So-net無料ブログ作成

雁屋哲氏の貴重な証言 [社会]

奇怪なこと | 雁屋哲の今日もまた
http://kariyatetsu.com/blog/2279.php
(「美味しんぼ」作者の最新の、2019-04-15のブログ記事)

実に衝撃的で、かつ貴重な証言だ。雁屋哲氏は「美味しんぼ」の作者で、その作品の鼻血を出す場面が攻撃されたのが2014年のこと。その顛末から、出版社への攻撃、そしてごく最近のテレビ局とのやりとりなど、この社会の黒い実像が浮き上がってくる。はっきり言えば、安倍一味のどす黒い姿だ。

kariya.jpg

なぜか今アクセスしづらくなっているが、上のURLを根気よくクリックしていただきたい。そして、長いが是非とも全文を読んでいただきたい。フェイスブックやツイッターですでに「拡散」したが、検索性・安定性の高いブログにも書き留めておく。

最後の数行を引用する。
・・・・
一番悲しいのは、腐敗した支配者を糾弾することはせず、逆に支配者にとっては不都合な真実を語る人間を、つまはじきする日本の社会の姿です。
なお、理系の側面から鼻血の件を議論した、つまり鼻腔粘膜の被ばく線量を見積もった、当ブログ記事はこちら。
放射性ダストによる鼻腔粘膜の被ばく量は?
1401577.gifさらにもう一つ関連記事:関東圏の3.11直後の大気中の放射能は「平常値」の1億倍
1401577.gifさらに最近の一件:NHKニュースがつい本当のことを言ってしまう--放射線量の基準

雁屋氏はブログの中で、オリンピック委員会に送った公開状も紹介(リンク)している。その部分を以下に引用する。

続きを読む


コメント(0) 

辺野古埋め立て中止,普天間基地撤去の意見広告 [社会]

今朝の新聞全面広告。
だれも、辺野古“移設”に反対、などとは言っていない。新たな「殺人工業地帯」など不要、どころか、大規模テロの出撃拠点づくりへの加担などあり得ない。


辺野古埋め立て問題,普天間基地関連の当ブログ記事多数から2つ:
「基地阻止」から「基地閉鎖」への直接行動の拡大を — “Futenma 365” の提案 —
県警をめぐる支配・被支配と人事権の関係を図にしました
コメント(1) 

日経サイエンスのスティグリッツ教授の文章 [社会]

Stiglitz-h.jpg「先進諸国」の一つであるはずの日本で民主主義が機能していない原因、メカニズムについて、当ブログでは、金・メディア・教育・政治権力が絡む「正のフィードバック」の問題を図式化して提起してきました。例えば次の記事です。
 「平和研究集会での発表から」の
 社会のメカニズム図式化の部分

これと同じような議論を、ノーベル経済学賞の学者、ジョセフ・スティグリッツ教授の文章に見つけました。「日経サイエンス」5月号の「仕組まれた経済 格差拡大の理由」という6ページにわたる論文です。ただ、私のは政治的・社会的問題の「定性的な」な分析ですが、スティグリッツ教授のは経済の面での定量的な分析です。
1401577.gif原文はScientific Americanの昨年11月号掲載で、全文がネット上に公開されています。)

その、該当部分を引用します。1401577.gifまた、原文の同じ部分を末尾に転載します。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

アルジェリア大統領が市民の平和的なデモで辞任に追い込まれた [社会]

