So-net無料ブログ作成
メディア・出版・アート ブログトップ
前の10件 | -

東電裁判をめぐる「放送事故」 [メディア・出版・アート]

東電裁判の19日の無罪判決は、それ自体だけでなく、その夜のメディアの扱い方も大きなニュースだ。言わば「放送事故」。10時報道ステーション、11時はニュース23、news zero、WBSと、東電裁判の伝え方をチェックした。

報ステ、ニュース23はトップは殺人事件(NHKスタイル)で、東電裁判は2番目に扱った。WBSは40分過ぎたあたりでわずか数十秒(news zeroは未確認。なお、新聞では、今朝(20日)の毎日は一面トップだった)。

rfi190919.jpg外国では、RFI(ラジオ・フランス・インターナショナル)が速報でトップ扱いであった(語学力維持のためモニタしてます)。同ウェブサイトでも19日にはトップページにあった。
http://www.rfi.fr
記事へ

世界的大ニュースが国内テレビでは周辺化(marginalize[注1])される。裁判所も政権に忖度なら、メディアも忖度。民主主義の前提が崩壊している。左翼は、また少なくとも民主主義を語るものならば、この現状に見合った、民主主義回復の方策、戦術を考える時に来ている。

誰もが気づくべきなのは、香港やフランス、アルジェリア[注2]など、世界で有効性を示している「非暴力直接行動」である。このような行動と選挙とを一体として考えるべきだ。

興味深かったのは、これも東電裁判をトップで報じなかったNHKニュースだが、その直後の「クロ現」は、途中から見たのだが、むしろ有罪を立証するようなものだった。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4330/index.html
kurogen.jpg
なぜこれをもっと早くやらなかったのか。広く知られれば判決も違った可能性がある。
上記「クロ現」のウェブサイトから:
福島第一原発の事故をめぐる歴史的な裁判の判決が出る。裁判の過程では、東日本大震災の3年前に巨大津波への対策を行い、被害を免れていた原発が存在することが明らかになり関係者に衝撃が走った。茨城県にある日本原電・東海第二原発だ。東京電力と日本原電の津波への対応は、なぜ分かれたのか。不確かな巨大リスクにどのように向き合えばよいのか、そして、見えてきた教訓は現在の安全審査に生かされているのか、独自取材で迫る。
再放送は通常はないようだが、その週の反響が大きかった回だけ、毎週土曜日午前1時40分~(金曜日の深夜)に再放送されるようだ。次のページから再放送を要望しましょう。
https://www.nhk.or.jp/css/
--------
[注1]当ブログ記事「marginalise という言葉」参照
 https://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2015-09-29
[注2]次のブログ記事参照
「アルジェリア大統領が市民の平和的なデモで辞任に追い込まれた」
 https://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2019-04-04
コメント(0) 

自由の女神もその出身国へ [メディア・出版・アート]

これはもう、転載せずにはいられない・・・
トランプの「国へ帰れ」発言に自由の女神は・・・
https://www.gocomics.com/claybennett/2019/07/17
Statue of Liberty.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

奄美大島の軍事要塞化を報じる「社会新報」 [メディア・出版・アート]

少し古い、5月15日の記事ですが、貴重な内容と思いますので転載します。画像クリックで拡大。
shakaishinpo190515bh377.jpgshakaishinpo190515ah377.jpg
地図の部分
shakaishinpo190515figw250.jpg
最近の関連ニュースとして、「反戦平和のための軍事問題研究」サイトに掲載された、「ヘリ空母「いずも」7月10日横須賀帰港 水陸機動団もいっしょに」という記事を紹介します。
https://www.facebook.com/groups/135517890608013/permalink/477158279777304/
小西誠氏が「『訓練名目』の軍事行動の範囲を西太平洋全域に拡大し、水陸機動団を遊弋させた、対中包囲の『砲艦外交』=軍事外交政策を、ほとんどの野党・メディアがまったく批判しないことに根本から危惧を覚えます」とコメント。
コメント(0) 

「徴用工」問題についての原則論を転載 [メディア・出版・アート]

1401577.gif7/18追記:末尾に内田論文の中の法的議論を引用。
-------------
いわゆる「徴用工」問題についての原則論が2本,社民党の月刊誌「社会民主」の3月号に掲載されていました.同誌のサイトは全く更新されておおらず,ましてや転載もされていません.この問題についての専門家によるまともな文章をネット上に見つけることが困難なので,電話で同党の許可を得て,以下に転載します.

