版・アート]

img819ts.jpg上映中の「ペンタゴン・ペーパーズ」をようやく見に行った。ウィークデーの昼間だったが、客はそんなに少なくはなかった。とにかくあらゆる意味で素晴らしい映画だ。特に、メディアと権力の関係がまさに問題になっている現在、必見の作品。(写真は映画パンフレットから。クリックで拡大)

人間ドラマの組み立ても素晴らしいが、巨大な輪転機など工場とそこで働く多くの労働者が描かれたのも印象的だった。新聞は、決して記者だけではなく、多くの職種の人々によって作られるということを実感させる。

足を運んだ久留米市のT・ジョイは、朝と午後の2回上映で、今週土曜日からは「スケジュールは調整中」となっている。多くの人が見に行けば延長、ロングランとなるだろう。

「主人公」のワシントン・ポスト紙で思い出した。1968年1月、佐世保に米海軍のエンタープライズが入港する際、反対闘争が繰り広げられ、当時学生だった私も市民球場の大集会に参加した。その前日だったと思うが、市民球場に“Washinton Post”の腕章を付けた白人の記者がいたのを記憶している。映画が描いているペンタゴン・ペーパーズ事件は1971年なので、その3年前ということになる。

前に紹介した「ザ・シークレットマン」は、この映画に続く1972年のウォーターゲート事件がテーマである。
nice!(0)  コメント(0) 

フランス国鉄の3ヶ月スト [メディア・出版・アート]

4月2日夜のFrance 2 のニュース(NHK衛星が3日朝レピート)。
国鉄「改革」に反対して3ヶ月にもわたって間歇的にスト。支持する市民の声も伝える。
日本語吹き替え版


続いてオリジナル版(フランス語)。

続きを読む


コメント(0) 

劇的な米朝対話のニュースに対するメディアの異常反応 [メディア・出版・アート]

劇的な米朝対話のニュースに対するメディアの反応が異常です。昨日から今日にかけて、TVの気になった異常発言と、それへの私のコメントをメモしておきます。録画・録音によるわけではないので、細かい言い回しまで正確ではないが、内容は正確です。

DPRK、朝鮮民主主義人民共和国を、「北朝鮮」を呼称するのは、蔑称に近いと思いますが、メディアで実際にこの呼称が使われているので、以下ではこれを使います。

1)「北朝鮮が単なる時間稼ぎをしていると分かれば、今度はいよいよアメリカは先制攻撃をするだろう。」(11日朝民放の、手嶋龍一発言)。

2)北朝鮮は朝鮮半島全体の「非核化」を要求するだろうが、アメリカが核放棄は「非現実的」。

3)(このまま和平が進めば)「独裁国家の体制を容認してしまうというデメリット」

コメント
1)先制攻撃という国際法違反の行為を、まるで当然のことであるかのような、権利でもあるかのようなニュアンスで発言。
2)毎日に1/8に掲載された川柳
「俺は持つ君は捨てろよ核兵器・東京 ホヤ栄一」
を挙げれば十分でしょう。「アメリカ絶対」の価値観から逃れられないテレビ出演者たち。これが出演の資格審査基準なのでしょう。
3)独裁国家であれば、外国の軍隊による「暴力革命」が容認される、という主義なのでしょうか?

イラク戦争の不当性を指摘するとき、「イラクは核開発をしていなかった。にもかかわらず攻撃した」という言い方がありますが、これは暗黙に、「核開発をしていたら攻撃されてもやむを得なかった」ということを含意する、ないし少なくとも否定していません。これも今回の朝鮮半島の核危機で、アメリカの傲慢な振る舞いが野放しにされた底流にあるのではないかと思います。

なお、DPRK、朝鮮民主主義人民共和国は、「民主主義」からも「共和国」からも程遠い、東アジアで最も抑圧的な政治体制の一つであることは間違いありません。しかしその体制を変えていくのは、その国の人々であり、外国からは、それへの間接的な援助のみが可能でしょう。ましてや「軍事行動」という、外国の軍隊による「暴力革命」が容認されるはずはありません。
また、アメリカなど外国の軍事圧力が、独裁体制の国内的な「根拠」になっていると思われ、これをなくすことこそが、民主化の助けになり、拉致問題の解決にも繋がると思います。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - メディア・出版・アート ブログトップ