(4月4日朝:リンクと4日の新聞報道を追加しました。)
わが国では、作詞家の松本隆氏が「昔だったら内閣が吹っ飛ぶような嘘が100個ぐらいある」(日刊ゲンダイ4/2)と言った政権がいまだに続いているが、アルジェリアでは一ヶ月にわたる市民の平和的なデモで大統領が辞任に追い込まれた。フランスの「黄色いベスト」は毎週土曜だが、アルジェリアでは毎週金曜に、大統領辞任要求のデモが行われてきた。一部に暴力が見られた「黄色いベスト」と違って、完全に平和的なデモだったようだ。左は4月2日の、右は先月26日のフランス2.左のデモ隊の横断幕の文字"On demandera l'application de l'article sans eux."は「彼らなしでの法の執行を要求する」という意味だろうか。つまり「彼らに法を執行させるな」と? 横断幕右側には「(憲法)第7条 全ての権力は人民に由来する」「国の主権は人民のみに属する」とあるので、“l'article”はこの第7条を指しているのだろう。
2019-04-03 14.57.28.jpg26mars.jpg
(以下、テレビ画面コピー3枚、新聞報道4件、コメントと続く。)

続きを読む


コメント(0) 

「日本人はおとなしい」という集団的自己暗示からの離脱を [社会]

 #エンパワーメント #empowerment 昨年11月の記事の後継記事です。
運動圏で非暴力抵抗、直接行動の形態を提案すると、たいてい「一般市民の反発が・・・」などの反論で通らない。背景にあるのは、「日本人は従順でおとなしい国民性」という暗黙の「合意」である。そのような「合意」が存在することは、次のようなグーグル検索の結果(ヒット数)も証拠になるかも知れない。
"日本人は従順":82,000 件(左の図)、"日本人は臆病":78,500 件(右の図)、"日本人はおとなしい":103,000件(図はなし)。
これらとほぼ対義語と思われるフレーズに対しては、
"日本人は反抗的":14,900 件(左の図)、"日本人は勇敢":42,100 件(右の図)
となっており、明らかに自己評価が前者の消極的な性質に傾いているように思われる。

obedient.jpgtimid.jpg
kurumeshishi-book-swb.jpgしかし、少なくとも過去においては決してそうでなかったことは、江戸時代を通じて約3,200件を超える「百姓一挟」が起きているという歴史を見れば明らかだろう。久留米市のいわば「公式歴史書」とも言える「久留米市史」第2巻(久留米市発行、1982年)は、全国的にも有数の規模の一揆と言われる「宝暦一揆」(久留米藩大一揆)を詳しく記述しているが、その章の冒頭の部分を引用しよう。
青木虹二の 『百姓一揆総合年表』 によると 、江戸時代を通じて約三二〇〇件を超える「百姓一揆」の発生が知られている。これに都市民の蜂起である「打ちこわし」と、一村規模で村政の指導権をめぐって起こった紛争といわれる「村方騒動」(むらかたそうどう)とを加えると、約六九〇〇件に近い闘争が発生しているといわれる。このほかに「欠落」(かけおち)、「走り」などという小規模な逃亡は除くとして、一揆にまで至らなくても農民が蜂起を意図して「寄合い」を持ったが、事前に露顕し処罰されたような事件や、未発見の百姓一揆・村方騒動があることを考えると、総発生件数は全く見当もつかぬほど多いことになる。
この、フランス革命に先駆けること35年、1754年3月に発生した「宝暦一揆」の経過を、同書の表52から抜粋する。(「」内は原文のまま)

続きを読む


コメント(0) 

安倍晋三から日本を取り戻す [社会]

久留米の戦争法廃止19日行動、3月19日のシーンです。私もスピーチしましたので、おこがましいながら、その部分に頭出ししました。タイトルのフレーズはスピーチで喋ったものではありません。

キーワード:#南西諸島軍事要塞化 #オスプレイ #辺野古 #憲法9条
nice!(0)  コメント(0) 

原発事故8年目の3.11に安倍首相の責任を問う [社会]

abehaijo.jpg3/11追記:リテラのこの問題の再提起を末尾に引用.
全国各地で原発事故8年目の「3.11」のイベントが開かれると思いますが、原発事故への安倍首相の責任を問い、内閣打倒につなげることが重要かと思います。そのような意図でプラカードを作ってみました。PDFはこちらです。