自民党は嫌韓煽りで参院選を乗り切ろうとしているとの話もあり(津原泰水=やすみ ツイート),この問題は,「慰安婦」問題と並んで,政治戦でも重要になっていると思います.
次の画像をクリックすると全文PDF(と精細画像)に行きます.

内田雅敏氏(弁護士)     外村大氏(東大教授)    タイトルページ
shakaiminshu-may2019uchida-1.jpg shakaiminshu-may2019tonomura-1.jpg shakaiminshu-may2019p6w540.jpg
以下,タイトルページの文字起こしです.
特集 「徴用工」問題が私たちに問うもの

(写真キャプション)
日韓・日朝間の懸案は村山、菅両首脳談話に基づいて協議し解決すべきだとする「日本市民知識人の声明」を発表する有識者6人(2月6日 衆議院会館)。

韓国国会の文喜相議長が「慰安婦」問題について、天皇が謝罪すれば解決するとの趣旨の発言をしたことに対し、安倍官邸の喜びようがひしひしと伝わってくる。これで「徴用工」問題も「3・1独立運動」も吹っ飛んだというわけだ。安倍首相は「甚だしく不適切な内容を含む」と答弁したが、なぜ「不適切」なのかは説明せす、「国民感情」をちらつかせるだけだ。確かに、昭和天皇個人と異なり、現明仁天皇と戦争責任との関わりは制度(天皇制)の問題を媒介して論じざるを得ないため、現天皇がこの30年間に構築してきた「平和主義者」を金看板とする現代象徴天皇制に対し、時にいらだちを穏さない復古主義派も、「平和主義天皇制」への異論を、これを支持する国民が容認しないことは問答無用の大前提だという形で、現代象徴天皇制をフルに利用するのだ。しかし、これは「不敬罪」、そして、帝国憲法3条「天皇八神聖二シテ侵スヘカラス」の復活ではないのか。

内田雅敏弁護士は今号掲載の論稿の中で、戦争被害の「和解」のためには、①加害者による加害の事実認定と謝罪 ②謝罪の証しとして和解金支給 ③同じ過ちを繰り返さないための歴史教育などーーの3つが不可欠だと指摘する。天皇制はなぜこの要件と、そもそも無縁でいられるのか。これこそ植民地主義の表れであり、その最大の主柱ではないのか。植民地主義の軛〈くびき)は、旧宗主国の国民の精神の自由をも束縛している。

続きを読む


コメント(0) 

映画「新聞記者」 [メディア・出版・アート]

shinbunkisha.jpg((8/7更新)末尾に福岡,佐賀の上映情報追記)
「新聞記者」,封切り2日目に鑑賞しました.主演の松坂桃李の「最初に脚本を読んだとき,『こんなに攻めた映画を作るのか』と衝撃を受けた」[1]という言葉を読んでいたので,見る前から期待の閾値は上がっていましたが,そのつり上がった期待にも十分応える,今の日本の権力のコアに迫るものでした.
映画サイト同,劇場情報ページ別サイトの劇場情報公式ツイッター

監督は弱冠32歳,「新聞を読まない」世代だそうです.監督の言葉やインタビュー記事から少し引用.
日刊ゲンダイから
監督は32歳。新聞をまったく読まない世代で、政治にも関心がなかった。それで、「民主主義国家で生きている以上、政治とは無縁ではいられない。一人一人の生身の生活と政治は切り離せない。政治から遠ざかれば、民主主義からも遠ざかる」というような話をしたんです。「上から目線ではなく、若者の視点から映画を撮ったら面白いとは思わないか。やってみないか」と。

すると、監督は俄然ヤル気を出して、東京新聞の購読を始めて、モーレツに政治の勉強を始めた。国民が何も知らなければ、権力によって意のままに分断されてしまう。そこに「政治に無関心」の怖さがある。そうしたことが政治による同調圧力に屈してしまう下地になっていることを監督は悟ったんです。うれしかったですね。
週刊金曜日6/28日号の藤井道人監督(32歳)のインタビュー記事から
撮影前、記者や外務省の官僚などさまざまな立場の人に会った。そこで感じたのは「自分があまりにも何も知らなかったことへの恐怖」だという。「自分たちが知ろうとしなかったことや、取捨選択できる時代なのに、僕たちが(その意味を)問わなかった情報がこれほどあったということにぞっとしました。自分がそれまでななめ読みしかしてこなかったニュースや情報の信憑性を考えるようになったんです」
日本の権力のコアとは,警察の情報力を動員して権力と金力でネットとメディアを操り支配するメカニズム,安倍政権によって異常に肥大化した,今日の国家支配の手法の最核心部分.まさにこれを暴いていると思われます.