4分割してそれぞれA4にプリントし、つなぎ合わせるとA2サイズのポスターになります。
右上右下左上左下

もし気に入ったら自由に使って下さい。
1401577.gif背景の「サンデー毎日」の文章などこのポスターの根拠情報は次の通りです。

続きを読む


コメント(0) 

「不服従のフランス」の旧左翼への批判 - 黄色いベスト運動に関して [社会]

melanchon.jpg黄色いベスト運動に対する、フランス社会党、共産党など従来の左翼の動きが分かりません。その一端がわかるような、「不服従のフランス」の旧左翼への見解が、2月7日付けのフランス版ハフィントン・ポストに出ていて、メランションがツイッターでリンクしています。

この種の日本語の情報がほとんどないので、例によってgoogle翻訳の助けを借りて訳してみました。何とか意味が通りそうというところまで手を入れました。丁寧にはチェックしていないので、機械翻訳の荒削りなままのところが多々あります(そもそもタイトルの訳,特にmoment politiqueの訳がこれでいいのか自信がありません→1401577.gif2/16 佐賀大学の畑山さんのアドバイスで修正.本文中は青色)。また、"France insoumise" はgoogle翻訳の辞書にはないようで、「劣等のフランス」などとんでもない訳が返ってきます。この部分に関しては、「修正を提案」で送り返し、度々の利用へのお礼をしました。
-------------

La vieille gauche n’est pas à la hauteur du moment politique
古い左翼は政治的チャンスに対応できていない


今の政治的なチャンスと古い伝統的な左派を担当する人々の行動との間に、そのようなギャップはどこまで、そしてどの程度までありますか?

12週間以上の間、何十万もの女性と男性が、お金、競争、そして不平等によって支配される社会を終わらせたいという彼らの願望を表明するために黄色いベストを着ていました。彼らの要求では、彼らは富の共有と権力の共有を要求します。彼らはエマニュエル・マクロンに対するヒューマニストの、社会的、民主主義的な反対運動の一部です。権力は権威主義的な流れの方向の手段を取ることによって彼らに対応します。その抑圧は1700人の負傷者、18人の失明、5人が手を失い、7000人の警察による拘留および2ヶ月で1000人の有罪判決を受けた。議会では、政府と大多数が依然として抗議する権利をかなり制限する法律を可決している。

これらすべてに、他のすべての共和国前進と共和国大統領がよりも多くを表現する人々の軽蔑が加わり、特に彼らの誓いの中で黄色のベストを「憎しみの群衆」との表現が加わりました。彼は今、「変わり者のイエロー・ベスト」と嘲ります。非常に多くの元左派指導者たちが、運動への支持を表明する前に自分自身を正当化することを余儀なくされていると感じていることは残念です。彼らが我々に彼らに与えている支援を「ポピュリスト流」と表現することはさらに恥ずかしいことです。私たちはどんな逸脱について話しているのですか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

戦後世代は親に「なぜあんなムチャな戦争を止められなかったの?」と問うた・・・ [社会]

戦後世代は親に「なぜあんなムチャな戦争を止められなかったの?」と問うた。
ロスジェネ世代は親を「こんな世の中を作ったのはあんたたちだ」と責めた。
そして、今まさにこの国に大被害を与えているデタラメ政府、これに抵抗しなかった責任を問われるのはどの世代?
nice!(0)  コメント(0) 

山本太郎議員の質問と安倍首相、麻生大臣の答弁 [社会]

「増税阻止」はスローガンではあり得ない、野党は「5%にもどせ」を打ち出せは、まさにその通り。

こちらに書き起こし:https://twitter.com/CybershotTad/status/1091292565733699584
山本太郎議員「消費税増税?あり得ない。凍結?あり得ない。消費税は減税しかないだろ!野党は消費税5%への減税を公約として次の選挙を戦うべきだと私は考えます。安倍政権が凍結のカードを切ったら、野党も同じ凍結では話にならない」
nice!(0)  コメント(0)