国家支配に官僚組織や会社組織の上下関係を使うだけでなく,公安を中心とした警察秘密部隊の情報を,権力に都合の悪い人間を排除するのに使う,あるいは,反抗する者への脅しに使うという手法です.過去の典型的な例は,原発問題で政府の言いなりにならなかった福島県の佐藤栄佐久知事への「汚職攻撃」でしょう.(これには共産党の赤旗でさえ「推定無罪」の原則から外れるどころか,謀略に乗った報道だったと思います[2].その総括も今日まで聞いていません.)

今でもこの脅しのメソッドは様々に効いていて,野党の追及がなぜか「寸止め」になっていたり,権力が最も嫌がりそうなところを避けていたりすることの原因になっているのかも知れません.誰しも自分の人生で何十年も遡ってアラ探しをされれば,どんな「ホコリ」も出ないという人はほとんどいないでしょう.それを「週刊誌に暴く」「ネットで拡散させる」と脅されれば,口をつぐむ人がほとんどでしょう.ましてや,ガセネタでさえもある期間は「本当」にできるのです(まさに上の佐藤栄佐久知事のケースのように).

ぜひ多くの人に見て欲しい映画です.難点としては,新聞社のオフィスのシーンでカメラが意味なくぶれること.望遠で撮ったそうですが,意味が分からず,ただ見る人の目を疲れさせるだけです.本では「改定版」がありますが,映画ではそれができない(?)のが残念です.はじめの方でこれさえ我慢できれば,あとは映像的にも秀作です.

[1] 松坂桃李「問題作でも、全裸でも、僕はひるまない」,婦人公論,2019年06月28日
https://fujinkoron.jp/articles/-/533
[2] 主張 福島前知事逮捕 「税金を食い物」の腐敗断て,しんぶん赤旗,2006年10月25日
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-10-25/2006102502_01_0.html
---------
当ブログのメディア,ジャーナリズム関連記事から:
テレビ報道職についての重要な分析テレビ報道職についての分析—その2テレビ報道職についての分析—その3

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

映画「主戦場」 [メディア・出版・アート]

shusenjo-people.jpg1401577.gif8月4日からアンコール上映
---------
ミキ・デザキ監督の「主戦場」(The Main Battleground of the Comfort Women Issue)、すごい映画だ。従軍慰安婦(性奴隷)肯定派・否定派をスクリーン上で対等に議論させ、本音を言わせている。政治的な忖度も遠慮もないこんな映画を日本の作家が作れるだろうかと思った。(そう言えば映画「靖国」も外国人の監督作品だった。)最後には安倍晋三氏の「正体」にまで迫っている。

慰安婦問題での天皇(昭和天皇)の責任も追及している。亡くなったら罪も消える、ということはないだろう。逆の、冤罪の人が亡くなったら無罪で名誉回復させる必要はない、とはならないのと同じだ。

日本の若い世代がこの問題を全くと言っていいほど知らない。教科書から「慰安婦」が消されたためだ。教科書検定が一層不透明化され、教科書会社が自己検閲して載せないようにしたからだ。重大問題である。

「沖縄スパイ戦史」と並んで、多くの人に見てもらいたい映画だ。
------
リンク:文春オンライン従軍慰安婦をテーマにした話題作『主戦場』で“あんなインタビュー”が撮れた理由
福岡はKBCシネマ1401577.gif8月4日からアンコール上映.
コメント(1) 

「年金払えないのに戦闘機買うな」 [メディア・出版・アート]

秀作。ツイッターから。
https://twitter.com/kunipaddler/status/1137699730899685376
D8nr369VUAEJo2z.jpg
1401577.gifあんまり感心したので、デモなどで「再現」できるよう、カードを正面から見た画像に変換しました。
指を残したバージョンと、消したバージョン(明度・彩度アップ)です。(クリックで拡大)
D8nr369VUAEJo2z-regular.jpg D8nr369VUAEJo2z-regular-c.jpg
コメント(0) 

「一揆」を素材にした小説 [メディア・出版・アート]

「一揆」を素材にしたドラマが不在だと従来から言い続けていましたが、ごく最近創作・発表されていました。帚木蓬生の『天に星、地に花』は、このブログでも最近頻繁に触れている、久留米藩の宝暦一揆をテーマにしたものです。発表が2014年、文庫化が2017年、気づくのが少し遅れました。作家は同郷の筑後地方、しかも高校の(かろうじて)先輩ということで、たいへん誇らしい思いです。
数日前に本を買ったばかりで、読むのはこれから。文学賞を取った時のインタビュー記事に「歴史小説の執筆動機は『庶民書かない作家への腹立たしさ』」とあります。これはまさに私の長年の「恨み」でもありました。
DSC_3857c.jpg
ten-ni-hoshi-t.jpg
前の記事の中に紛れ込ませて紹介した高齢者学級のプリントは、この小説の発表の2年前ということになります。何か繋がりがあるかも知れません。
------------
1401577.gif関連情報:「帚木蓬生 久留米藩三部作の世界」小郡市大板井の野田宇太郎文学資料館で6月11日まで(西日本新聞、5月31日)
nice!(0)  コメント(0) 

まもなく公開の映画「空母いぶき」について [メディア・出版・アート]

かわぐちかいじのコミック「空母いぶき」*が映画として間もなく公開される.映画というものは買ってみないと分からない商品だが,原作コミックの最新刊・第12巻を読んでみて,自衛隊賛美,南西諸島の軍事要塞化を後押ししかねないものになると予想する.戦闘シーンはもっぱら,戦闘機による「綺麗な」空中戦ばかり.隊員らもあくまでも凛々しく描かれている.小西誠氏が指摘する「国営ブラック企業」ぶり,幹部養成機関の暴力文化などとは全くの別世界である.

この巻の最後の方で,囚われの身となった島の住人に隊員が救出予告を密かに知らせに来るシーンがあるが,「戦時に軍隊は住民を守らない」という常識からあまりにもかけ離れたエピソードであり噴飯ものである.小西氏によれば,「自衛隊制服組の資料では『島嶼防衛戦は軍民混在の戦争』になり、『避難は困難』と明記されている」とのことである(週刊朝日2018年11月9日号**)さらに,連載している「ビッグコミック」最新号でのこの映画の宣伝マンガでは,F35の露払いまでやっている.
12-187.gifbc190525p12h.jpg 自衛隊合憲化どころか,「専守防衛」概念の拡大,南西諸島の軍事要塞化の正当化のための,一大イデオロギー装置になると予測する.「戦争発言」で十字砲火を浴びている丸山議員の,「戦争で領土を取り戻す」という(関連記事),まさにそのことを描いた話ではないか.

* 『ビッグコミック』(小学館)にて,2014年24号から連載中.
** https://dot.asahi.com/wa/2018103000012.html?page=2

コメント(2) 

ロブ・ライナー監督「記者たち」 [メディア・出版・アート]

久しぶりに映画館に足を運んだ.福岡,KBCシネマで3/29からロングラン中の「記者たち」.911の後,ブッシュが「大量破壊兵器がある」と言いがかりをつけてイラクに戦争を仕掛けたが,その政府の嘘を暴いた中堅新聞社「ナイト・リッダー」の記者たちの奮闘を描く.実話にもとづく,素晴らしく骨太なドラマ.「絶賛」の言葉を惜しまず使いたい.
http://reporters-movie.jp
ウイークデーの昼間の1回だけの上映.それでも30〜40人ぐらい入っていた.映画が終わったあとのけっこう長いエンドロールの間中,だれ一人席を立たなかった.ずっしり来るものを反芻する時間.

この映画が描く範囲の外ではあるが,一つだけ問題が残る.「イラクに大量破壊兵器はなかったのに戦争を始めてしまった,それはとんでもない」ということなのだが,では,もし大量破壊兵器があったのなら戦争はオーケーだったのか?もちろんそんなバカなことはない.このことをはっきりさせておかないと,核を実際に持っている北朝鮮に対する戦争は正当化されてしまう.もちろん,アメリカを含め核兵器国に対する戦争も同様に・・・.

真実に迫ろうと戦う多くの記者たちを励ます映画だろう.他方,疑問も持たずに政府発表を垂れ流すだけの,記者会見でもタイピストでしかない大手メディアの人たちは,この映画をどう見るのだろうか?見ようともしないかも・・・.

佐賀はシアター・シエマで26日から.
DSC_3773.jpg
1401577.gif4/28追記:朝日の編集委員・大野博人氏が、この映画について書いています。
(日曜に想う)政治がルール無視する時代 編集委員・大野博人
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - メディア・出版・アート ブログトップ